実は知らない布団とカバーのサイズ一覧

夏用掛け布団
Pocket

布団とカバーのサイズは何センチ?

毎日使っている布団やカバー、実際にどのくらいのサイズがあるか知っていますか。

シングルやダブルということはわかっても、何センチあるかまでは知らないのではないでしょうか。

またシングルやダブルの他にもさまざまなサイズの布団があること、布団とカバーのサイズにどれくらいの差があるのかご存じですか。

寝具業界の人でなければ、布団やカバーのサイズなど気に留める必要はないでしょう。

しかしこれを機会に布団とカバーのサイズを再確認してみるのも良いかもしれません。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

サイズは品質表示タグで確認できる

まず自分の使っている布団とカバーのサイズを確認してみてください。

おそらく商品には品質表示タグというものがつけられており、そこを見ればサイズを確認することができます。

おそらく「○○cm×○○cm」というように書かれていると思いますが、それが布団の縦と横の長さになります。

サイズなんてわからなくても、シングルとかダブルが分かれば良いと思われるかもしれません。

しかし同じシングルであっても、微妙に大きさが異なることもあるので注意が必要です。

例えばメーカーによって違ったり、日本製か否かなどによってもサイズが異なることがあります。

ですからせめて今お持ちの布団の正確なサイズを知っておくと、布団やカバーを買う際大変便利になるのです。

掛け布団のサイズとカバーのルール

なおメーカーや国内産か否かでサイズが微妙に異なるといえ、一般的なサイズは存在します。

掛け布団の一般的なサイズは以下の通りです。

  • シングル 150cm×210cm
  • セミダブル 175cm×210cm
  • ダブル 190cm×210cm
  • クイーン 210cm×210cm
  • キングサイズ 230cm×210cm
  • ジュニアサイズ 135cm×190cm
  • ベビーサイズ 95cm×120cm

このように布団のサイズはたくさんあることが分かります。

シングルからキングサイズまで縦の長さは一緒で、横の長さが少しずつ大きくなっていきます。

横の長さは20cmずつ大きくなりますが、シングルとセミダブルは25cm差があるのも要注意です。

さらにジュニアサイズやベビーサイズの場合は縦の長さも短くなります。

なお敷き布団と異なり、掛け布団の場合は布団もカバーもサイズは一緒です。

敷き布団のサイズとカバーのルール

敷き布団の場合、直敷き用とベッド用で一般的なサイズが異なります。

  • シングルサイズ 100cm×210cm(直敷き用)、100cm×200cm(ベッド用)
  • セミダブルサイズ 120cm×210cm(直敷き用)、120cm×200cm(ベッド用)
  • ダブルサイズ 140cm×210cm(直敷き用)、140cm×200cm(ベッド用)
  • クイーンサイズ 160cm×210cm(直敷き用)、160cm×200cm(ベッド用)
  • キングサイズ 180cm×210cm(直敷き用)、180cm×200cm(ベッド用)

お分かりのように敷き布団のサイズは掛け布団よりも小さいです。

さらに直敷き用よりもベッド用の方がサイズが小さいことが分かります。

ジュニアサイズとベビーサイズは、明確に大きさに決まりがないようです。

ただ一般的には下記の大きさが多いようです。

  • ジュニアサイズ 90cm×180cm
  • ベビーサイズ 70cm×120cm

敷き布団の場合は布団の厚みがあるので、カバーの方が少し大きめになっています。

敷き布団カバーのサイズは以下の通りです。

  • シングルサイズ 105cm×215cm(直敷き用カバー)、100cm×200cm×30cm(ベッド用ボックスシーツ)
  • セミダブルサイズ 125cm×215cm(直敷き用カバー)、120cm×200cm×30cm(ベッド用ボックスシーツ)
  • ダブルサイズ 145cm×215cm(直敷き用カバー)、140cm×200cm×30cm(ベッド用ボックスシーツ)
  • クイーンサイズ 165cm×215cm(直敷き用カバー)、160cm×200cm×30cm(ベッド用ボックスシーツ)
  • キングサイズ 185cm×215cm(直敷き用カバー)、180cm×200cm×30cm(ベッド用ボックスシーツ)

このようにカバーは布団よりも縦横5cmずつ大きく作られています。

さらにベッドの場合はマットレスを想定して厚みが30cmほどとられていることが分かります。

マットレスではなく敷き布団の場合は、直敷き用と同じ考え方で計算すればよいでしょう。

 

着脱簡単な布団カバー

着脱簡単おしゃれな掛け布団カバーmee 4,500円(税抜)~

 

毎日使うお布団ですから、サイズもきちんと考えて選びたいですね。

1人で寝る場合はシングルを買う人が多いでしょうが、セミダブルを使えばもっとゆったり寝ることができるかもしれません。

特に体の大きい人は1人で寝る場合はシングルよりもセミダブル、2人で寝る場合はダブルよりもクイーンを選ぶと快眠しやすくなります。

布団の素材やデザインももちろん大事ですが、サイズはもっと大事かもしれませんね。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*