一人暮らしに最適な布団の選び方

寝室
Pocket

一人暮らしに最適な布団とは

親元を離れて初めて一人暮らしをする方や、もう長い間一人暮らしをしている方もいるでしょう。

一人暮らしをしている人はどんな布団を使っていますか、あるいはベッドでしょうか。

部屋で1日を過ごすことが多い人や、寝に帰るだけという人もいると思います。

人によってそれぞれ状況は違いますが、どんな布団を選べばよいのでしょうか。

一人暮らしに最適な布団の選び方をご紹介したいと思います。

布団を干すのも収納するのも自分

一人暮らしの大変なところは、何でも自分でやらなければならないことでしょう。

もちろん布団も自分で上げ下げしたり、干したりしなくてはなりません。

実家にいるときは親御さんが勝手に布団を干してくれたり、畳んで収納してくれている人もいると思います。

正直家にいる時間が少ない人は、布団の上げ下ろしも面倒に感じることがあります。

まして布団を干す時間などない、という人も多いのではないでしょうか。

メンテナンスが楽なのはベッド

一人暮らしに最適なのは、やはりベッドでしょうか。

ベッドは上げ下ろしをする必要はありませんし、基本的に干す必要もありません。

家に帰ればそのまま横になることができますし、足の長いベッドであれば、ベッドの下を収納に使うこともできます。

ベッドはホコリも立ちにくく、寝ている間にホコリを吸う心配も少なくなります。

床がフローリングであっても、床の冷たさがダイレクトで伝わりにくいですし、起き上がるときに腰にかかる負担が少なくなります。

 

しかしベッドは干さなくて良いとはいえ、室内の湿度が高い状況であれば、当然ベッドの下などにカビが生えることもあります。

ですからベッドを使う場合は換気を良くしたり、除湿シートや除湿器を使ったり、定期的にベッドの場所を変えるなど工夫をする必要が出てきます。

確かにベッドは楽ですが、高温多湿な日本ではカビが生えることもあり、必ずしも万能ではないということも理解しておきましょう。

布団は自由度が高い

一方で布団を使う場合のメリットは、部屋のスペースを確保できるという点ではないでしょうか。

特に一人暮らしだと部屋が狭いことが多いので、ベッドを置くと何も置けないという状況にもなるでしょう。

その点布団であれば上げ下げすればスペースを確保できますし、寝床を移動するのも楽です。

どちらが良いかはその人のライフスタイルにもよるでしょうから、正解はありません。

安くて機能性の高い布団セット

一人暮らしをするものの布団がないという方は、布団セットをおすすめします。

とにかく最低限寝れる布団で良いという方は、安い布団でも構わないという人もいるでしょう。

アプロディーテの布団セットは普通の布団ですが、品質の確かな日本製布団です。

値段は安いものの敷布団もボリュームがあり、底付き感がありません。

また抗菌防臭加工されていて、吸汗速乾性も高く、清潔です。

アプロディーテの布団セットははっきりいって、お値段以上の価値があります。

 

布団の賢い収納術

しかし最近は押入れのない物件も多く、布団をしまう場所がないという家もあるでしょう。

その場合、布団にカバーをかけて、ソファーのように使うという方法もあります。

カバーをかければ見た目も悪くありませんし、布団が汚れるのを防ぐこともできます。

また、布団を収納してソファになるケースが楽天で販売されていました。

 

また布団を床にそのまま敷いているという人は、布団や床に湿気が溜まらないように注意してください。

放っておくとカビや結露の原因になってしまいます。

モイスファインの除湿シートなら軽くて嵩張らず、一人暮らしにもおすすめです。

おすすめ除湿マット

おすすめ除湿シートさらっとファイン

いかがでしたでしょうか。

睡眠は健康の元、適当な布団を選んで、睡眠の質が低下しないように気を付けてください。

一人暮らしを謳歌するには、健康を維持することも大切です。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*