接触冷感の寝具は夏におすすめできない?

接触冷感イメージ
Pocket

接触冷感の効果は持続しない

夏は夜間であっても気温も温度も高いため、寝苦しくて寝不足になることがあります。

エアコンをがんがんに付けて寝る人も多いと思いますが、ついつい体を冷やし過ぎてしまうこともあるでしょう。

 

そこで寝具がひんやりしていれば夏の寝苦しさも軽減するということで開発されたのが、接触冷感の寝具です。

接触冷感の寝具は敷きパッドを中心に色んな商品がありますが、肌に触れているとひんやりして気持ちが良いです。

 

ただ接触冷感というぐらいですから、触れた瞬間は冷たくて気持ちが良いものの、ずっと肌に触れていると暖かくなります。

つまりひんやりとして気持ちが良いのは最初だけで、それ以降は普通の素材と変わらないことになってしまいます。

 

しかし接触冷感のメリットはもう一つあり、寝返りをするなど体勢を変えたときにまたひんやり感を味わえることです。

そうすると皮膚表面の温度は低下し、寝具内の温度も下がりますので、寝苦しさが和らぎます。

接触冷感の生地は何故冷たいの?

さて、そもそも接触冷感の生地を冷たく感じるのは何故でしょうか。

触れた瞬間に冷たいと感じる生地は色々ありますが、共通しているのは熱伝導性が良いことです。

 

熱伝導が良いとはつまり、熱が移動しやすいことを意味し、熱は温度の低い方へ移動する習性があります。

鉄を触ると冷たく感じるのは熱伝導が高いためで、触れた瞬間に皮膚の熱が奪われて、ひんやり冷たく感じるのです。

 

また繊維の中に水分を多く含むシルクや硬くシャリ感のある麻も触ったときに冷たく感じる、接触冷感素材といえます。

なお、接触冷感素材として使われるのはレーヨン、キュプラ、ポリエステルなどの天然繊維から作られた化学繊維であることが多いです。

代表的な接触冷感の衣類であるユニクロのエアリズムも、主原料はポリエステルです。

接触冷感寝具は塩がおすすめ

接触冷感寝具の欠点は冷たさが持続しないという点ですが、この欠点を補ってくれるのが塩です。

塩は30度を境に結晶化したり、水溶化するのですが、この際に周囲の熱を奪ったり、発散させる性質を持っています。

 

塩は外気の温度、体温に反応して吸熱、放熱を繰り返し、温度を30度前後に保ってくれるため、寝具内の温度が変わりません。

この塩の特性を生かし、中材に塩を加えた寝具も製品化されており、冷たさが持続するため、寝苦しい夜も快眠できるというわけです。

 

接触冷感の寝具はどうしても時間とともに暖かくなってしまい、結局エアコンのお世話になってしまう人も少なくないでしょう。

しかし塩の力を使えばいつでも快適、エアコンで身体を冷やし過ぎる心配もなく、電気代も不要でエコです。

 

塩を使った冷却マットが飛ぶように売れているみたいですね。

 

 

 

スピードクーラーは楽天でランキング1位、レビュー件数も4,000件超という驚きの数字をたたき出しています。

実際に使ってみても、寒すぎて風邪を引きそうでした。

 

ただ人によっては、塩を使った冷感寝具は冷たすぎるという人もいます。

気温の低い日は、うっかり風邪を引いてしまう恐れもありますし、冷え性には向かないかもしれません。

 

また冷却マットは防水加工されていて、全く汗を吸わないため、蒸れるのが欠点です。

その場合は上にタオルを敷くなどして、蒸れを防いだり、温度調節してあげると使いやすいです。

冷感敷きパッドもぴんきり

なお一口に冷感敷きパッドといっても使われている繊維もさまざまであり、機能性もぴんからきりまであります。

比較的冷感敷きパッドは価格も安めですが、あまりに安すぎるものはひんやり感もそれほどなく、熱がこもって蒸れるだけということもあります。

 

個人的にはアイスマックスという冷感敷きパッドをおすすめします。

アイスマックスは東洋紡の超高分子ポリエチレン繊維イザナス®と、旭化成繊維の特殊繊維「ベンベルグ」を組み合わせて開発された生地を使っており、吸熱性はもちろん熱拡散性が高く、ひんやり感が持続します。

 

熱伝導性が高いので熱がこもらず、寝返りのたびにひんやりするので、朝まで快適に眠ることができます。

敷きパッドの他、枕パッドも展開されているので一度お試しください。

 

冷感敷パッド

接触冷感敷きパッドアイスマックスはこちら

 

寝苦しい夜はエアコンばかりに頼らず、冷感素材を使ったマットや枕パッドを使い、快適な睡眠環境を作りましょう。

なお接触冷感敷きパッドの上手な使い方はこちらもご覧ください。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*