実は快眠に良い北枕の効果とは

北枕
Pocket

枕の向きで運勢が変わる!?

昔から北枕で寝てはいけないといわれていませんでしたか。

しかし北枕で寝ることにどんな悪い効果、影響があるのでしょうか。

家の構造上の問題やインテリアの関係で、どうしても北枕で寝なければならないなんてこともあるでしょう。

北枕で寝ることは縁起が悪いといわれますから、特段嫌なことがなくても、なんとなく気になってしまいます。

北枕で寝てはいけないといわれるのはもちろん理由がありますが、むしろ風水的には北枕が推奨されています。

枕の向きで運勢が変わるといわれていますから、一応参考にしてみるのも良いでしょう。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

そもそもなぜ北枕が悪いのか

まずなぜ北枕が縁起が悪いといわれるようになったのか、考えてみたいと思います。

知っている人も多いと思いますが、お釈迦様は亡くなったときに頭が北を向いていたといわれています。

このことから北を向いて寝ることは亡くなった人と同じであり、縁起が悪いと考えられるようになったそうです。

ちなみに顔は西を向いていた、つまり横向きの姿勢であったようです。

では北枕が良くないとされているのは仏教なのかと思いきや、実はそうでもないようです。

仏教は日本以外にも普及している宗教ですが、日本以外では北枕が良くないとは言われていません。

仏教的には枕の向きは関係ないようで、日本特有の習慣だそうです。

熟睡できる枕の向きは北枕

では枕の向きはどこを向けるのが良いのでしょうか。

実は北枕は快眠できる方位といわれています。

これは地球の磁場も関係していて、磁気が南から北へ流れるため、頭を北にして足を南に向けると、磁気が足から頭の方へ向かって流れるようになり、血行が良くなります。

また家の中でも北側は太陽が昇らないので寒くなり、南側は暖かくなりますね。

北に頭を向けることで頭が冷え、足元が温まるようになります。

頭寒足熱とも言いますが、頭が冷えて足元が温まると熟睡できるようになります。

このことから、北枕の快眠につながり健康にも良い効果を与えることが分かります。

風水的にも北枕が良い

では風水的には北枕はどうかというと、運勢が上がるのでおすすめです。

北枕は熟睡できるので心身ともに健康になり、穏やかな性格になって人間関係が良好になるといわれています。

人間関係が良好になることで仕事も順調、金運も上がり、良いことづくしだそうです。

風水的にも北は貯蓄や信頼を意味するので、北枕で寝ると金運がアップし、人間関係もうまくいくというわけです。

また風水の考えでは気は北から南へ流れてくるので、気を体内に取り入れるには北枕が効率的と考えられています。

おすすめできないのは南枕

では他の方角に枕を向けるのはどうかといえば、南枕だけは避けた方が良いでしょう。

理由は北枕とは反対で、気の流れや磁気の流れに逆らう形になり、熟睡できないといわれています。

その結果疲労を貯め、エネルギーを充電できず、毎日に活力を失うことになってしまいます。

また南は離別を意味しますから、南枕で寝ると大事な人と離ればなれになってしまうかもしれません。

風水的にも南は火の気を意味するので、熟睡するには向いていない方角です。

東枕は活力が欲しい人向き

ちなみに東枕と西枕は北枕ほどではありませんが、それぞれ良い効果があるようです。

東といえば太陽が昇る方角ですが、東枕で寝ることでやる気がわき、仕事をばりばりこなせるようになります。

いつまでも元気に若々しくいたい人におすすめの方角といえるでしょう。

美容にも良いといわれ、精神的に引きこもりがちな人、うつ傾向のある人には良いかもしれません。

太陽が一番早く昇ってくる方位ですので、早起きしたい人も東枕にすると良いでしょう。

一番熟睡できるのは西枕!?

ちなみに太陽が沈む方角である西枕、実はもっとも熟睡できる方角といわれています。

西枕で寝る人は精神的にも落ち着いていて、運気も全体的に良い傾向があります。

金運は西から入って北でとどまるといいますが、西枕は金運にも良い影響を与えます。

ただ活力の湧き出る東の真逆に位置するので、落ち着きすぎてやる気が出ないことにもつながる恐れがあります。

東が若返りの方位なら、西は落ち着きすぎて早く老け込んでしまう方位ともいえるかもしれません。

 

では結局どの方位に枕を向けると一番良い効果を得られるのか、それは何を望むかによって異なり、人それぞれだと思います。

良くないとされている南枕もアイデアを生み出すには良い方角だとされていますが、ただ熟睡はできないでしょう。

快眠のためなら北枕か西枕が良いとされますが、健康面を考えると北枕に軍配が上がります。

とはいえあまり信じこみすぎないよう、良い面だけ取り入れ、良い睡眠をとってください。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*