気持ちいいタオルはやっぱり国産今治タオル

今治タオルオリム
Pocket

今治タオルは気持ちいい

昨今は外国製のタオルが増えてきましたし、実際に使っている人も多いでしょう。

ただ、国産のタオルの方が、やっぱり品質が高いものが多い気がします。

品質が高いとは、吸水、速乾性や耐久性が高く、肌触りが良くて、衛生的であることを意味します。

中でも、肌触りの良い、気持ちいいタオルはやはり国産の今治タオルではないでしょうか。

吸水、速乾性の高いタオルは、他にもたくさんあります。

しかし、ふかふかで肌触りの良いタオルは、今治タオルの右に出るものはいないように思うのです。

外国産タオルとの違い

昨今はアメリカや中国、ベトナムなど、外国産のタオルも数多く輸入されています。

日本製のタオルよりも安いため、外国産のタオルを使っている人も多いのではないでしょうか。

しかし価格が安い分、国産に比べて粗悪で、縫製が雑、キメが粗い、硬い、薄い、パイル抜けしやすいなど欠点もたくさんあります。

またきちんと洗浄されているのか、汚染物質はないかなど、衛生面の心配もあるでしょう。

一方で、国産のタオルは外国産タオルに比べ、縫製もしっかりしており、毛羽落ちしにくい、柔らかくて、ボリュームがあるものが多いです。

さらに、吸水性が高く、水分をたくさん吸ってくれるため、使い心地が良いです。

いくら触り心地が良くても、水分をあまり吸収してくれないと、使っていても気持ちいいと感じることができません。

今治タオルは、列記とした国産タオルです。

さらに今治基準には吸水性を確かめるテストがあり、水面の浮かべて5秒以内に沈まなければならないというハードルがあります。

そのため、国産タオルの中でも高い吸水性を誇るのが、今治タオルというわけです。

今治と泉州のタオルの違い

国産タオルの代表格といえば、今治タオルと泉州タオルがあると思います。

両者ともタオルの基本的な機能である、吸水性が高く、肌触りが良いことが売りのタオルです。

ともに品質は高く、甲乙つけがたいですが、両者の違いはどんなところにあるでしょうか。

今治基準をクリアしなければならない

今治タオルを名乗るには、今治基準をクリアしなければならず、今治市で作られればOKというわけではありません。

沈降法あるいは滴下法という試験によって、一定以上の吸水性があることを確かめています。

さらに、毛羽落ちのしにくさや色落ちのしにくさ、引張強度などさまざまな試験をクリアして今治タオルを名乗れるのです。

ですから今治タオルの品質はある程度確保されていると考えられます。

後晒製法の泉州タオル

一方で、泉州タオルは大阪の泉州で作られたタオルのことで、特段クリアしなければならない基準はありません。

しかし泉州タオルは後晒製法といって、タオルが出来上がった後に、さらしという工程を行っています。

後晒しを行うことによって、糸についた糊や油分といった、不純物を取り除いているのです。

ですから衛生的ですし、綿本来の吸水性や肌触りを活かしたタオルということができます。

ちなみに今治タオルは先晒製法で作られているため、デザインのバリエーションが豊富という特徴もあります。

今治タオルはふかふかで分厚い

このように今治タオルと泉州タオルは甲乙つけがたいですが、気持ち良さを求めるなら個人的には今治です。

というのも、今治タオルはホテルで使われるような、分厚いふかふかのタオルが多いからです。

どちらかというと、泉州タオルは薄手であるため、普段使いしやすいですが、ホテルのような気持ち良さとはちょっと違う気がします。

薄いペラペラのタオルより、ボリュームがあってふわふわのタオルの方が気持ちいいですよね。

もちろんタオルの好みは好き好きですから、あくまで参考にしてください。

>>今治タオルのオリムはこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*