低反発でも高反発でもないラテックスマットレスの特徴

マットレス
Pocket

正反発マットレスラテックス

昨今注目を浴びているラテックスというマットレスをご存じでしょうか。

ラテックスはウレタンでもスプリングコイルでもなく、新しい素材のマットレスです。

原料は天然ゴムの樹脂ですが、低反発でも高反発でもない、正反発のマットレスです。

といってもすべてのラテックスマットレスが正反発というわけではありません。

せっかく選ぶなら、正反発のラテックスマットレスを選びましょう。

正反発で理想の寝姿勢に

そもそも正反発とはどういう特徴を持っているのでしょう。

正反発とは、重さに応じて反発する力が変わり、加えられた圧力と同等の力で押し返すという特徴を持っています。

低反発と高反発は、反発力が違うわけですが、押し返す力は一定です。

そのため、自分の体格や体重に合った反発力のマットレスを選ぶ必要があります。

しかしながらラテックスマットレスは体格や体重に合わせ、反発力を自在に変えることができるわけです。

また体の重い部分と軽い部分の圧力に合わせて体が沈み込みます。

ですから姿勢を崩さず、理想の寝姿勢を作り出して寝ることができるのです。

おすすめのラテックスマットレス

ちなみにラテックスのマットレスはヨーロッパ生まれですが、ヨーロッパの高級ホテルの多くがこのラテックスマットレスを導入しているようです。

日本で人気が出ていますが、ヨーロッパを始めとして世界的にも有名なマットレスなのです。

一般的にラテックスの含有量が80%を超えていれば、ラテックスマットレスと謳うことができます。

しかしせっかく買うなら、ラテックスを100%原料にしたマットレスを選ぶ方が、ラテックスの特性を存分に発揮してくれるはずです。

ラテックスを100%原料にしたマットレスは、10万円以上するものが多いです。

その中で、正反発の特性を持った、Body doctorのラテックスマットレスは10万円以内で購入することができます。

10年保証も付いているので、万が一へたっても安心です。

レギュラータイプは厚さ約11cmの標準タイプですが、Body docterの中でも一番売れているようです。

 

ラテックスマットレスはこんな人におすすめ

ラテックスマットレスは何より、体にかかる圧力を均等に分散する体圧分散性に優れたマットレスです。

ですから睡眠時に圧力のかかりやすい、肩や腰に痛みを抱えている人におすすめしたいマットレスです。

高反発マットレスでは寝返りが増えて熟睡できない人という人もいるでしょう。

寝返りが多いということは、寝心地が悪いということを意味し、結果睡眠の質が低下するのです。

適度な寝返りは推奨されるべきですが、多すぎる寝返りは睡眠中に目を覚ます原因になります。

そのような場合、低反発マットレスを選ぶ人もいるでしょうが、一般的な低反発マットレスでは肩や腰が沈み込みすぎることがあります。

さらに一般的な低反発マットレスは逆に寝返りの回数が減り、レム睡眠とノンレム睡眠といった睡眠リズムが崩れる可能性があります。

ですから、体を包みこむような寝心地で、なおかつ正反発で理想の寝姿勢を保つ、ラテックスのマットレスが合うのではないでしょうか。

ラテックスマットレスは耐久性も高い

なお耐久性が高いのもラテックスマットレスの特徴です。

数年あるいは10年以上使っても、変形したりへたることは一般的にはないようです。

ただメーカーによって製造方法が異なり、耐久性の低いマットレスもあるので注意しなければなりません。

ラテックスは樹脂を丁寧に濾過して不純物を取り除き、発泡剤を撹拌させて、発泡させています。

しかし濾過や発泡作業が不十分であれば、当然耐久性にも問題が出てきます。

ですからラテックスマットレスを購入する場合は、信頼できるメーカーのマットレスにした方が良いでしょう。

また日光に当てれば劣化も早まりますし、洗濯もできませんので、お取扱いには注意してください。

ダニやカビが発生しにくい

なおラテックスマットレスは天然ゴムの樹液からできており、天然の抗菌効果があるといわれています。

生体防御反応ともいいますが、天然の抗菌効果によって、カビが発生しにくく、ダニを寄せ付きにくいのです。

大腸菌や黄色ブドウ球菌といった雑菌を24時間以内に殺菌することもできます。

さらに人体にも悪影響がないため、安心して使用することができます。

清潔さを保ちやすいため、アレルギー性喘息や鼻炎、アトピーなどのアレルギー疾患が心配な方にはおすすめです。

しかも天然のラテックスは1立方センチあたり数十万個の穴が開いており、多孔構造ですので通気性が良いのです。

ただし普段のお手入れは必要、壁に立て掛けるなどして、陰干しをしないと、カビやダニが発生することはあるので注意してください。

ラテックスマットレスの口コミ

実際のところラテックスマットレスの寝心地はどうか、熟睡できるのか、腰痛や肩こりには良いか気になるところです。

その場合実際に使った人の口コミは非常に参考になります。

9年半使用してもへたりなく十分使用できますが、保証期間が過ぎてしまうので思い切っての更新です。

畳の上に直に敷いて使用していますが、底付き感もなく、寝心地はとてもいいです。

家族は腰痛持ちで私もありますが、硬すぎず柔らか過ぎず使い始めて1週間今のところいい感じです。

低反発のような包まれる感は無いので、夏場暑く感じることは無く、快適に寝られています。

1週間使用していて睡眠時の腰痛はほぼなくなりました。

フワッというよりプリンプリンという感覚が気持ちいい、これが10年続くと思うと嬉しい!

こちらの口コミは楽天に実際に書かれていたレビューを抜粋したものです。

こちらを確認すると、寝心地もよく、9年半使ってもへたっていない、夏場でも快適に眠れていることが分かります。

また柔らかい素材でありながら、低反発ほどの包まれ感はないようです。

腰痛に関していえば、ラテックスマットレスを使って、腰痛がほぼなくなったという人もいるようです。

肩こりに関する口コミは見つけられませんでしたが、この分であれば肩こりにも良さそうな気がしてきます。

もちろんラテックスマットレスはどんな人にも合うマットレスとはいえません。

ウレタン系のマットレスや、ブレスエアーのような素材のマットレスが体に合うという人もいるでしょう。

ただラテックスのマットレスを気に入っている人は確実にいるということはわかると思います。

後はあまりに安いラテックスマットレスでは、品質の悪いものも多いようですので、気を付けてください。

Body doctorシリーズ

個人的にはラテックスのマットレスを購入するのであれば、Body doctorシリーズをおすすめします。

どれを買えば良いか迷ったら、スタンダードなレギュラータイプにすると良いでしょう。

なお、レギュラータイプより少し薄めのFUTON5というシリーズもあります。

レギュラータイプより少し安いので、少し値段を抑えたいという人におすすめです。

厚さは8cmですが、フローリングや畳でそのまま使っても底付き感はありませんし、軽量なので取扱いしやすいです。

 

またすでに敷布団やマットレスを持っていて、その上に敷いて使いたいという人もいるでしょう。

その場合、トッパ―タイプのドクターパッドというシリーズもあります。

今使っている布団やマットレスを処分しなくても良いし、値段も抑えられているので経済的です。

 

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*