寝苦しいと感じる原因は湿度にあった

湿度計
Pocket

湿度が高いと寝苦しい

早めに布団に入ったのに、寝付けなくて気づけば深夜、そんな経験はありませんか。

ずっと眠れないまま布団にいるのも、結構苦痛です。

そんな寝苦しいと感じる原因は、実は湿度にあるのをご存じでしょうか。

そもそも気持ち良いはずのお布団なのに、湿度が高いと寝苦しくてたまりません。

逆に快適な湿度であれば、たとえ眠くなくても布団の中にいるのも苦ではありません。

気持ち良くて、ただ横になっているだけで、気づけば眠りの中ということにもなるでしょう。

ぐっすり眠るためにも、湿度をコントロールしてみましょう。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

汗が乾かないと体温が下がらない

そもそも、どうして湿度が高いと寝苦しいと感じるのでしょうか。

これは寝ている間に汗をかいても、蒸発してくれないので、体温が下がらないからです。

気化熱といいますが、人間は熱を発散させるために、汗をかく生き物です。

しかし汗が蒸発しないで皮膚に残っていると、熱発散がうまく働きません。

熱発散できないと、体を循環する血液も温かいままで、深部体温が下がらないということになります。

その結果、いつまでも寝苦しいと感じてしまうわけです。

湿気が多いと洗濯ものを干しても、全然乾いてくれませんね。

同じように高い湿度環境では、かいた汗が蒸発してくれないのです。

除湿器で湿度を下げる

湿度を下げるにはどうすればよいかというと、やはり除湿すればよいわけです。

エアコンにも除湿機能が付いていますが、エアコンの除湿はとにかく寒いです。

湿度だけでなく、温度も下げてしまうため、そもそも汗もかけません。

ですから湿度を下げるには、除湿器を使うのをおすすめします。

 

こちらのアイリスオーヤマさんの除湿器は、お値段も手ごろで電気代が安いので、おすすめです。

コンプレッサー式ですから、音は若干うるさいですが、気になるほどではありません。

ただデシカント式のように暑くなる心配はありませんので、音に敏感な人でなければ使ってみても良いでしょう。

熱を逃がす寝具を使う

それから、寝具も汗を吸わないものより、ちゃんと吸ってくれるものを使った方が良いです。

寝具が汗を吸ってくれれば、気化熱が働き、熱を逃がして体温を下げるのに役立つからです。

特に夏は冷感寝具を使う人が多いですが、冷感寝具のほとんどは汗を吸わないものが多いです。

汗を吸う寝具の生地といえば、やはり綿(コットン)や羊毛(ウール)といった天然繊維でしょう。

中には汗取りパッドなる商品がありますが、中綿がポリエステル100%だったりして、全く汗を吸わないものもあります。

吸汗性が高いのはパシーマなど、脱脂綿を使った敷きパッドやケットではないでしょうか。

夏の快眠にはひんやり感よりさらさら感にも、脱脂綿を使った、汗を良く吸う寝具が紹介されていますので、ご覧ください。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*