マスクをして寝る効果と快眠する方法

マスクをして寝る
Pocket

マスクをして寝る効果とデメリット

昨今マスクをして寝ると風邪をひきにくくなる、お肌が保湿されるといわれ、マスクをして寝る人が増えています。

特に冬場は空気が乾燥していて、朝起きると喉が痛くなるという人は多いはずです。

実際私もマスクをして寝ることで喉の痛みが緩和され、風邪を引きにくくなった気がします。

マスクの中で息が蒸気に変わり、喉だけでなく、肌も保湿されるため、このような効果が生まれるのかもしれません。

また寝るときにマスクをすることで安眠効果もあるといわれています。

このように言いこと付くしの寝るときマスクですが、デメリットは無いのでしょうか。

良いことも含め、マイナス面についても考えてみたいと思います。

快眠博士公式ストア

快適な睡眠環境を提供するため

研究と開発を続ける寝具メーカー

一番のメリットは風邪予防

マスクをして寝ると、風邪予防になるのは確かなような気がします。

そもそもなぜ乾燥する時期は、朝方喉が痛くなるのでしょうか。

これは寝ているときに体の水分量が減り、乾燥した喉にウィルスなどの風邪菌が付着して炎症を起こすからだと考えられます。

冬場は特に温度も湿度も低く、喉が乾燥しやすくなりますし、ウィルスも繁殖しやすくなるのでしょう。

マスクをして寝ると喉が痛くなりにくいのは、自分の息で喉の周りの温度や湿度が保たれるからです。

マスクにもよりますが、マスク自身がウィルスを完全にカットしているわけではありません。

ただインフルエンザウィルスを始め、風邪の原因となるウィルスの大半は湿気に弱いのだそうです。

そのためマスクをすることで口の周りが暖かく湿った環境になり、ウィルスの繁殖を抑えられるのでしょう。

お肌がしっとりする

女性は特に気になるかもしれませんが、マスクにはお肌の保湿効果も期待できます。

自分の息でマスクの中の温度や湿度が上がり、まるでスチームを当てているような状態になり、お肌が保湿されるわけです。

マスクをして寝たことがある人は、お肌がしっとりする感触を味わったことがあるはずです。

またマスクをすることで自然と口呼吸が多い人も、鼻呼吸するようになったという人もいるようです。

口呼吸だと体の水分が放出されやすく、喉だけでなくお肌も乾燥しやすくなります。

ダニなども吸い込みやすくなりますし、アトピーや喘息などアレルギーが心配な方も鼻呼吸を推奨されています。

身体が温まって快眠できる

またマスクをすることで普段より快眠できるようになったという人もいます。

マスクをすると、冷たい乾いた空気を吸うことが少なくなります。

逆に暖かい湿った空気を吸うようになるので、自然と体が温まり、熟睡できるのかもしれません。

体が冷えていると快眠できませんし、寝付きも悪くなります。

睡眠の質を高める意味でも、マスクを付けた方が良いようです。

肌が荒れるかも 

このようにマスクをつけると良いことがたくさんあります。

では絶対に寝るときはマスクを付けた方が良いのかといえば、もちろんデメリットもあります。

先ほどマスクをして寝るとお肌がしっとりするといいましたが、逆に雑菌が繁殖してニキビができやすくなることもあります。

高い湿気はウィルスの繁殖は防げても、逆に雑菌の繁殖を促してしまうからです。

またマスクと肌が擦れることで肌にダメージを与えることもあるでしょう。

せっかくお肌に優しいお布団やカバーを使っていても、マスクの生地がお肌に優しいものとは限りません。

マスクをして寝るときの注意点

結果寝るときはマスクをした方が良いのか否かという話ですが、個人的にはマスクの装着をおすすめします。

しかしマスクをつけて寝るときに注意してほしいことがあります。

先ほどマスクが擦れてお肌が荒れるといいましたが、肌に優しい綿素材を100%使用したものがおすすめです。

綿素材のマスクは吸湿性や保湿性にも優れているので、喉やお肌の保湿効果は高くなります。

またマスクをして寝ると息苦しく感じて熟睡できないという人もいるでしょう。

そのため、マスクをして寝るときはマスクの上部を外側に折って、鼻が出るようにすると鼻呼吸がしやすくなります。

マスクをすることで呼吸が妨げられてはせっかくの睡眠の質も下がってしまいます。

それに苦しくて寝ているうちに無意識にマスクをとってしまっては意味がありません。

是非マスクをして寝るときは苦しくならないようにすることをおすすめします。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*