バスタオルの相場と高いバスタオルの利点

今治タオルオリム
Pocket

買うならやっぱり高いバスタオル

最近、バスタオルを買ったのはいつごろですか。

タオルってボロボロになっても使えないことがないため、買い換えが後回しになりますね。

でもやっぱり新品のタオルは気持ちいいですし、買い換えてみると「よかった」という気になります。

あなたはバスタオルを買う場合、安いバスタオルと高いバスタオルどちらを買いますか。

バスタオルを選ぶ基準は色々でしょうが、高いバスタオルはやっぱりいいです。

安いバスタオルより高いバスタオルがいい理由、説明したいと思います。

バスタオルの相場

普段バスタオルはどこで買うでしょうか。

お気に入りのタオル専門店でしょうか、大型のショッピングモールですか、それとも100円均一でしょうか。

タオルはあるけれど、バスタオルは100円均一では売っていませんね。

やはり使う繊維の量が多いので、100円で売るのは無理があるのでしょう。

中には、最高級のタオルが良いという人や、安ければ安い方が良いという人もいるでしょう。

はたまた、高すぎるのも安すぎるのもダメ、ちょうど良い価格帯が良いという人もいるでしょう。

バスタオルの相場は、大体1000円から5000円の間くらいでしょうか。

もっと高いバスタオルもありますが、大体はこの価格帯に収まると思います。

高いバスタオルと安いバスタオルの違い

ギフトであれば、多少高いバスタオルも買う気になりますが、自分用だとあまり高いバスタオルは買う気にならない人もいるでしょう。

しかし高いバスタオルの方が巷では売れているといわれています。

タオルを良く買うのはやはりタオルを好きな人でしょうから、高いバスタオルの方が質が良いということなのでしょう。

1000円くらいのバスタオルと、5000円くらいのバスタオル、これだけ値段に差があれば確かに違いはすぐにわかります。

見た目にもボリュームが違いますし、肌触りも違う、やはり高いだけあります。

実際に使ってみれば、さらに違いが分かります。

まず、吸水力が全然違いますし、安いバスタオルは毛羽抜けが激しいです。

ですから、1000円のバスタオルと5000円のバスタオルであれば、5000円のバスタオルを選んだ方が良いのはわかるでしょう。

洗濯すると違いは明白

さらに究極の違いは、バスタオルを洗濯してみればわかります。

特に2000円のバスタオルと3000円のバスタオルでは、ぱっと見、触ってみても違いが分からないのではないでしょうか。

よく見れば高いバスタオルの方が毛足が長く、肌触りが良い気はしますが、プロでなければはっきり違いは分からないかもしれません。

しかし両者のバスタオルを洗濯してみると、その差が明らかになってきます。

高いバスタオルは洗濯しても風合いが変わらず、それどころか風合いがアップするという特徴があります。

一方で安い方のバスタオルは洗濯のたびに硬く、ごわごわとした質感になる印象があります。

洗濯のたびにこれだけ差が出るのであれば、気持ちよく使える期間もだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

安物買いの銭失いとはよく言ったもので、たった1000円の差でタオルの寿命が大きく変わってくるのです。

もちろん値段ですべてが決まるわけではないとは思いますが、安いバスタオルより高いバスタオルを買った方が良いのは、こういう理由からです。

最高級品とはいわず、少しでも高いバスタオルを選んでみてはいかがでしょうか。

今治タオルオリム

今治タオルの中でも上質なオリムタオルはこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*