厚手の毛布なら2枚合わせ毛布がおすすめ

cn_et_up2
Pocket

厚手の毛布のおすすめポイント

寒い季節になると、毛布が恋しくなりますね。

ただ毛布といっても、軽くてふんわりする毛布から重量感のある毛布、薄手の毛布から厚手の毛布まで、色々あります。

軽い毛布は体に掛けても圧迫感がなく、持ち運びしやすいのでリビングでも使いやすくて便利です。

しかし厚手で重量感があり、見た目にも高級感があって、保温力の高い毛布が好きという方もいるでしょう。

薄手で軽い毛布もいいですが、寝具として使うなら高級感のある厚手の毛布もおすすめです。

保温力が段違いに高い

厚手の毛布の魅力として、やはり保温力が高いことではないでしょうか。

ボリュームがある分、繊維の間に空気をたっぷり含んでいるため、暖かさが段違いです。

1枚でも十分暖かいですし、掛け布団を合わせて使えば、真冬も乗り切ることができます。

またふんわりしていて弾力があって気持ちいいですし、適度な重量感も守られている感じがして、安心感を得られます。

薄手の毛布は保温力が劣りますし、寒いからといって、何枚も掛け寝具をかけても意味がありませんね。

ですから暖かさを求めるなら、軽い毛布より断然厚手の毛布がおすすめです。

2枚合わせ毛布が暖かい

厚手の毛布を使いたいなら、2枚合わせ毛布を使ってみてはいかがでしょうか。

2枚合わせ毛布はマイヤー毛布といわれ、2枚の生地を貼り合わせて作られた毛布です。

生地を多く使っていますし、厚みも上がればその分空気をたくさん溜め込むため、保温力が高くなります。

生地を2枚使っているということは、表面と裏面で素材を変えたり、機能や肌触りも変えることが可能というわけです。

またデザインも変えられますし、2枚合わせ毛布は色んなバリエーションで作ることができます。

おすすめはアクリル毛布

2枚合わせ毛布を選ぶなら、素材はアクリルが使われているものをおすすめします。

アクリルは柔らかくて肌触りが格別に気持ち良く、保温力も高いですし、丈夫なため水洗い可能という特徴があります。

さらに軽いため、2枚合わせにしても重くなりすぎないというメリットがあります。

欠点を挙げるとすれば、アクリルは化学繊維であるため、天然繊維に比べると、吸湿発散性が低いということでしょうか。

ただ天然繊維よりも値段も手ごろで、手に入れやすいため人気のある素材です。

カルドニードエリート

カルドニード・エリート2枚合わせ毛布 15,000円(税抜)~

カルドニード・エリートの2枚合わせ毛布は、ウールのような質感で人気のアクリル毛布です。

見た目にも高級感があって、柔らかな風合いが気持ちいい毛布です。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*