テレビや口コミで評判の枕テクノジェルピロー

テクノジェルピロー
Pocket

値段も満足度も高い枕テクノジェルピロー

昨今快眠枕と呼ばれる枕がたくさん出ていますが、テクノジェルピローという枕をご存じでしょうか。

テンピュールやエアウィーブ、トゥルースリーパーはCMや広告をばんばん打っているので知っている人は多いでしょう。

テクノジェルはそれほど広告していませんが、テレビや雑誌でもたびたび紹介され、知る人ぞ知る評判の枕です。

値段はどのタイプも2万円超えですから、枕の中でも高い部類に入るのではないでしょうか。

しかしテクノジェルピローの口コミを見ると、悪い評価があまりないことに気づきます。

値段は高いですが、満足度の高い枕ということでしょう。

テクノジェルピローの口コミは好評

テクノジェルピローの口コミを見ると、使っている多くの人が満足しているような回答をしています。

これまで有名な低反発枕や高反発枕を使用してきました。ストレートネックのためか、どれも今ひとつフィットせず肩こり頭痛に悩まされてきました。まだ数日しか使用していませんが、この枕だと肩こりや頭痛もなく、熟睡できていい感じです。

今迄、枕が合わないせいか、肩こりと背中の痛みがひどかったのですが、この枕にして、次の日目覚めたところ、いつもより、肩が軽く感じました。使っていけば、もっと効果があると思います。

枕を持った瞬間、重たって思ったのが第一印象でした。ビニールの袋から出して
別売りで買った枕カバーを付け横になって見た。まず厚みのある方を首側に仰向けに寝てみるなかなか良い・・横になってみるスムーズだ!低いほうを首側に変えてみる気持ち悪いって事で厚みのある方で実際に寝てみる事に決定!
一晩寝てみた感想は、まだ慣れなかったけど快適だった。ちなみにマットレスは高反発の物を使用・・・これで枕探しは終わりになりそうです。

気持ちよく寝ることが出来ます。

首の頸椎にも優しいです。

柔らかさ、熱の籠らなさ いずれもとてもよいと思います。

年始から、首筋から背中にかけて筋を違えたような痛みが続き、こちらの枕を購入。
想像していたよりは少し硬いように感じましたが、お陰様で首の痛みが無くなりました。

上記は実際にテクノジェルピローを購入して、使われた方の楽天に投稿されていたレビューです。

テクノジェルピローを使って、肩こりや背中の痛み、頭痛に悩まなくなった、枕難民を脱出したという人がたくさんいるようです。

またウレタン枕なので熱のこもり具合が気になりますが、熱がこもりにくいという意見もあります。

画像で見ると柔らかそうな印象がありますが、思っていたより少し硬いというのも参考になる意見です。

確かにテクノジェルピローは反発力があるので、一般的な低反発枕のような感触を期待していると、想像とは違うかもしれません。

テクノジェルピローのサイズの選び方

テクノジェルピローは、元々イタリアのテクノジェル社が販売している枕です。

日本では販売代理店が販売しているわけですが、元々日本製の枕ではないのです。

形状はコントアピロー、アナトミックピロー、デラックスピローの3タイプあり、高さは7cm、9cm、11cmの3タイプ揃っています。

サイズもイタリア基準ですので、全体的に高さがあるので、日本人なら低めの7cmと9cmで合いやすいのではないでしょうか。

日本で展開されている高さは3タイプですが、海外ではもっと高さのあるサイズもあるのではないでしょうか。

なお公式サイトで適合基準が紹介されていますが、身長155cmまでなら7cm、155cmから165cmまでなら9cm、165cm以上なら11cmが合うようです。

ただし、体型にもよるらしく、痩せ型の人は1サイズが2サイズ低いタイプでも良いかもしれません。

高さが高い枕を低くすることはできませんが、低い場合はタオルなどを使って高さ調節できなくはありません。

ですから、迷ったら高いタイプを選ぶより低いタイプを選んだ方が実用性はあるのではないでしょうか。

専用枕カバーの評判も上々

テクノジェル枕カバー

なお日本ではテクノジェルピロー専用のプラチナコットンという素材を使った枕カバーが展開されています。

テクノジェルピロー本体にベーシックカバーが付属されていますが、洗い替え用に購入される方も多いようです。

ベーシックカバーは化学繊維で作られているため、お肌のデリケートな方はコットン100%のプラチナコットンの枕カバーがおすすめです。

プラチナコットンの枕カバーのレビューはこちらです。

ジェルのひんやり感も以前より伝わってくる気がします。
今日から寝るのが楽しみです。

生地は伸縮性がありテクノジェルピローにはピッタリだと思います。

生地が薄手で、本体に付属されていたカバーよりも簡素的な感じがするけど、ジェル枕の良さが一番わかるかなって思います。人それぞれだと思うけど。

薄手ですが伸縮性があり、付属のカバーよりもテクノジェルピローの良さが分かるという意見があります。

枕カバーは頻繁に洗濯が必要ですから、枕本体と一緒に、洗い替え用に1枚購入してみても良いかもしれません。

コットン100%ですが、Wシルケット加工を施すことでシルクのような光沢と艶があり、高級感があります。

耐久性も抜群、保証期間も長い

ただ値段も高い枕なので、なるべく長く使いたいもの、耐久性はどうなのでしょうか。

テクノジェルピローはウレタン枕の中でも耐久性は抜群、保証期間も2年以上ついているので安心です。

テクノジェルピローを持ってみるとわかりますが、重量感があり、ずっしり重い枕といえます。

さすがにマイ枕として持ち運びするのには向きませんが、それだけジェルがたっぷり使われているということです。

11万回の圧縮試験でも復元率98%以上ですから、耐久性は抜群です。

普通に使っていて、破損したり、劣化したり、へたる心配はないと思います。

保証期間が2年以上ついていますが、おそらく保証を使うことはないでしょう。

テクノジェルピロー

>>テクノジェルストア楽天市場店はこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*