バスローブのメリットはおしゃれだけじゃない

バスローブ
Pocket

バスローブを着るメリット

海外の映画を見ると、バスローブを着ている姿を見かけることがあると思います。

バスローブはホテルで着たり、セレブが着用するものと思っているかもしれません。

見た目の上品さやおしゃれ感もありますが、それだけではなく、バスローブには実用的なメリットがあるのをご存じですか。

一度は着てみたいと思ったことがあるかもしれませんが、美容効果も期待できるので、是非使ってみることをおすすめします。

小さいお子さんのいるご家庭で重宝する

そもそもバスローブとは何かといえば、厚手のタオル生地で作られた、簡単に羽織れる衣類です。

お風呂上りに体をタオルで拭かなくても、濡れたまま羽織れるし、勝手に水気も吸い取ってくれるので、便利です。

特に小さいお子さんのいるご家庭では、子供の体も拭かなくてはなりませんし、バスローブがあると重宝します。

自分はお風呂を上がったらそのままバスローブを羽織れば良いし、すぐに子供の世話をしてあげられます。

お子さんも自分も湯冷めして、風邪を引いてしまうなんて心配もしなくて良いですね。

体を保湿する効果がある

さらに、お風呂上りにバスローブを羽織ることで、体が乾燥するのを防ぐことができます。

お風呂上りは体が温まっていますので、水が蒸発するときにお肌の水分まで一緒に奪ってしまいます。

そのためお風呂上りは乾燥しやすいのですが、バスローブが水分の蒸発を防ぎ、保湿してくれるというわけです。

顔は化粧水や乳液で保湿する人は多いでしょうが、体全体を保湿するのって結構大変ですね。

しかしバスローブを羽織るだけで、体を保湿することができ、お肌の潤いを保持することができます。

乾燥はお肌の劣化を早めますから、女性だけでなく、男性も保湿はしておいた方が良いです。

バスローブは結構暖かい

バスローブだけ着るだけでは寒いのではと思われるかもしれません。

しかし厚手のバスローブであれば保温効果も高いですし、二次発汗を促して体が湯冷めするのを防いでくれます。

お風呂上りは体が温まっているので、お風呂を上がった後も発汗します。

これを二次発汗といいますが、バスローブであればしっかり汗も吸ってくれますし、湯冷めしにくいのです。

また、汗をかくことで寝巻が汚れるのも防ぐことができますね。

お風呂上りに羽織るだけ

今までバスローブを使ったことがない人は、どうやって使って良いか、使い方が分からないという人もいるでしょう。

しかし使い方は簡単、お風呂上りに体を拭かずにそのまま羽織るだけです。

慣れていない人は抵抗があるかもしれませんが、気になるようなら多少タオルで体を拭いてから羽織っても良いと思います。

巻き方は左前でも右前でもどちらでも良いですし、下着を付けても付けなくてもOKです。

なおそのまま寝ても良いか迷われるかもしれませんが、バスローブは水分を吸収しているので、そのまま寝ると布団の中が湿っぽくなってしまいます。

バスローブはどちらかというと衣類というより、タオルとしての役割が大きいので、寝るときは寝巻に着替えるようにしましょう。

ハンガーに掛けて干しておけば、すぐに乾くので翌日にはまた使えるようになるでしょう。

失敗しないバスローブの選び方

どんなバスローブが良いかといえば、好みにもよりますが、吸水性と速乾性、肌触りの良いものを選んだ方が使い心地や使い勝手は良くなります。

タオルの代わりに使うので吸水性が良い方が良いですし、すぐに乾いてくれる方がさらっとして気持ちが良いです。

次の日も使うことを考えると、乾きが悪いと翌日着心地が悪いですし、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

たまにガーゼ生地のバスローブを見かけますが、ガーゼ生地は乾きやすいですが、吸水性があまりありません。

バスタオルに使われているようなパイル生地のバスローブの方が、水分をたくさん吸ってくれますし、肌触りも気持ちいいです。

また肌に直接触れるので、柔らかくて肌触りの良いバスローブの方が、使っていて着心地も良いですし、リラックス効果も高まります。

せっかくバスローブを使うなら、上質なものを使いたいですね。

 

ORIM(オリム)のクリームバスローブは、保湿成分のスクワランが配合されており、なめらかな肌触りが気持ちが良いです。

日本製で縫製もしっかりしていますし、見た目の高級感もあります。

厚手で保温性も抜群なので寒い季節も使え、何より上質な肌触りで、洗濯を繰り返しても品質が長持ちするのが魅力的です。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*