快眠の方法

Pocket

Pocket

飛行機でぐっすり寝るための対策8選

飛行機
Pocket

飛行機で快眠する方法

飛行機でどこかに出かけるときは、非常に長旅になることが多いです。

長時間何もせず、ただぼーっとしているだけでは疲れも取れませんし、寝てしまうに限ります。

 

しかしいつもと違う環境で、おせじにも寝やすい環境とはいえないのが機内です。

そんな窮屈な飛行機の中でぐっすり寝るためには、事前の準備がとても大切です。

 

飛行機ですっきり快眠するための方法をいくつかご紹介したいと思います。

続きを読む

Pocket

靴下を履いて寝るならこの靴下を使いたい

靴下
Pocket

靴下を履いて寝るのは良い?悪い?

冬になると、冷え性の人は特に、足が冷たくて眠れない、朝起きるのが辛いという悩みを持つ人がいます。

冷え性は特に女性に多いのですが、足が冷えないよう、寝るときに靴下を履くという人も多いようです。

 

確かに靴下を履いて寝る方が、足がぽかぽか温まり、熟睡できる気がしますし、朝起きるのも楽な気がします。

ただ中には靴下が足を圧迫し、血流が悪くなるため、冷えが悪化するという意見もあるようです。

 

この靴下を履いて寝ることが、冷え性に良いのか否か、賛否両論ありますが、実際どうなのでしょうか。

続きを読む

Pocket

旅行先で寝れない原因と寝やすくなる方法

旅館
Pocket

旅行先で寝れない原因とは

楽しい旅行、現実を忘れて思いっきり羽を伸ばすのも良いものです。

しかし旅行先では決まって寝れない、ということはありませんか。

良く枕が変わると寝れないといいますが、原因はやはり枕でしょうか。

それとも、旅行先でもぐっすり眠れる人もいるのに眠れないのは性格の問題なのでしょうか。

友達の家に遊びに行ったり、旅行や出張で寝る場所が変わるのは良くあることです。

旅行先で寝れない原因を突き止め、ぐっすり眠れるようにしたいものです。

続きを読む

Pocket

寝る前の筋トレを効果的にする方法

筋トレ
Pocket

寝る前の筋トレは睡眠の質を低下させる

あなたはどんなタイミングで、筋トレをしていますか。

以前、寝る前に筋トレをした方が、効果的に筋肉を付けることができると聞いたことがあります。

確かに寝る前に筋トレをすると、程よい疲労が溜まり、ぐっすり眠れそうな気がしますね。

また筋トレで破壊された筋肉が、成長ホルモンによって修復されて大きくなります。

だから寝る前の筋トレが効果的なのだと、思わず納得してしまいそうです。

しかし一方で、寝る前の筋トレは良くないという意見もあります。

なぜならば寝る前の筋トレは、睡眠の質を低下させてしまうからです。

ただやみくもに筋トレをするより、効率的に筋肉を付けたいと考えている人は多いでしょう。

実際筋トレをするベストなタイミングはいつなのでしょうか。

続きを読む

Pocket

寝室の間接照明で睡眠の質を高める

間接照明
Pocket

間接照明が快眠しやすい理由

間接照明を設置したことがありますか。

おしゃれなお店に行くと間接照明が置いてあることがありますが、雰囲気が良くつい真似したくなります。

最近では自宅で間接照明を使っている人も増えているようですが、是非寝室にも間接照明を取り入れてほしいものです。

間接照明を使うだけで、寝室に高級感が出ておしゃれな雰囲気になります。

また優しい暖色系の明かりが辺りを照らし、自然とリラックスできて睡眠の質も高まる可能性があります。

続きを読む

Pocket

マスクをして寝る効果と快眠する方法

マスクをして寝る
Pocket

マスクをして寝る効果とデメリット

昨今マスクをして寝ると風邪をひきにくくなる、お肌が保湿されるといわれ、マスクをして寝る人が増えています。

