快眠で美肌を手に入れる!睡眠の美容効果

快眠イメージ
Pocket

ゴールデンタイムは入眠時間で決まる

お肌のゴールデンタイムという言葉がありますが、美容にとってこのゴールデンタイムは無視できない時間帯です。

ゴールデンタイムとは具体的に何かといえば、成長ホルモンが分泌されて細胞の修復、再生が活発に行われる、いわばお肌が生まれ変わっている時間だと考えればよいでしょう。

これまではゴールデンタイムは夜の10時から夜中の2時までの4時間と考えられていましたが、近年信憑性が疑わしくなってきました。

最近ではゴールデンタイムは具体的な時間で決まっているのではなく、就寝する時間によって決まるというのが有力となってきています。

具体的には入眠後3時間から4時間の間で成長ホルモンの分泌量がピークを迎え、基本的にはこの時間をゴールデンタイムとしているようです。

ですから例えば夜12時に寝れば12時から4時の間がゴールデンタイムということになるわけです。

これまでゴールデンタイムが夜10時から夜中の2時といわれていたのは、10時から11時頃に寝る人が多かったことに起因しているのでしょう。

昨今では昼夜逆転の生活を送っている人や夜更かしをする人も増えたので、一概にゴールデンタイムは何時から何時とはいえないことになります。

ですからこの時間に必ず寝るというのではなく、入眠後3時間から4時間の間の睡眠の質をいかに高めるかが重要というわけです。

成長ホルモンは天然の美容液

昨今は女性だけでなく男性も美容に関心の高い人が増えてきました。

美肌を手に入れるためには質の高い睡眠(=快眠)を取り、成長ホルモンを分泌させることが最も重要です。

具体的に成長ホルモンが分泌されることで、お肌にどのような変化が起きるかという話ですが、細胞の修復、再生が行われます。

ターンオーバーという言葉を聞いたことがあるでしょうが、細胞は常に生成され、古い細胞ととって変わる働きが起こります。

細胞の生成は睡眠中に活発に行われますが、同時にセラミドを生成するため、睡眠をとることで肌の水分量もアップします。

睡眠時間をたっぷりとっている人は、ショートスリーパーに比べ、肌の水分保水力が倍以上多くなるとも言われています。

肌の水分量が増えれば見た目に潤いも出てきますし、肌のハリや弾力を生み出すため、美肌になるというわけです。

このことから成長ホルモンは天然の美容液とも言われ、高い化粧品や食事に気を使ったり、紫外線を浴びないように対策をしても質の高い睡眠には適いません。

寝不足で女性ホルモンの分泌量も減る

なお、男性にはあまり関係ないかもしれませんが、睡眠が足りなかったり、熟睡できていないと女性ホルモンの分泌量も減少します。

女性ホルモンの、特にエストロゲンはお肌を乾燥から守り、お肌のダメージやメラニンが蓄積することからお肌を守ってくれています。

年を取ってシミやしわが増えるのはエストロゲンの分泌量が減ることも原因の一つです。

加齢でお肌が衰えるのはある程度仕方がないとしても、寝不足で起こるお肌の劣化はなるべく防ぎたいものです。

ゴールデンタイムに深い眠りにつくために

美肌のためにはゴールデンタイムに深い眠りにつくことが重要です。

深い眠りにつくことで成長ホルモンの分泌量が増え、美肌に直結しやすくなるのです。

以下に深い眠りにつくための方法をご紹介します。

  • 寝る前にパソコンやスマホを長時間見ない
  • 就寝1時間前には入浴を済ませる
  • 入浴時はシャワーだけでなく湯船に浸かる
  • 就寝2,3時間前には食事を済ませる
  • 長時間昼寝をしない
  • 昼間は活動的に動く
  • 寝る前にストレッチをする
  • 毎日寝る時間や起床時間を同じにする

いかがでしたでしょうか。

良い睡眠をとるためには寝る前の準備が大切ということがわかりますね。

そんなに難しいことはないと思うので、是非睡眠の質を高めて美肌を手に入れましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*