洗濯できる枕の正しい洗い方

洗濯機で洗う
Pocket

そもそも枕は洗濯できる?

あなたは枕を洗ったことがあるでしょうか。

枕カバーは洗っても、枕自体は洗ったことがないという人は多いと思います。

でも枕カバーを外してみると意外と枕が汚れていたり、シミがついていたり、臭うことってありますよね。

枕って頭や顔、首などが直接触れるため、皮脂や汗、よだれなどが付着して布団の中でも汚れやすいんです。

ですから枕本体もきちんと洗った方がよいのです。

そもそも枕は洗濯できるのかという話ですが、素材によっては可能です。

自分が今使っている枕の素材を知り、洗濯できるなら洗濯してしまいましょう。

洗濯できる枕の素材

毎日使っている枕、思い切って洗濯できたらすっきりしますよね。

でも枕の素材によっては洗濯できるものとできないものがあります。

基本的に洗える枕の素材とされているのは以下のような素材があります。

  • ポリエステル
  • パイプストロー
  • ビーズ

なお上記以外の素材を使っていても洗える枕もありますし、逆に上記の素材が使われていても洗えないものもあるので注意が必要です。

実際に洗濯する場合は洗濯表示などを確認するようにしてください。

洗濯機を使って洗える枕もありますし、手洗いオンリーという場合もあります。

また洗濯機を使う場合も、基本的には洗濯ネットを使用するようにします。

洗えるマリオット枕

洗えるパイプストロー枕マリオット2はこちら

洗濯できない枕の素材

一方で洗濯できない枕の素材もあります。

一概には言えませんが、一般的には下記の素材は洗濯不可と思った方がよいでしょう。

  • 羽根
  • ウレタン
  • そばがら

羽根枕やそばがら枕は洗えるものもありますが、基本的にはにおいが発生したり、素材がダメになるといわれています。

またウレタン枕も水が苦手なので、洗濯してしまうとボロボロになってしまう可能性大です。

ですからそばがら枕は天日干し、羽根枕やウレタン枕は陰干しするしかありません。

シミなどの汚れが気になるようなら水に溶かした中性洗剤をタオルなどに染み込ませ、軽く吹いて汚れを落とすようにしてください。

また洗えるタイプのそばがら枕や羽根枕も、洗濯後はしっかり乾かすことがポイントです。

洗えるそばがら枕

洗えるそばがら枕マリオットSobaeはこちら

洗濯機での枕の洗い方

なお枕を洗濯機を使って洗える場合、どんな方法でも良いわけではありません。

洗濯表示を確認し、正しい洗い方で枕を洗いましょう。

基本的に枕は洗濯ネットを使用し、ドライコースや手洗いコースなどの弱水流で洗います。

もちろん洗剤は中性洗剤を使ってください。

脱水が終わったら洗濯機から取り出し、中身の偏りを均一に直して干します。

一見乾いたかなと思っても中が湿っていると、素材がダメになったり、においが発生するなどの恐れがあります。

ですので、乾かしすぎだろと思うくらい、枕はしっかり干した方がよいです。

手洗いでの枕の洗い方

次に手洗いで枕を洗う方法をご紹介したいと思います。

この枕は洗濯機で洗えるのか微妙だったら、手洗いで洗った方がよいかもしれませんね。

まず洗面台や浴槽などに水を張り、中性洗剤を入れて溶かします。

枕を全体的に洗う場合は丸ごと枕を入れ、部分的に洗いたい場合は汚れている箇所だけを水に浸して、もむように洗います。

手洗いの場合は汚れている箇所だけをピンポイントで洗えるので便利です。

全体的に洗う場合に比べて乾きやすいですし、中の素材がダメになる心配も少ないです。

すすぎは水を流しながら、洗剤や泡が完全にでなくなるまでしっかり押し出します。

その後は洗濯機で洗った場合と同様、しっかり干して乾かします。

 

このように枕の素材によっては洗えるものと洗えないものがあります。

洗えない枕は最悪汚れてしまったり、臭いがきつくなった場合、買い換えなくてはならないことも考慮しなくてはなりません。

枕の寿命は大体2,3年といわれていますが、2,3年も洗わないとなるとちょっと汚れや臭いが気になりますよね。

ですから購入前に洗えるか否かもしっかりチェックして枕を選ぶようにしましょう。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*