特に冬場は空気が乾燥していて、朝起きると喉が痛くなるという人は多いはずです。

実際私もマスクをして寝ることで喉の痛みが緩和され、風邪を引きにくくなった気がします。

マスクの中で息が蒸気に変わり、喉だけでなく、肌も保湿されるため、このような効果が生まれるのかもしれません。

また寝るときにマスクをすることで安眠効果もあるといわれています。

このように言いこと付くしの寝るときマスクですが、デメリットは無いのでしょうか。

良いことも含め、マイナス面についても考えてみたいと思います。

続きを読む

Pocket

ベッドに敷いた布団の寝心地と注意点

マットレスで寝ている女性
Pocket

ベッドに布団を敷くと寝心地が悪くなる

日本にベッドが普及し、ベッドを使っている人は増えてきたように思います。

しかしベッドを使うようになったら、今まで使っていた布団は使えないのでしょうか。

もしベッドの上あるいはマットレスの上に布団を敷いたら、クッション性が上がって寝心地は良くなるのでしょうか。

ベッドの上に布団を敷くという感覚を持っている人は、実は日本人には多いようです。

もちろんベッドの上に布団を敷くことが絶対にいけないわけではありません。

しかし組合せによっては寝心地が悪くなったり、寝姿勢が悪くなって腰痛や肩こりなどの原因になるかもしれません。

続きを読む

Pocket

夏の布団の寝心地は敷きパッドで調節する

うつ伏せ寝
Pocket

敷きパッドでオールシーズン対応できる

季節に限らず1年中同じ敷き布団を使っている人は多いでしょう。

中には裏表を入れ替えることで寝心地が変わり、季節に対応できる敷き布団もあります。

ただ夏用、冬用で分かれている敷き布団は少ないです。

確かに生地や中綿の量や素材を調整することで、暖かさや通気性は変わるでしょう。

しかし敷き布団の季節対応性を高めることには限界があります。

それに敷き布団を何枚も持っていると嵩張りますし、収納にも限界があるので1枚で十分ということになるのでしょう。

そのため季節によって敷き布団を変えることは現実的ではありません。

敷き布団を変えなくても、敷きパッドを変えるだけでオールシーズン対応できますし、寝心地も調整することが可能です。

続きを読む

Pocket

交代勤務(シフト制)でもぐっすり睡眠をとる方法

眠い 眠気 あくび
Pocket

交代勤務だと睡眠の質が悪くなる

昨今は職種によって交代勤務(シフト制)で働く人も増えてきました。

昔は昼間働く人も夜間働く人も同じ時間に働いていましたが、今は日によって曜日によって働く時間が異なる人がいます。

若い頃は体力があるのでなんとか誤魔化せたものの、年齢を重ねると交代勤務で働くのがきつくなっていきます。

それもそのはず、交代勤務で働いていると体内時計が狂ってしまい、睡眠の質が低下しやすくなります。

その結果布団に入っても寝付きが悪い、寝ている間に何度も目を覚ます、疲れが取れないということもあるでしょう。

このように仕事の関係で就寝時間をコントロールできない場合、どうすればよいのでしょうか。

続きを読む

Pocket

夜中に目が覚めるときに試したい快眠法

目が覚める
Pocket

夜中に目が覚めるのはなぜ?

若い頃は寝たら朝まで目が覚めなかったのに、最近夜中に目が覚めるということはありませんか。

全部が全部ではないでしょうが、夜中に目が覚めるのは、もしかしたら中途覚醒という睡眠障害かもしれません。

年齢を重ねるとホルモンの影響や、生活習慣などの影響を受けてぐっすり快眠することが難しくなります。

また長時間同じ姿勢でいることにより、肩や腰、首に痛みが起きたり、睡眠時無呼吸症候群によって夜中に目が覚めてしまうことがあります。

特に40代を超えると増える中途覚醒、少しでも快眠できるように対策を講じてみませんか。

続きを読む

Pocket