羽毛布団

Pocket

Pocket

オールシーズン対応の2枚合わせ掛け布団の選び方

二枚合わせ掛け布団
Pocket

季節によって掛け布団を使い分ける

あなたは掛け布団って何枚くらいお持ちでしょうか。

1枚の掛け布団を1年中使うのは現実的ではありませんから、何枚か持っている人が多いでしょう。

もしかしたら一人暮らししている人は掛け布団1枚、毛布1枚しか持っていないという人もいるかもしれませんね。

ただ快適な睡眠環境にするには、季節によって使い分ける掛け布団を何枚か用意しておいた方が良いでしょう。

そんなときに役立つのが、2枚合わせの掛け布団です。

掛け布団を2つに分解して使うことができ、非常に便利な寝具です。

続きを読む

Pocket

アレルギーが心配な方におすすめしたい羽毛布団

羽毛布団
Pocket

アレルギーになりにくい羽毛布団とは

羽毛布団はふんわり軽くてしっかり暖かく、やさしく体を包み込む上質な掛け布団です。

他の掛け布団とは一味違いますから、一度使ったら羽毛布団から離れられないという人も多いでしょう。

しかし羽毛アレルギーが心配なため、羽毛布団を使えないという人もいると思います。

特に喘息もちのお子さんなどは、羽毛布団を使うことで症状が悪化しないか心配だと思います。

しかし100%安全というわけではありませんが、アレルギーになりにくい羽毛布団もあります。

アレルギーが心配だけど羽毛布団は使いたいという人は是非試してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Pocket

