ベビー布団は必要?いつまで使うかでコスパを検証

睡眠中の赤ちゃん
Pocket

ベビー布団ってそもそも必要?

出産準備は色々と忙しいですが、可愛いわが子のためにベビー布団を買う方も少なくありません。

しかしそもそもベビー布団は必要?大人と一緒でいいんじゃないの?と不思議に思う方もいるでしょう。

正直言えば、ベビー布団は絶対に必要な寝具ではありません。

もちろん親と一緒の布団でも良いでしょうし、わざわざ用意しなくても良いのです。

しかしそれでも、ベビー布団を用意した方が良い理由をご紹介したいと思います。

布団を分ければ汚れても安心

大人の使っている布団とは分けて、ベビー布団を用意した方が良いのは、赤ちゃんの布団は汚れやすいからです。

赤ちゃんは断続的ですが、1日の半分もの長い時間寝ています。

当然寝ている間は汗をかきますし、ミルクを戻したり、おむつを替えるときに、布団が汚れることもあるでしょう。

大人の使っている布団が汚れてしまうと洗うのも大変ですが、ベビー布団だけなら被害が少なくて済みます。

ベビー布団はサイズも小さいので干すのも楽ですし、セットで買えば専用カバーもついてきます。

カバーやタオルを敷いて使えば、布団の汚れも防ぐことができますし、防水シートがあればおねしょ対策もばっちりです。

ベビー用布団が大人用布団と違う点

赤ちゃんと大人用の布団を分ける理由があります。

それは赤ちゃんに最適な布団の硬さが大人と異なるからです。

ベビー用布団の敷布団は基本固綿でできており、大人が寝ると少し硬く感じます。

大人用の敷布団は固綿の他に弾力性を持たすための中綿が入っていて、ベビー用布団よりふわふわなのです。

しかし赤ちゃんが柔らかい布団で寝ると、背骨の発達を阻害したり、鼻や口が埋まって窒息する恐れがあるため、危険なのです。

ですから赤ちゃんは大人の布団で寝かせない方が良いのです。

かといって床や畳にそのまま寝かせるのは痛いでしょうから、ベビー布団を使うというわけです。

さらに掛け寝具も、ベビー用布団は大人のそれより小さいですし、軽いのです。

当然ながら体の小さな赤ちゃんにとって、大人の使っている掛け寝具は重くて仕方ありません。

また赤ちゃん用の掛け布団はカバーが付いているのが普通なので、多少の汚れであればカバーだけ洗うことで対応できます。

中にはカバーだけでなく、丸洗いできる布団があるのもベビー用布団の特徴ではないでしょうか。

ベビー用布団はいつまで使える?

ではベビー用布団を買ったとして、一体いつまで使うことができるのでしょうか。

もし数か月しか使わないのであれば、高いベビー用布団を買う気もうせるでしょう。

特に決まっているわけではありませんが、早ければ1,2歳まで、長ければ3,4歳まで使っている人が多いようです。

赤ちゃんは1,2歳ぐらいまでに寝返りもできて、柔らかい布団や重い掛け布団でも窒息したり、体を圧迫する心配が少なくなります。

さらに3,4歳になればおむつも外れるでしょうから、このころにベビー布団を使う必要が無くなるのでしょう。

つまり平均2,3年は使えることが分かりますから、この使用年数を目途に、どのくらいの価格のベビー用布団を買うか決めればよいでしょう。

例えば2,3万のベビー布団を買って、2,3年使うのであれば、1年あたり1万円のコストがかかるというわけです。

1日に換算すれば、わずか27円ですから、こう考えるとそんなに高くありませんね。

どんなベビー布団を買えば良いか

ではどんなベビー布団を買えば良いのでしょうか。

基本的にはどんなベビー布団でも良いと思いますので、お値段と相談すればよいと思います。

しかしせっかくならお肌に優しいものや、可愛いデザインのベビー布団を使わせたい人という人もいるでしょう。

肌に優しい素材といえば綿ですから、綿を使ったベビー布団であれば、お肌の弱い赤ちゃんにも安心です。

特にこだわりたい方は、オーガニックコットンを使ったベビー布団も良いでしょう。

汗っかきの赤ちゃんには、タオルを一緒に敷いて使ったり、通気性の良いガーゼケットや麻素材の布団もおすすめです。

フェリーべベビー布団

赤ちゃんにおすすめしたいベビー布団feribeはこちら
Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*