化粧のノリが悪いのは睡眠不足かも

化粧のノリ
Pocket

化粧ノリが悪い原因は

最近化粧のノリが悪いなあ、年かなあと思うことはありませんか。

年齢の問題もあるかもしれませんが、化粧ノリが悪いのは睡眠不足が原因かもしれません。

例えば睡眠が足りていないとターンオーバーが悪くなって古い角質が残りやすくなります。

古い角質が残ると肌に凸凹ができるので、化粧ノリが悪くなります。

決して体質や加齢が問題だとあきらめてはいけません。

しっかり睡眠をとってお肌をなめらかにし、化粧ノリを改善していきましょう。

ターンオーバーが悪いと肌がゴワつく

最近肌が硬くなってきた、皮膚がゴワつくと感じているのは、ターンオーバーが遅れているからかもしれません。

睡眠が足りていないと古い角質が溜まり、角質肥厚といって、肌が厚く硬くなってしまいます。

皮膚も凸凹になるので化粧もなめらかに塗れず、化粧ノリが悪いと感じるのです。

ターンオーバーを正常な状態に戻すには質の良い睡眠と理想的な睡眠時間が必要です。

睡眠が足りていないと代謝が悪くなり、新しい細胞ができず、古い角質が硬化してしまうのです。

当然若いころのようなピチピチ、もちもちの肌からは遠ざかっていってしまうでしょう。

 

スキンケア

未成熟な角質が剥がれ落ちる

ターンオーバーが正常でないと、古い角質が溜まるだけではありません。

ターンオーバーが乱れていると、未成熟な角質が早期に剥がれ落ちることにもつながります。

どういうことかというと、成熟しきっていないうちに角質が剥がれるため、未熟な細胞がさらされることになります。

その結果皮膚が過敏な状態になって肌が荒れたり、皮膚の水分が蒸発しやすくなって乾燥を招きます。

当然ながら皮膚トラブルを引き起こしたり、化粧のノリも悪くなります。

良質な睡眠が化粧のノリを改善

ターンオーバーを正常に戻すには良質な睡眠が不可欠です。

なぜなら良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促し、肌の状態を整えてくれるからです。

人間の皮膚は睡眠中に修復されるもので、コラーゲンやセラミドが生成されるのも睡眠中です。

逆に夜更かしをしたり、睡眠不足が続くと肌の状態が悪くなります。

良質な睡眠は時間も大切ですが、最初の3時間に覚醒することなく、ぐっすり寝ることで得られます。

この時間に深い眠りにつくことで新しい細胞が生成され、肌質の改善につながるでしょう。

快眠の女性

血行をよくすることも大事

また血液の流れをよくするためにも睡眠は大切な働きをします。

特に化粧ノリが悪い人は顔の血行が悪い人が多いといわれています。

睡眠不足は血管を収縮させるばかりか、成長ホルモンの分泌が減ることにつながります。

成長ホルモンには血液中の脂肪を燃焼させ、血液をサラサラにする働きがあります。

つまり睡眠が足りていないと、血管が狭まり、血液がドロドロになって血行が悪くなるというわけです。

さらに血行が悪くなると、睡眠の質が下がるという負のスパイラルを引き起こします。

ですから質の高い睡眠を得るためにも、血行をよくすることは大事なのです。

 

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。