洗濯できないテンピュール枕を長く使う方法

洗濯機
Pocket

テンピュール枕は洗えない

低反発枕として人気のあるテンピュール枕、使っている人も多いと思います。

しばらく使っていてふと気づくことがあります。

テンピュールの枕は洗えるのか、どのように洗濯すればよいのかという疑問です。

特に枕は汚れやすいので、お手入れ方法は気になるところです。

テンピュール枕は洗えない

結論からいえば、テンピュール枕は洗濯できません。

もちろん枕だけでなくマットレスなども基本的に洗えないでしょう。

テンピュールはウレタンでできているので、水や紫外線に弱いのです。

もし水洗いしてしまうと、ボロボロになってしまって、もう元には戻らないでしょう。

でもテンピュール枕って結構いいお値段しますから、なるべくなら長く使っていきたいものです。

汚くなったら捨てるしかない、洗えないなら購入を止めようと考える人もいるかもしれません。

テンピュール枕のお手入れ方法

では洗えないとなると、どのようにお手入れすればよいのでしょうか。

テンピュール枕が汚れてしまった場合は、中性洗剤を染み込ませたタオルなどで軽く拭いて汚れを落とすようにします。

それだけ?と思われるかもしれませんが、それしかありません。

ニオイが気になる場合は、風通しの良い場所で陰干しするぐらいです。

紫外線に弱いので、くれぐれも天日干しはしないように注意しましょう。

逆に言えばお手入れが楽ともいえますが、本当に清潔になったのは不安は残ります。

ちなみにクリーニングに出せば大丈夫だろうと考えているかもしれませんが、クリーニングもできません。

水洗いもできませんし、ドライクリーニングやタンブル乾燥もできません。

カバーは必須

このようにテンピュール枕はよくも悪くも、お手入れがほとんどできないわけです。

ですから、なるべく汚れないようにカバーを付けるのは必須です。

カバーを付けることで日々の汗や皮脂が枕に付きにくくなり、枕の劣化を防いでくれるでしょう。

枕本体は洗えなくても、カバーは洗えるはずですから、肌に触れる部分は清潔に保つことができます。

もしそれでも枕が汚れてしまって、水洗いしなければとれなそうという場合もあると思います。

その場合テンピュール枕に保証が付いていれば対応してくれることもあると思います。

一度販売店に問い合わせをしてみるのも良いと思いますが、それでも保証が受けられなければ、新しい枕に買い替えるしかないでしょう。

とにかくテンピュール枕を長く使いたいなら、カバーを使って、汚れないように大事に使うことです。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*