ホテルの枕って多い?2つ以上ある本当の理由

ホテルベッド
Pocket

ホテルのベッドに枕は2つもいらない?

今まで気にしたことないでしょうが、ホテルのベッドに置かれている枕って多いと思いませんか。

おそらくベッドに2つ以上、枕が置いてあるのを見たことがあると思います。

もちろんすべてのホテルではないかもしれませんが、一流と呼ばれるホテルには大体枕が2つ置いてあります。

ダブルベッドならともかく、シングルベッドに枕が2つもいらないのではと思ってしまいます。

下手をすると2つどころか、3つ4つ置いてあることもあるでしょう。

なぜこんなにたくさん枕を置くのか、ホテル側の理由があるのかもしれません。

自分に合った枕を選ぶため

ホテルに2つ以上置いてある枕、ちゃんと触ったり使い比べてみましたか。

実は複数置かれている枕、それぞれスペックの異なる枕だったりします。

一方は硬くてもう一方は柔らかい、大きさや高さも違う枕が置かれているのです。

なぜこんなことをするのか、それは人によって合う枕や好きな枕が異なるからです。

ホテル側も、良い睡眠をとってもらおうとどんなに配慮していても、その人の好みまではわかりません。

ですから自分に合った枕を選んでもらえるよう、2つ以上の枕を置いてあるわけです。

いわばホテル側のおもてなしの心の表れと言っても良いでしょう。

枕を背もたれにも使える

枕を選べる以外にも、背もたれに使ってもらうために、置いてある可能性もあります。

ベッドに腰掛けて本を読んだり、パソコンをいじったり、テレビを見ることもあるでしょう。

そんなときに、背もたれに枕を置くと、背骨や腰が痛くならなくて済みます。

布団と違ってベッドは寝るときだけ使うものではありません。

ベッドの上で過ごすことが多い人のためになされた配慮ともいえます。

上品な雰囲気を醸し出すため

それから枕を2つ以上置くことで、ベッドにラグジュアリー感を足すことができ、上品な雰囲気に変わります。

枕を1個だけ置くと若干質素な感じになりますが、2つ以上置くと豪華になります。

つまり枕を飾りとして、ベッドに複数個枕を置いているわけです。

ちなみにホテルに置いてある枕が欲しいと考えている人もいるでしょう。

ホテルによっては、枕を販売してくれるところもあるようですが、基本的に販売はしていません。

ですから、自宅のベッドをホテルのようにしたいと思ったら、自分でホテル仕様の枕を探してみると良いでしょう。

ホテルにあるようなおすすめ羽毛枕

SUYA-LABのラグジュアリーピローは、ホテルにあるようなふかふかの羽毛枕です。

上層と下層に分かれており、上層はグースダウン90%でふわふわ、下層はフェザー100%です。

肌に触れる部分は柔らかく、下層のフェザーがしっかりと頭を支えるため、底付き感がありません。

羽毛枕

SUYA-LAB ラグジュアリーピロー 15,000円(税抜)~

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*