いびき予防に効果的なマウスピースの真実

眠い 眠気 あくび
Pocket

マウスピースに効果なし!?

いびきの発生を抑えるために、マウスピースが効果的であると聞いたことがありませんか。

マウスピースとは、ボクサーなどが顔の怪我を防止するために、試合中に口に咥えて使用するものです。

このマウスピースを使用するだけで、いびきをかかなくなったという人がたくさんいるのも事実です。

しかしいびきの種類によって、マウスピースが効果を発揮することもあれば、全く効果がないこともあります。

あなたのいびきは、マウスピースによって改善するのでしょうか。

マウスピースは90%いびきを抑える

小さいいびきなら可愛いものですが、大きないびきは周りで寝ている人に迷惑をかけます。

それに、いびきをかいている本人にとっても睡眠の質を悪くしたり、心疾患や動脈硬化、自律神経失調症を誘発するなど、良いことではありません。

そこでいびきを治すために、マウスピースを装着して寝るという方法が考案されました。

手術をする必要もありませんし、気軽に試すことができ、90%の確率でいびきを抑える効果があるといわれています。

しかしいびきを治療するという目的の元作られていますので、どんなマウスピースでも良いというわけではありません。

ですから、歯医者さんに行って、自分専用のマウスピースを作ってもらうと良いでしょう。

マウスピースが効かないこともある

ただマウスピースを作ってもらうと、手術をするより安価といっても、安いものではありません。

一体型でも6万円以上しますし、分離型であると20万円近くすることもあります。

睡眠時無呼吸症候群などの病気の治療のためと判断されれば、保険も適用できるかもしれませんが、ただのいびきでは難しいでしょう。

それにマウスピースを付けたからといって、必ずしもいびきが改善するわけではないそうです。

というのも、マウスピースは上顎と下顎の位置を固定して、舌根が喉の奥に沈み込むのを防ぎ、気道を確保するために使用するものです。

また、口周りの筋肉が弱く、口を開けて寝る癖のある人が、自然と口を閉じて、口呼吸しないで眠れるよう、装着するものです。

ですからそもそも、いびきの原因が舌根の沈み込むや口呼吸でない場合に、マウスピースをしてもいびきは改善しないというわけです。

例えば鼻炎や肥満であったり、寝具が合っていないためにいびきが起きる場合、マウスピースではいびきは治らないかもしれません。

まずは耳鼻咽喉科などにいって、いびきの原因を突き止めてみると良いでしょう。

市販のマウスピースを試してみる

治るか分からない、あるいは治るとしてもそんなに多額のお金は出せないという人もいるでしょう。

そのような人は、まず市販のマウスピースを試してみるのも良いかもしれません。

人の骨格や歯並びは個人差があるので、必ずしもフィットするとは限りませんが、フィットしたならもうけものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

歯科技工士が開発した いびきくん
価格:2191円(税込、送料別) (2016/11/25時点)

 

ただフィットしない場合はいびきが治らないばかりか、逆に違和感を感じて、眠りの質が低下する恐れもあるので注意しなければなりません。

その場合はやはり、自分の顎や歯の形に合ったマウスピースを作ってもらうのが一番です。

 

なおマウスピースによるいびき治療は、誰でもできるというわけではありません。

例えばまだ成長期にある子供や、そもそもマウスピースをはめるための歯が必要本数(上下合わせて20本以上)ない人、入れ歯の人は、マウスピースによるいびき治療ができませんので、覚えておきましょう。

 

また鼻炎や鼻づまりが原因でいびきが起きているなら、マウスピースでは効果は期待できないでしょう。

その場合、鼻腔を広げるストレッチャーがおすすめです。

 

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*