夏を快適に眠るための寝具選び

快適な睡眠
Pocket

夏は誰でも寝苦しい

夏は気温も高く、湿度も高くなるので、蒸し暑くて寝苦しいのは誰しも共通していることだと思います。

暑さのせいで中々寝付けなかったり、布団が蒸れて不快になり、夜中に何度も目が覚めてしまう、そんな経験もあるでしょう。

実際に春や秋、冬に比べて、夏場は睡眠時間が短くなるといわれており、快適な睡眠を得るのは難しいように思います。

とはいえ、今はエアコンやその他の冷房家電も普及していますし、寝具の性能も上がっています。

少し工夫すれば快適な睡眠を得ることはそんなに難しくありません。

エアコンは付けて寝る

エアコンは体を冷やし過ぎてしまいますし、なんとなく体に悪そうなイメージをもっているでしょう。

確かにエアコンをつけっぱなしで寝た翌朝は、頭痛やだるさを感じるという人は多いでしょうし、電気代も当然かかります。

しかし寝苦しい夜は思い切ってエアコンをつけて寝た方が快適に眠ることができると最近いわれています。

それに熱中症予防のためにもエアコンをつけることが推奨されている時代です。

賛否両論あるものの、個人的にもエアコンをつけて寝た方が良いと思います。

エアコンの設定に注意

エアコンをつけて寝ると良くないのは、身体が冷えすぎることによる血流の低下にあります。

睡眠中に汗をかかず、熱をため込もうとするため、血管が収縮し、血流が悪くなるので、朝方頭痛がしたり、けだるくなってしまうのです。

ですから体を冷やしすぎないように注意して、エアコンを活用すると良いでしょう。

具体的には気温は27度から28度程度、少し暑く感じる程度の温度に設定し、風が体に直接当たらないように羽の角度も調整します。

除湿だと気温や湿度が下がり過ぎてしまうため、どちからといえば冷房にした方が良いでしょう。

また少し肌寒く感じるようであれば、通気性の良い肌掛けをかけて寝ると快眠を得られやすくなります。

ちなみに最初だけエアコンを付けて寝るという人もいますが、寝苦しくなって夜中に目を覚ましてしまうのでなければこの方法も良いでしょう。

結局寝苦しくなって夜中に目を覚ますのであれば熟睡できていませんし、エアコンを付けたり消したりを繰り返すと電気代が余計に高くなります。

エアコンと冷感寝具を併用する

夏といえば冷感寝具ですが、そのまま使っても冷たくない、すぐに熱がこもるなどの悩みを持っている人は少なくないでしょう。

しかし冷感寝具はそのまま冷感寝具だけを使うというのはあまり賢い方法ではありません。

冷感寝具の上手な使い方は、エアコンの設定温度を高めにして、冷房を付けたまま、冷感寝具を使って寝るという方法です。

エアコンと併用することで、その効果を何倍にも実感できるでしょう。

冷感敷パッド

こちらのアイスマックスは、他の冷感寝具のようにすぐ温まったり、蒸れる心配が少ない商品です。

エアコンと併用すると、寝返りのたびにひんやり感を実感でき、朝までさらさらが続いて快適です。

湿気を逃がす寝具を選ぶ

夏に寝苦しい理由は温度だけでなく、高い湿度にもあります。

高い湿度は皮膚の汗の蒸発を妨げ、熱放出しにくくなり、体温を下げる身体機能が上手く働かなくなって、熟睡を妨げるのです。

単純に湿度が高いと蒸れて不快感を増幅させるため、寝付きを妨げたり、寝返りを増やして中途覚醒の原因になることもあるでしょう。

そのため、通気性が良く、汗や湿気をよく吸い、素早く放出させる寝具を選ぶことが快眠にとって大切になります。

合成繊維よりも天然繊維

一般的には合成繊維よりも天然繊維の方が、汗や湿気をよく吸い、素早く放湿させる機能が備わっているため、寝ていても快適になりやすい特徴があります。

そんな天然繊維の中でも吸湿・放湿性に優れた働きをもっているのがリネンです。

リネンは麻の一種なのですが、肌にもまとわりつかず、耐久性にも優れているので、夏用寝具の素材としては人気があります。

ちなみに寝具の素材としてポピュラーな綿は確かに吸湿性はあるものの、放湿性に劣るため、若干蒸れやすいという欠点があります。

なお近年人気のある接触冷感の素材は、使った瞬間はひんやりして気持ちが良いですが、通気性の低いものは蒸れやすいので注意が必要です。

タオルケットよりもダウンケット

夏用の掛け布団としてはタオルケットが有名ですが、夏も羽毛布団はおすすめです。

タオルケットの素材は綿ですが、確かに吸湿性はあるものの、それ自体に放湿性、発散性があまりないという欠点があります。

夏用寝具としては、放湿性が低いことは致命的で、蒸れて睡眠を妨げるおそれがあります。

羽毛布団というと冬というイメージがありますが、羽毛肌掛け布団、通称ダウンケットは夏でも快適に眠れると評判です。

普通の羽毛布団よりもダウン率も低く、薄くて軽いという特徴があります。

冬場使うには肌寒いですが、適度な保温力があり、エアコンを付けていても体が冷えすぎないというメリットがあります。

また、吸湿性、放湿性もあるので、湿度が高くても蒸れずに快適な眠りを提供してくれます。

夏用掛け布団

夏でも使える羽毛布団ダウンケットはこちらです。

 

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*