快眠の方法

Pocket

Pocket

マットレスの上に布団を敷くと快眠できない

フローリング ベッド
Pocket

マットレスの上に敷き布団を敷いてはいけない

人生の3分の1を占めるほど重要な睡眠、できることなら快適な時間にしたいですよね。

快適な時間にするには寝床の環境を整えることが非常に大切です。

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷き布団をフローリングや畳に直置きして寝ることでしょう。

中にはマットレスの上に敷き布団を敷いて寝る人もいるのではないでしょうか。

しかしマットレスの上に布団を敷いて寝ることはあまりおすすめできません。

続きを読む

Pocket

疲労回復に最適なパワーナップの効果

うつぶせ寝
Pocket

そもそもパワーナップとは

最近よく聞くパワーナップをご存じでしょうか。

パワーナップとは短時間の睡眠をとることによって、心身の疲労を回復する睡眠法のことをいいます。

一般的に人間の1日の睡眠時間は7,8時間ですが、パワーナップは非常に短い睡眠によって行われます。

仮眠や昼寝と混同する方もいますが、厳密には異なります。

仮眠や昼寝は具体的に何分、何時間寝るかという基準はありませんが、パワーナップには厳密な決まりがあります。

続きを読む

Pocket

眠くなる読書でまさかの不眠対策

読書
Pocket

本を読むと眠くなるのはなぜ?

昔から本は読んだ方がよいといわれます。

ある人は知識をつけるため、あるいは自己啓発のため、または単純に本が好きで本を読んでいる人もいるでしょう。

楽しんで読書できているならまだしも、本を読むことが苦痛であっては長続きしません。

また難しい本を読んでいると決まって眠くなるという人もいるのではないでしょうか。

読書をすると眠くなるからページが進まず、結局中身が頭に入ってこない、その結果本を読むことをやめてしまってはいませんか。

そもそも本を読むとなぜ眠くなってしまうのでしょうか。

続きを読む

Pocket

ウォーターベッドが快眠できない理由

快眠の女性
Pocket

寝心地は格別なウォーターベッド

数十年前に人気があったウォーターベッドをご存じでしょうか。

今ではそれほど表に出てきませんが、寝心地の良さは格別で今でも一部の人に根強い人気があります。

ウォーターベッドの良さはなんといっても寝心地がよいことで、体を包み込むようにフィットし、幸せな寝心地です

一度ウォーターベッドを経験すると他のベッドでは物足りないという人が多いのも事実です。

ですから寝心地だけを考えるのであれば、ウォーターベッドの右に出るものはいないかもしれません。

続きを読む

Pocket

布団を蹴飛ばす3つの理由

蹴飛ばす
Pocket

布団を蹴飛ばす原因は?

子供と一緒に寝ている親御さんはわかると思いますが、子供は寝相が悪くて寝返りのたびに布団を引っ張られたり、布団を蹴飛ばすことがあります。

夏場はともかく冬場の夜は冷え込むので、せっかく暖かくして寝たのに気付くと布団がはがされて寝冷えをしてしまった、風邪をひいてしまったという経験もあると思います。

 

また子供が風邪をひかないように、よかれと思って布団をかけたのにすぐに蹴飛ばしたり、はいでしまうということはよくあるでしょう。

それで夜中に何度も目を覚まして布団をかけてあげたりと、おちおち寝ていられません。

 

