布団カバーを変えるだけで北欧風の寝室に

花柄の布団カバー
Pocket

寝室を北欧風に変える方法

最近人気のある北欧風インテリア、寝室も北欧風にしたいと考える人もいるでしょう。

寝室を北欧風にする方法は簡単です。

ポップで明るいデザインや、ビビッドなカラーの布団カバーを使うことで、ぐっと北欧風インテリアに近づきます。

もちろん布団カバーを変えるだけでは不十分ですが、個人的には必須アイテムだと考えます。

今回は寝室を北欧風に変える方法をご紹介したいと思います。

一番目立つのは布団カバー

寝室の印象を決定づけるものは何だと思いますか。

ベッド?枕?それともカーテンや家具でしょうか。

意外かもしれませんが、実は布団カバーなのです。

布団カバーを使っていない場合は、掛け布団といっても良いかもしれません。

だから布団カバーを変えるだけで、寝室の雰囲気はグッと変わるわけです。

もちろん布団カバーが寝室の雰囲気も決めるので、睡眠の質に影響することも考えられます。

そもそも北欧風とは

しかし、そもそも北欧風とはどんなインテリアのことをいうか、ご存じでしょうか。

北欧とは北ヨーロッパのことで、ノルウェーやスウェーデン、フィンランドなどの国があります。

有名なIKEA(イケア)もスウェーデン生まれのブランドなので、北欧風といって良いでしょう。

とにかく北欧は寒く、冬が長いため、家にいることが多いのです。

そこで寒さに負けないよう、温かみのある木材を家具に使うことが多いため、ナチュラルな印象があります。

さらに明るいポップなファブリックを使って、見た目にも暖かい印象を与えるインテリアにしています。

つまりシンプルでナチュラルでありながら、小物で明るさを加えているのが北欧風というわけです。

ベースはナチュラルに

つまり、北欧風インテリアにするには、ベースを木材を使うなどして、ナチュラルな雰囲気にするのが一つのポイントです。

寝室の場合は、フローリングやベッド、棚を木製のものにすると良いでしょう。

日本の住宅は壁が白いことが多いですが、白い壁であれば、十分北欧風インテリアを作ることは可能です。

白はナチュラルな印象も与えますし、シンプルなイメージがあるので、北欧風にぴったりです。

ファブリックはカラフルなものを

しかしこれだけでは寝室が殺風景な印象になりますから、ファブリックをカラフルなものにして、彩りを加えます。

ファブリックといえば、例えばカーテンやソファ、チェアなどがありますね。

もちろん寝室でいえば、布団カバーをビビッドなカラーにするだけで、寝室が明るく華やかになります。

注意しなければいけないのが、カラフルなファブリックをどれだけ寝室に取り入れるかです。

あまりにカラフルなファブリックが多すぎると、派手になりすぎてガチャガチャになってしまいます。

まずは布団カバーを変え、徐々にカラフルなファブリックや小物を足してちょうど良い具合にしましょう。

北欧風インテリアにするときには、シンプルさを忘れてはなりません。

北欧風におすすめの布団カバー

花柄の布団カバー

暖色系で、ビビッドなカラーの花柄の布団カバーは、寝室がぐっと明るくなります。

おしゃれなデザインで、花柄なのに子供っぽい印象を与えません。

寝室を北欧風にしたい人にとって、使える布団カバーです。

壁紙やベッドを真っ白に統一して、木の温かみのあるフローリングにすれば、あっという間に北欧風寝室の出来上がりです。

幾何学模様の布団カバー

こちらの鮮やかな彩りの、幾何学模様の布団カバーも、北欧風にもってこいの布団カバーです。

幾何学模様は、北欧風インテリアに良く使われるデザインなんですね。

壁や床、家具がシンプルでも、幾何学模様の布団カバーを取り入れるだけで、にぎやかな印象になります。

暖色系の色を選べば、温かみも増して、北欧風寝室の出来上がりです。

グレーの布団カバー

淡いグレーに高級感のある花柄模様の布団カバーも、北欧風の寝室に合います。

清潔感もありますし、上品な大人の気品が漂いますね。

こちらは西川リビングのmeeというブランドの布団カバーです。

綿100%で肌触りも良いので、品質の良さが窺えます。

 

いかがでしょうか。

北欧風寝室の作り方、意外と簡単だってことが分かります。

1つ1つじっくりインテリアを変えていけば、おのずと北欧風インテリアを作ることは可能です。

焦らずじっくり、あなた好みの北欧風の寝室を作りましょう。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*