慢性腰痛は睡眠時の寝姿勢が悪い

腰痛
Pocket

慢性腰痛を寝具で防ぐ

慢性的な腰痛に悩んでいる人は、本当に多いです。

生活が便利になる一方で、腰痛になる人が増えているのは何か原因があるのでしょうか。

正直、腰痛の原因は特定できないことが多い、といわれています。

しかし現在使っている寝具が、慢性腰痛の原因になっていることも多々あるようです。

人生の3分の1を睡眠で費やしているわけですから、この時間をどう過ごすかによって、腰のダメージは変わってくるのです。

寝具が違うだけで睡眠時の寝姿勢が変わり、腰にかかる負担も大きく変わってきます。

今あなたが慢性腰痛に悩んでいるなら、寝具を見直す価値はあると思います。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

腰痛になるのは人間だけ

そもそもなぜ腰が痛くなるのか、ご存じでしょうか。

腰が痛いと感じるのは実は人間だけといわれていますが、これは人間が二本足で歩くからでしょう。

しかし人間がみな腰が痛いかといえば、そういうわけでもありません。

慢性腰痛になる人とならない人がいるのは、他の要因も複雑に絡み合っています。

おそらく、毎日の生活習慣の中で、骨や筋肉にダメージを負っていることが考えられます。

慢性腰痛になる原因

例えば仕事で重いものを持つことの多い人は、腰を痛めやすいです。

重いものを持つことで、瞬間的に腰に負荷がかかると、腰椎がずれて、周辺の筋肉が炎症を起こします。

これは突発的な急性腰痛ですが、習慣化することで慢性腰痛にもなるでしょう。

またデスクワーク主体であっても、長時間座り続けることで、腰の筋肉や骨に負荷がかかります。

特に姿勢が悪いと、骨が歪み、それによって周辺の筋肉が体を支える形になるため、負担は増えるでしょう。

他にもデスクワークが多い人は、運動不足になる傾向があり、血行不良によって、慢性腰痛になることがあります。

同様の理由で、肥満気味の人も運動不足であったり、血行が悪い傾向にあり、腰を痛めやすいです。

無職の人も慢性腰痛になることが多いという、興味深いデータがありますが、これも運動不足や血行不良が原因でしょう。

慢性腰痛を緩和する方法

腰の傷みをなんとかしたいと誰しも考えるものですが、痛みを和らげる方法もなくはありません。

腰痛になると、冷たい湿布を貼る人がいますが、なんでも冷やせばよいというものでもありません。

特に慢性腰痛は、冷やすより、温めた方が良いといわれ、湿布も温湿布を使った方が良いです。

しかし、温かい湿布と冷たい湿布、どちらを使うべきか迷うこともあるでしょう。

その場合、患部を触ってみて、熱を持っている、火照っていると感じるようであれば、冷やした方が良いでしょう。

腰が発熱している場合は、患部が炎症を起こしている可能性があるからです。

ただ冷やしすぎると、今度は血行が悪くなって、腰が痛くなるおそれがあります。

ですから、炎症が鎮まったら、今度はすぐに湿布を取るようにしましょう。

腰痛を寝具で治すことは可能?

腰痛を寝具で治すことは可能かと聞かれれば、不可能ではないと答えるでしょう。

なぜなら、腰に良い寝具は、体のゆがみを改善し、骨や筋肉に与えるダメージを減らすことができるからです。

そのためには、正しい寝姿勢になる寝具を使う、ということが大事になってきます。

特に朝起きたときに腰が痛いという人や、腰が痛くて夜中に何度も目が覚めてしまうという人は、寝具を見直した方が良いです。

というのも、寝ている間、寝具が腰にかかる負担を軽減してくれていない、そういう可能性があるからです。

腰痛に効く理想の寝具とは

昨今は睡眠に対する意識が高まってきたとはいえ、それでも寝具に関して無頓着な人が多いのも事実です。

柔らかくて寝心地の良い低反発の布団や、ふかふかのベッドは、腰にとっては良い寝具とはいえません。

柔らかい布団はお尻が沈む込んでいまい、腰にかかる負担が大きくなるからです。

寝てみればわかるのですが、腰にやさしい布団に寝ると、腰が軽く、楽に寝れていることが分かります。

今使っている布団が合っているか分からない場合、仰向けに寝てみて、横から寝姿勢をだれかに見てもらうと良いでしょう。

横から見て、体のラインがきれいなS字になっているようであれば、正しい寝姿勢で寝られていることが分かります。

腰痛予防敷き布団

理想の寝姿勢を実現するマリオット敷布団

腰が痛い場合は横になって、安静にするのが一番です。

しかし痛みが良くならないような布団を使っていては、逆効果であることも覚えておきましょう。

適度な硬さと柔らかさを持った布団であれば、肩から背中、腰、お尻と、布団に接する面積が大きくなります。

その結果、体圧が分散され、腰がいつもより浮いたような感じになり、楽に寝ることができます。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*