ウォーターベッドが快眠できない理由

快眠の女性
Pocket

寝心地は格別なウォーターベッド

数十年前に人気があったウォーターベッドをご存じでしょうか。

今ではそれほど表に出てきませんが、寝心地の良さは格別で今でも一部の人に根強い人気があります。

ウォーターベッドの良さはなんといっても寝心地がよいことで、体を包み込むようにフィットし、幸せな寝心地です

一度ウォーターベッドを経験すると他のベッドでは物足りないという人が多いのも事実です。

ですから寝心地だけを考えるのであれば、ウォーターベッドの右に出るものはいないかもしれません。

ウォーターベッドのメリットとデメリット

ウォーターベッドは水の浮力を利用して体を支えるベッドで、水の上に浮いているような感覚で心地が良いです。

一昔前のウォーターベッドは腰が沈む込みすぎて腰痛の原因になるとも言われていました。

しかしウォーターベッドも改良が進み、今では腰にかかる負担もだいぶ軽減されているようです。

また水が出ないように密閉されているからダニが繁殖する心配がない点もメリットでしょう。

それでもウォーターベッドが以前ほど人気がないのは値段が高すぎることと、メンテナンスが面倒くさい、重すぎるという点でしょう。

移動が簡単にできず、引っ越しのたびに水を抜く必要があります。

とはいえ素人が下手に水を抜いてしまうと復元できなくなる可能性がありますので、専門の業者を呼ぶ必要がありお金もかかります。

さらに重量が非常に大きいので、木造や軽量鉄骨の住宅では床が抜けてしまう心配もあります。

また中に入っている水が腐らないように、1年に1回防腐剤を注入しなければならず、お金も手間もかかるというわけです。

寝返りしにくいウォーターベッド

他のベッドにはない寝心地のウォーターベッドは、体にかかる圧力を均等に分散してくれる体圧分散性があります。

しかし体にぴったりフィットしすぎるため、寝返りがしにくいというデメリットがあります。

ウォーターベッドから起き上がろうとすると、力を思いっきり入れないと簡単には起き上がることができないと思います。

確かにウォーターベッドは体にかかる負担を軽減し、血管を圧迫するようなことがありませんから、寝返りをする必要はないという人もいます。

また中に入っている水が温度調節をしてくれるから、ずっと同じ場所がベッドに触れていても蒸れる心配もありません。

ですから不要な寝返りが減り、眠りが深くなり熟睡できるというメリットがあります。

しかし睡眠サイクルを正常に保つ上では最低限の寝返りは快眠にとって重要なのです。

そういった意味ではウォーターベッドで本当の快眠を得られるかどうかは疑問が残ります。

ウォーターベッドで腰痛が悪化することも

ウォーターベッドは骨格や筋肉に負担をかけないことから、腰痛予防や解消に良いと各メーカーは謳っています。

しかし本当にウォーターベッドで腰痛が改善するかどうかは微妙なところです。

というのもウォーターベッドは寝ているときは体圧も分散されて腰に良いのですが、起き上がるときに腰にかかる負荷は相当なものです。

実際にウォーターベッドを使っていた人が椎間板ヘルニアになってしまったというお話もあるようです。

もちろん因果関係は不明ですから、実際に使ってみて腰痛が改善することもあるのかもしれません。

寝心地がよいのに寝返りもしやすいマットレス

売り込みのようになってしまって恐縮ですが、テクノジェルのマットレスは寝心地の良さと高いフィット性がありながら、寝返りがしやすいと評判のマットレスです。

ウォーターベッドのように柔らかでありながら、低反発マットレスのように体が沈み込みすぎず、上下左右に動く反発力のあるジェルが寝返りをサポートします。

確かに軽いマットレスではありませんが、ウォーターベッドほどの重さはありませんし、メンテナンスも容易です。

耐久性も高く、世界でも最大規模を誇る専門機関であるASTM(米国試験材料協会)が行った、30万回にもおよぶ垂直衝撃試験でも高い復元率を保っています。

テクノジェルマットレス

寝返り性と低反発性を併せ持ったテクノジェルマットレスはこちら

点で支えるムアツふとん

またお手頃な価格のマットレスをお探しなら、昭和西川のムアツ布団もおすすめです。

表面が凸凹構造になっており、通気性が良く、なおかつ点で体を支えて、体圧分散性に優れています。

硬さの異なる高反発ウレタンなので、体型に合ったマットレスを選べますし、寝返りもしやすいです。

点で支えるムアツ布団

点で支える高反発マットレスムアツ布団はこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*