掛け布団

Pocket

Pocket

オールシーズン対応の2枚合わせ掛け布団の選び方

二枚合わせ掛け布団
Pocket

季節によって掛け布団を使い分ける

あなたは掛け布団って何枚くらいお持ちでしょうか。

1枚の掛け布団を1年中使うのは現実的ではありませんから、何枚か持っている人が多いでしょう。

もしかしたら一人暮らししている人は掛け布団1枚、毛布1枚しか持っていないという人もいるかもしれませんね。

ただ快適な睡眠環境にするには、季節によって使い分ける掛け布団を何枚か用意しておいた方が良いでしょう。

そんなときに役立つのが、2枚合わせの掛け布団です。

掛け布団を2つに分解して使うことができ、非常に便利な寝具です。

続きを読む

Pocket

一度使ったら手放せないキャメル肌掛けふとん

camel
Pocket

キャメル肌掛け布団の魅力

キャメルの肌掛けふとんを使ったことがありますか。

キャメルとはらくだのことで、らくだの毛を中綿に使った肌掛けふとんのことです。

毛布なら知ってるけど、キャメルの肌掛け布団を知らない人も多いのではないでしょうか。

しかしキャメルの肌掛け、ふんわり柔らかくて、軽くて暖かい、今までの常識を覆すような寝心地です。

一度使ったら手放せないという人もいるぐらいですから、一度は使ってみたいですね。

そんなキャメル肌掛け布団の魅力を掘り下げてみたいと思います。

続きを読む

Pocket

洗えない真綿布団の手入れの仕方と特徴

シルク
Pocket

高級布団真綿布団の魅力

高級な布団のひとつに、真綿布団という布団があるのをご存じでしょうか。

日本は羽毛布団を使っている人が多いですが、真綿布団も負けず劣らず良い布団です。

肌沿いが良く、体にしなやかにフィットし、シルクの贅沢な肌触りが熟睡を誘います。

個人的には羽毛布団よりも真綿布団の方が好きなのですが、やはり値段は数十万円もするので、中々手が出るものではありません。

そんな真綿布団の特徴と魅力はどんなところにあるのでしょうか。

続きを読む

Pocket

マイクロファイバーの掛け布団がおすすめな理由

プリマロフト使用パワライズ
Pocket

そもそもマイクロファイバーとは

最近人気のマイクロファイバー、吸水性、速乾性があり、肌触りが良いことから、寝具、衣料品、掃除用品などいろんな製品に使われています。

そもそもマイクロファイバーとは何かご存じでしょうか。

マイクロファイバーとはポリエステルやナイロンといった合成繊維の一種で、繊維が非常に細いという特徴を持っています。

その直径はわずか8マイクロメートルといわれ、その単位をとってマイクロファイバーという名称がつけられています。

繊維が細いということは肌触りが柔らかく、なめらかであるということを意味します。

シルクが肌触りが良くてなめらかなのも繊維が極細であるためです。

人間の触覚は就寝時最後にスイッチがオフになりますから、快眠のために肌触りの良さは大切な要素です。

続きを読む

Pocket

人工羽毛プリマロフトは暖かくて経済的

プリマロフト
Pocket

人工羽毛とは

近年ダウン素材として人工羽毛が注目を集めているのをご存じでしょうか。

人工羽毛とはその名の通り、ダックやグースといった天然素材ではなく、人工的に作られた合成繊維の羽毛です。

以前は人工的に作られた布団は蒸れやすく、重いという欠点がありましたが、近年では劇的に性能が改善されてきています。

特に米国アルバニー社の開発したプリマロフトは天然羽毛と変わらないダウンパワーを誇り、保温力、軽さ、柔らかさも引けを取りません。

続きを読む

Pocket