光沢感があって上質なサテン生地の布団カバー

ピンクの布団カバー
Pocket

サテン生地の特徴

あなたは布団カバーをどんな基準で選ぶでしょうか。

おしゃれなデザインか、肌触りが気持ちいいものか、高級感のある風合いでしょうか。

布団カバーは数多くあれ、高いものと安いものではやはり質が違います。

高級感のある布団カバーを選ぶなら、やはりサテン生地の布団カバーがおすすめです。

サテン生地の布団カバーは光沢があって、きらきらと輝くような上質さがあります。

安い布団カバーを買ってみたものの、ごわごわして気持ちが悪いということはありませんか。

サテン生地の布団カバーは見た目だけでなく、なめらかで肌に吸い付くような感触が気持ちいいです。

一度使ってみたら、癖になるかもしれませんね。

そもそもサテンとは

そもそもサテンとはどんな織り方のことを言うのか、ご存じでしょうか。

サテンといえばシルクをイメージしがちですが、シルクに限らず、綿やポリエステルなど素材は色々です。

別名朱子織とも言いますが、素材ではなく織り方のことをいい、経糸が表に浮き出てくるような織り方をしています。

見た目に光沢が生まれ、高級感が出るため、ドレスなど装飾的な衣装にも良く使われます。

また、なめらかな肌触りで、滑りが良くなるため、脱着しやすいように、コートなどの裏地に使用することもあります。

欠点としては、サテンで織られた生地はデリケートで耐久性が低いという点でしょうか。

布団カバーにも使える?

しかしサテン生地はデリケートであるのに、布団カバーに使っても問題ないでしょうか。

サテン生地は素材によって強弱はあれ、摩擦に弱く、ひっかけ傷には注意しなければなりません。

ただ多少大切に扱う必要はあるかもしれませんが、それほど神経質になる必要もないでしょう。

シルクなどの素材を使っていない限り、洗濯ネットを使用して、ドライコースなどで洗濯も可能です。

脱水は軽めにし、シワをしっかり伸ばして陰干しするなど、取扱いに気を付ければ、長持ちします。

寝心地は格別

サテン生地の布団カバーは滑りが良く、素材にシルクを使っていなくても、なめらかで気持ちいいです。

肌に吸い付くようなドレープ性があるため、寝心地も最高です。

つまりサテン生地は、布団カバーとしても優秀という。

まるでホテルのベッドで寝ているような感覚になります。

おすすめのサテン生地カバー

素材はやはりシルクを使ったものが、肌触り、光沢、どれをとっても最高です。

ただし、シルクは耐久性が低いのが、やはり懸念材料です。

値段も高いですし、汚れやすい布団カバーが洗えないのは致命的です。

ですから実用的なのは、綿100%のコットンサテンです。

綿であれば丈夫ですし、吸水性も高く、シルクほど値段も高くありません。

綿100のサテン生地の布団カバーはこちらで紹介されています。

よろしければご覧ください。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*