タオルをごわごわにしないための方法

タオル
Pocket

タオルのごわごわを防ぐには

毎日手や顔を拭いたり、入浴後に体の水気を取るために、タオルを使っているでしょう。

ふわふわとしたタオルの肌触りが好きという人も多いでしょう。

しかしタオルは使っていくうちに、ふわふわ感が失われ、ごわごわして固くなってきませんか。

いつかはタオルに寿命が訪れるものの、なるべく長く良い状態でタオルを使いたいものです。

タオルを長くふわふわな状態に保ち、ごわごわにならないためには気を付けなければならないポイントがあります。

ここではタオルのごわごわを防ぐ、簡単にできる日々のお手入れについてご紹介したいと思います。

洗濯の仕方と干し方が原因

できれば肌触りの良いタオルを自分でも使いたいですし、家族にも使ってもらいたいです。

ふんわりと肌触りの柔らかいタオルだと、お風呂に入るのも楽しみになりますね。

タオルがごわごわになってしまう原因は多くの場合、洗濯の仕方と干し方にあります。

あなたはタオルを洗濯する場合、あるいは干す場合、どんなことに気を付けていますか。

洗剤がタオルに残らないように

まず気を付けなければいけないのは、タオルに洗剤が残らないようにすることです。

例えば水の量に比して洗剤の量が多すぎる、あるいはすすぎが足りない場合、洗剤がタオルに残ってしまうことがあります。

洗剤がタオルに残っていると、繊維が硬くなってごわごわの原因になります。

ですから洗剤は適量を入れ、洗剤が残らないようにしっかりすすぎを行うようにしましょう。

洗剤にもよりますが、すすぎが1回では足りない場合があります。

とはいえすすぎをやりすぎても、繊維が傷ついてごわごわになるので、気を付けなければなりません。

タオルの天日干しはNG

またタオルを干す場合、天日干しをしている人は多いでしょうが、これもNGです。

雑菌の繁殖を防ぐため、お日様の光に当てたいと思うでしょう。

しかし天日干しするとタオルが渇きすぎてしまい、繊維が硬くなってごわごわになるのです。

タオルをふわふわに保つためには、水分を少し残しておいた方が良いのです。

天日干しした方が、タオルの吸水力は多少上がるのですが、肌触りは悪くなります。

ですからタオルは風通しの良い場所に、日陰干しするようにすると、タオルの寿命も長くなります。

どうしても天日干ししたい場合は時間を短くし、完全に乾く前に取り込み、そのあとは日陰干しするようにしましょう。

柔軟剤はなるべく使わないように

タオルに柔軟剤を使うとふんわりしてニオイも良くなると思っていませんか。

確かにタオルに柔軟剤を使うと、感触が柔らかくなって肌触りは良くなる気がします。

しかし柔軟剤を多用すると、パイルが抜けたり、繊維を壊す原因になったりします。

その結果タオルがごわごわになったり、吸水力が低下してしまうのです。

ことタオルが硬くなってしまった場合、柔軟剤を使うことで柔らかさは多少戻ります。

しかしタオル自体の寿命を縮めることにもなりかねないため、多用しない方が良いのです。

 

このように、洗濯の仕方や干し方に少し気を付けるだけで、タオルのごわごわを防ぐことができます。

ふわふわタオルの方が使っていても、気持ちが良いですね。

ふわふわが長持ちする上質タオル

一般的なタオルは、どうしても洗濯の度にふわふわ感が失われてしまいます。

タオルブランドとして有名な今治のタオルは、今治基準をクリアした上質なタオルです。

ふんわりと柔らかい肌触りもさることながら、高い吸水性、そして洗濯しても低下しない風合いが魅力です。

今治タオルだけではありませんが、上質なタオルはやはり違います。

タオルなどどれも一緒と思っていたら、非常に勿体ないものです。

一度は上質なタオルを使って、その魅力を体感してみるのも良いでしょう。

今治タオルオリム

>>ギフトにもおすすめの上質タオルはこちら

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*