羽毛布団を10年以上使うための正しいお手入れ

羽毛布団
Pocket

羽毛布団を長く使うにはお手入れが大切

布団の中でも高価な羽毛布団、一度使ったら他の布団は使えないほど、快適な寝心地の寝具です。

とはいえ、汚れてしまったり、羽毛が吹き出してしまっても、何度も買い換えるわけにはいきません。

羽毛布団を長持ちさせるためには、普段から大切に扱うことはもちろん、お手入れをしっかりとしなければなりません。

しかし羽毛布団の正しいお手入れの仕方を知っている人は、意外といないのではないでしょうか。

ここでは、羽毛布団の正しいお手入れ方法を知り、羽毛布団を長く愛用していきましょう。

続きを読む

Pocket

産地偽装に騙されない!羽毛布団の正しい選び方

羽毛布団
Pocket

羽毛原料の産地偽装問題とは

2016年春頃、羽毛布団の産地偽装問題がニュースになりました。

2015年の国内に輸入された羽毛原料のデータを見ると、約8割が中国と台湾から輸入されています。

それにも関わらず、実際に販売されている羽毛布団は、約半数が欧州産の羽毛が使われていると表示されていたのです。

実際に輸入されている欧州産の羽毛原料は、全体の2割弱しかないのに、この数字はおかしいという話です。

これでは羽毛布団を買うのも躊躇してしまいますが、羽毛原料の産地偽装に騙されない方法はないのでしょうか。

今回は産地偽装に騙されないために、羽毛布団の正しい選び方をご紹介したいと思います。

続きを読む

Pocket

良質な羽毛布団はゴールドラベルだけで選ばない

羽毛布団
Pocket

ラベルのない良質な羽毛布団は多い

羽毛布団には、ゴールドラベルというラベルが付いているものがあります。

ラベルが付いているということは、なんらかの基準に達しているということなのでしょう。

なんとなくゴールドラベルが付いている方が、良質な羽毛布団であると感じてしまいます。

しかし羽毛布団を選ぶ際、このゴールドラベルの有り無しで選ばないようにしてほしいものです。

ラベルがなくても良質な羽毛布団はたくさんあります。

また、ラベルがあっても良質な羽毛布団であるとは限らないからです。

続きを読む

Pocket

一度は使ってみたいアイダーダックの羽毛布団

アイダーダック羽毛布団
Pocket

アイダーダックは最高の羽毛布団

羽毛布団が好きな人は一度は聞いたことがあるかもしれません。

羽毛布団の最高峰に位置する、アイダーダックダウンの羽毛布団をご存じでしょうか。

羽毛布団に使われるダウンはダックやグース、マザーダックやマザーグースなどがあります。

一般的には未成熟な若鶏より、成熟したマザーダウンの方が保温性、かさ高、臭いなどさまざまな面で優れています。

しかしこれらの羽毛素材と比べても、アイダーダックのダウンは別格、雲の上の存在といえます。

そんなアイダーダックダウンの魅力をご紹介したいと思います。

続きを読む

Pocket

羽毛肌掛け布団ダウンケットは夏におすすめ

夏用掛け布団
Pocket

夏にも使える羽毛布団が存在する

羽毛布団は夏に使えないと思っていませんか。

羽毛大国の日本なのに、夏に羽毛布団を使う人はあまりいませんがなぜでしょうか。

そりゃ暑いからでしょと思われるでしょう。

しかし羽毛布団は冬だけでなく、春、夏、秋と使える万能布団なんです。

もちろんどの羽毛布団でも1年中使えるわけではありません。

実は羽毛布団にもダウンの種類の他にも、詰め物重量によって分けられる種類があるのをご存じでしょうか。

ふんわり軽くて蒸れない羽毛肌掛け布団を夏に使えば、寝苦しい夏の夜も快適に過ごせるかもしれません。

続きを読む

Pocket

羽毛布団はカバーをかけると長持ちする

シーツ
Pocket

羽毛布団を長く使いたいならカバーを使おう

羽毛布団大国といわれている日本において、羽毛布団を使っている人は多いと思います。

一度使ったらそのふわふわ感と軽くて暖かい羽毛布団に病みつきになります。

もし羽毛布団が嫌い、合わないという人は良い羽毛布団を使っていないのかもしれません。

安い買い物ではありませんが、大切に扱えば長く使える羽毛布団です。

もしカバーを掛けていないとしたら、非常に勿体ないです。

なぜならカバーを使えば、高価な羽毛布団が長持ちし、長く使うことができるからです。

意外と羽毛布団はカバーを掛けずにそのまま使っている人は多いのではないでしょうか。

続きを読む

Pocket

ダックよりグースが優れているとは限らない

ダック
Pocket

グースとダックは何が違う?

羽毛布団の詰め物として使われる素材は水鳥の羽根ですが、具体的にはグースとダックがあります。

グースとはいわゆるガチョウのことで、ダックはアヒルのことを言います。

一般的にはダックよりもグースの方が体も羽根も大きく、かさ高がありふんわりしている、さらにダウン同士が絡みにくいため、空気を含んで保温力が高いといわれます。

またグースは羽枝の1本1本がしっかりしているためダウンが細くて柔らかくドレープ性に富んでいるのに丈夫で、臭いも少ないため、グースの方が高値で取引されます。

ただダックの中にも、グースよりもさらに高級な羽毛として、北極海周辺に生息する鴨の羽根を使ったアイダーダックダウンがあります。

アイダーダックは北半球で一番大きな水鳥で、羽毛の宝石とも言われていますが、保温力も高く、通常の羽毛よりも軽い素材であり、希少価値が高いため、グースの羽毛よりもさらに高値で取引されます。

続きを読む

Pocket

人工羽毛プリマロフトは暖かくて経済的

プリマロフト
Pocket

人工羽毛とは

近年ダウン素材として人工羽毛が注目を集めているのをご存じでしょうか。

人工羽毛とはその名の通り、ダックやグースといった天然素材ではなく、人工的に作られた合成繊維の羽毛です。

以前は人工的に作られた布団は蒸れやすく、重いという欠点がありましたが、近年では劇的に性能が改善されてきています。

特に米国アルバニー社の開発したプリマロフトは天然羽毛と変わらないダウンパワーを誇り、保温力、軽さ、柔らかさも引けを取りません。

続きを読む

Pocket