寝室の間接照明で睡眠の質を高める

間接照明
Pocket

間接照明が快眠しやすい理由

間接照明を設置したことがありますか。

おしゃれなお店に行くと間接照明が置いてあることがありますが、雰囲気が良くつい真似したくなります。

最近では自宅で間接照明を使っている人も増えているようですが、是非寝室にも間接照明を取り入れてほしいものです。

間接照明を使うだけで、寝室に高級感が出ておしゃれな雰囲気になります。

また優しい暖色系の明かりが辺りを照らし、自然とリラックスできて睡眠の質も高まる可能性があります。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

暗すぎると逆に眠れない

人間は太陽が沈み、暗くなることで眠くなる生き物です。

ただ逆に真っ暗で何も見えない環境では、かえって精神が高ぶって眠れなくなります。

おそらく何も見えない環境では恐怖を感じるように、遺伝子にプログラムされているのかもしれません。

寝る前にスマホを見ても快眠できる方法に書かれている通り、暗すぎない方が良く眠れるのです。

とはいえ電気を付けっ放しで寝ると、明るすぎて寝付きが悪くなります。

そもそも明るいと体は休息モードになりませんし、睡眠の質が低下するおそれがあります。

しかし間接照明は周りに何があるか、分かる程度に適度に明るさがあり、なおかつ睡眠の質を下げないという利点があります。

特に暖色系の照明や、明るさを調整できるものであると、自然とリラックスできて寝付きも良くなります。

枕元に暖色系の照明を置く

ホテルに泊まると、枕元に照明が置いてあると思いますが、これも見た目だけの問題ではありません。

間接照明の効果で快適な眠りがとれるよう、考えられて置かれているのでしょう。

枕元に照明を置くぐらいなら、自宅でも簡単にできるのでやってみても良いでしょう。

照明を選ぶ際は暖色系の明かりの、明るさを調整できるタイプがおすすめです。

暖色系の明かりには精神を落ち着けて、人をリラックスさせる効果があります。

また人によってどの程度の明るさが快眠しやすいかは異なるので、調整できる方が良いのです。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*