バスタオルで作れるストレートネック対応枕

タオル
Pocket

ストレートネックを治すには首枕が最適

ストレートネックになってしまう人が、増えているようです。

ストレートネックの治し方は色々ありますが、一番簡単な方法が首枕を使うことではないでしょうか。

首枕とは首を支えることに特化した枕で、実際に販売もされています。

しかしわざわざ枕を買うのはもったいないという人は、バスタオルで簡単に首枕が作れるのでお試しください。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

ストレートネックとは

ストレートネックとは何かといえば、その名の通り、首の骨がまっすぐになってしまうことを言います。

首の骨ってそもそもまっすぐなんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし実は緩やかなカーブを描いているのが、正しい状態なのです。

ストレートネック

とはいっても、ストレートネックであるかどうかは、自分ではわかりづらいものですね。

実は自分がストレートネックであるとは、気づいていない人は多いのではないでしょうか。

ストレートネックがアレルギーを引き起こす

ストレートネックになると、心身ともに色んな症状が出てきます。

例えば肩こりや首こり、腰の傷みや頭痛は、ストレートネックが原因かもしれません。

そればかりか、ストレートネックだと、アレルギーさえも引き起こす可能性があるようです。

ストレートネックとアレルギー、一見何の関係もなさそうですね。

しかし骨格のゆがみが、神経の伝達を妨げ、器官や臓器の機能を低下させてしまいます。

特に副腎ホルモンを分泌する副腎の機能も低下すると、アレルギー疾患になりやすくなるようです。

首枕で首の骨を伸ばす

ではストレートネックを治すにはどうすればよいかというと、簡単にできるのが首枕です。

首枕を首の下に敷いて、仰向けに寝ると、首がぐーっと反った形に伸びて、気持ちが良いです。

首枕はストレートネック以外にも、頸椎ヘルニアや肩こりにも良いそうです。

ストレートネックはそもそも、うつむき加減で姿勢が悪く、骨格が歪んでしまっている状態です。

ですから、首枕を使って、本来あるべき正しい姿勢に戻してあげればよいわけです。

普通の枕では、多少なり頭の重みが首にかかり、負担がかかる可能性があります。

しかし首枕を使うと、首が頭を支える必要がなくなるので、1回試しただけでも、首が楽になることが分かります。

この状態を1日15分程度、最低でも1か月は続ければ、さらに効果を実感できるはずです。

バスタオルで作れる首枕

でも、首枕なんてどこに売っているの?と思われるかもしれません。

ネットで探してみると、色んな首枕が販売されているので、探してみてください。

枕なしでストレートネックは改善しないにも、ネックフィット枕が紹介されていますので、ご覧ください。

ただ効果が分からないのに、わざわざ首枕を買うのは気が引けるという人もいるでしょう。

また自分がストレートネックであるかも、病院に行かないと、はっきり判断できないですね。

その場合バスタオルで首枕を簡単に作れるので、試してみると良いでしょう。

タオル枕の作り方

タオル枕の作り方は簡単、まずはバスタオルを縦に2つに折りましょう。

2つに折った後は、海苔巻のようにくるくる丸めるだけで完成です。

丸めたタオルがほどけないように、2か所くらい、輪ゴムなどで止めておくと良いでしょう。

タオル枕

こうして作った、自家製タオル首枕を首の下に敷いて、仰向けで寝てみましょう。

これだけでストレートネックが治った、改善したという人は結構いるみたいです。

 

ストレートネックが治ると、首こりや肩こりも楽になりますし、上がらなかった肩も上がるかもしれせん。

それに猫背が治る、肩の高さが揃うなど、姿勢が良くなることも期待できます。

アレルギーの方は、鼻炎や花粉症、喘息などの症状が改善することもあるようです。

タオル枕ならお金もかかりませんし、簡単にできるのでおすすめです。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*