元気なのは結構ですが、それで風邪をひかれたら、子供も大人も大変ですね。

そもそもなぜ子供は布団を蹴飛ばしてしまうのか、実は子供だけでなく大人だって無意識に布団を蹴飛ばすことはあります。

今回は布団を蹴飛ばす原因を考えてみましょう。

続きを読む

Pocket

寝具の色が睡眠に及ぼす影響

寝室
Pocket

快眠できる色は青色

あなたが今使っている寝具の色は何色でしょうか。寝具の色が睡眠に影響を及ぼすことを知れば、寝具の選び方も変わってくるかもしれません。

色が人の心や体にいろんな影響を与えることはなんとなく知っているかもしれません。

特に睡眠に良い影響を与えるのは青色と言われています。

もちろん寝具が青色でも良いし、寝室のカーテンや壁の色が青色でもかまいません。

ある調査では寝室の色が青色の場合、平均睡眠時間が長くなったことがわかっていますし、目覚めもよく気持ちもリフレッシュしたような感覚を味わうことができたようです。

一方で寝室の色が紫色であった場合、平均睡眠時間が青色の場合と比べ、2時間近く短くなっただけでなく、起床時に疲労感を感じていたようです。

続きを読む

Pocket

夏の快眠にはひんやり感よりさらさら感

トリプルスカッシュ
Pocket

夏は湿度が80%を超える

夏に寝苦しい夜が続くのは言うまでもなく蒸し暑いからです。

温度も湿度も高い状況では不快指数が高く、まず寝付くことができません。

いざ眠りにつけたとしても、体温によって温度は上昇し、就寝後に発せられる汗によって湿度がさらに上がります。

快眠のために必要な温度は寝床内で33度、湿度55%と言われていますが、夏場の湿度は優に60,70%を超えるでしょう。

さらに就寝後1時間以内はもっとも汗をかくといわれ、湿度があっという間に80%を超えることもあり得ます。

こんな環境では不快指数も高く、到底眠りにつくことができませんね。

続きを読む

Pocket

快眠できる音楽の上手な聞き方

音楽を聴く女性
Pocket

快眠できる音楽とは

音楽が睡眠に良い影響を与えると聞いたことがありませんか。

もちろんどんな音楽でも良いわけではありません。

ヘビメタやロックを聴いても良く眠れる気がしませんね。

ただ中には聞くことでα波が脳内で分泌され、快眠に導いてくれる音楽が存在します。

α波が出ると体はリラックス状態になり、精神を落ち着かせる作用があるようです。

その結果自然と眠れるようになるわけですが、川のせせらぎやモーツァルトの音楽を聴くと気分が落ち着きますね。

これは脳内でα波が出ているためで、睡眠に良い音楽といわれています。

続きを読む

Pocket

快眠で美肌を手に入れる!睡眠の美容効果

快眠イメージ
Pocket

ゴールデンタイムは入眠時間で決まる

お肌のゴールデンタイムという言葉がありますが、美容にとってこのゴールデンタイムは無視できない時間帯です。

ゴールデンタイムとは具体的に何かといえば、成長ホルモンが分泌されて細胞の修復、再生が活発に行われる、いわばお肌が生まれ変わっている時間だと考えればよいでしょう。

これまではゴールデンタイムは夜の10時から夜中の2時までの4時間と考えられていましたが、近年信憑性が疑わしくなってきました。

最近ではゴールデンタイムは具体的な時間で決まっているのではなく、就寝する時間によって決まるというのが有力となってきています。

具体的には入眠後3時間から4時間の間で成長ホルモンの分泌量がピークを迎え、基本的にはこの時間をゴールデンタイムとしているようです。

ですから例えば夜12時に寝れば12時から4時の間がゴールデンタイムということになるわけです。

これまでゴールデンタイムが夜10時から夜中の2時といわれていたのは、10時から11時頃に寝る人が多かったことに起因しているのでしょう。

昨今では昼夜逆転の生活を送っている人や夜更かしをする人も増えたので、一概にゴールデンタイムは何時から何時とはいえないことになります。

ですからこの時間に必ず寝るというのではなく、入眠後3時間から4時間の間の睡眠の質をいかに高めるかが重要というわけです。

続きを読む

Pocket

寒くて起きれない朝にすっきり目覚める方法

眠そうな女性
Pocket

朝起きれない原因は体温にあった

冬になると寒くて、朝布団から中々起きれないという経験がありませんか。

これはあなただけでなくて、誰しも経験しうる生理的な現象なのです。

人間は入眠するとき、徐々に体温が下がることで眠りにつくことができます。

もちろん睡眠中は活動時よりも体温が低くなります。

そして時間の経過とともに、活動に向けて体温が少しずつ上昇し、目覚めに向かっていきます。

これが生理的なリズムなのですが、冬になると布団外部の気温も低いため、中々体温が上昇しません。

その結果、朝起きるべき時間になっても体温が上がらず、睡眠モードから活動モードに完全に移行できていないということになります。

冬に起きれない人が多いのは、こうした外部の気温と体温が関係して、覚醒が上手くいっていないのでしょう。

続きを読む

Pocket