夏は涼しいブレスエアーは冬使うと寒い?

3Dファイバーコア
Pocket

ブレスエアーは冬使えない?

話題のエアウィーブに良く似た素材に、ブレスエアーがあります。

ブレスエアーは樹脂でできて細い繊維を三次元に絡ませることでできています。

90%が空気でできているといわれ、見た目にも空気の通り道がたくさんあることが分かります。

ブレスエアーはクッション性があり、体圧を分散してくれますし、通気性も抜群です。

そのため夏場は涼しくて快適なのですが、冬はスース―して寒いという人もいます。

やはりブレスエアーは、夏はともかく、冬使うのに向いていないのでしょうか。

通気性が良すぎる

ブレスエアーは確かに夏場は快適な寝心地です。

通気性が高いため、じめじめ蒸れることも少ないですし、ダニやカビが発生しにくくなっています。

さらに汚れても水洗いできますから、夏場の使用に向いている素材といえます。

ただブレスエアーは寝心地が若干硬いことと、少し動くだけでジョリジョリ音がすることを気にする人もいます。

そして、特に夏場は肌着1枚などで寝ることも多いでしょうが、薄着で寝ると素材のゴワゴワ感を感じやすいというのも欠点といえば欠点でしょう。

通気性が良いのは結構なのですが、その分熱が逃げてしまうため、冬場は寒いのです。

羽毛や羊毛などは繊維の構造上、暖かい空気をつかんで溜め込むことができますが、ブレスエアーは通り抜けてしまいます。

特にブレスエアーにカバーを付けただけの敷布団なんかだと、冬使うには保温力が心もとないでしょう。

ブレスエアーとウールが好相性

では電気毛布や湯たんぽなどを使って、布団の中を温めればよいと思われるかもしれません。

しかしブレスエアーは樹脂でできているため熱に弱く、電気毛布や湯たんぽなどを使うと、熱で変形する可能性があります。

特に使用を禁止されているわけではありませんが、エアウィーブ同様、ブレスエアーが熱に弱いのは間違いないと思います。

当然電気毛布や湯たんぽなどを使いながら寝ると思いますが、素材が高温になった状態で使用すると、ブレスエアーがへたりやすくなるので要注意です。

ですからブレスエアーを使って、冬も暖かく寝るには、羊毛(ウール)の敷きパッドや毛布などを併用して使うと良いでしょう。

ウールは吸放湿性に優れた素材ですし、ブレスエアーの通気性の良さを妨げる心配もありません。

また、ウールは保温力にも優れているため、ブレスエアーの保温力を高めることもできるのです。

ウール毛布

オーストラリア産メリノウール100%敷き毛布

ちなみに、ブレスエアーの上にウールの敷きパッドや毛布を敷いても良いですが、ブレスエアーと羊毛を組み合わせて作られた敷布団もあります。

羊毛は夏涼しく、冬は暖かいという特徴を持っているため、ブレスエアーを使用した羊毛布団は、夏しか使えない、冬しか使えないという心配もありません。

おすすめ羊毛布団

アモリール羊毛敷布団(ブレスエアー) 26,000円(税抜)~

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*