傷ついたパサパサ髪は睡眠不足では治らない

髪がパサパサ
Pocket

寝不足で髪がパサパサになる

髪がパサパサになる原因は、1つではありません。

しかし寝不足なのに、髪がしっとり、さらさらな人はあまり見たことはありません。

これは睡眠が髪のパサつきに、なんらかの影響を与えているからではないでしょうか。

男性はさほど気にする人はいないかもしれませんが、女性にとって髪は大事です。

パサパサの髪よりしっとり、さらさらな方が良いのは間違いありませんね。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

髪がパサパサになる原因

そもそもなぜ、髪がパサパサになるのでしょうか。

おそらく髪に栄養が足りていないからではないでしょうか。

単純に必要な栄養を摂取していないか、睡眠が足りていないために、髪に栄養が送り込まれてないと考えられます。

また外的な刺激が原因で、髪を傷めているのかもしれません。

髪の主成分はコルテックスというたんぱく質ですが、その周りをキューティクルが覆っています。

紫外線やシャンプー、パーマ、カラーなどで髪に刺激を与えると、このキューティクルが剥がれてしまいます。

その結果、水分やたんぱく質が流れ出て、髪がパサつくというわけです。

髪のパサつきを治す方法

このようにして、パサパサになった髪を修復するにはどうすればよいのでしょうか。

これは髪に必要な栄養分を摂取することと、毎日最低でも6時間以上は睡眠をとることです。

また睡眠はただとれば良いものではなく、質の高い睡眠であることが必要です。

髪を修復するのは、主成分であるたんぱく質と、髪の毛を生成するミネラル、そして血行を促進するビタミン類です。

例えば以下のような食材が、髪の毛の生成に良いといわれています。

  • 大豆製品
  • ゴマ
  • 牡蠣
  • チーズ
  • 海藻類

もちろん、これだけではありませんが、一応参考にしてみてください。

そして摂取した栄養素を、髪の毛に変えるために不可欠なのが、睡眠です。

残念ながら、寝不足な状態では、傷ついた髪の修復は期待できません。

それは、髪の毛を生成、修復するのが、寝ている間に分泌される成長ホルモンだからです。

 

紫外線がますます強くなっている昨今、髪の毛は傷みやすくなっています。

紫外線に晒されてキューティクルの剥がれた髪の毛は、パサつきや枝毛、切れ毛の原因にもなるでしょう。

必要な栄養と睡眠をとるように心がけ、実践すれば、今より髪の毛がきれいになるのではないでしょうか。

シルクの枕カバー

美髪の秘訣!?シルクの枕カバーはこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*