冷感敷きパッドの選び方とおすすめ商品ランキング

夏バテ
Pocket

冷感敷きパッドの選び方とおすすめ商品ランキング

夏の寝苦しい夜を少しでも涼しく眠りたいというあなた、冷感敷きパッドを使ったことがありますか。

熱伝導性の高い素材を使った敷きパッドや冷感ジェルを詰めたジェルマット、調温素材を使って温度を維持する敷きパッドなどがあります。

 

接触冷感度を示したQ-maxがありますが、数値だけでは測れないものがあるのも事実です。

Q-maxの数値が高い冷感敷きパッドを使っているのに、全然冷たくない、寝苦しいということも往々にしてあります。

 

ひんやり感が少しでも長く続くものや蒸れ感のない敷きパッドを選びたいものですね。

冷感敷きパッドの選び方やおすすめ商品を紹介していきますので、是非参考にして快適な夏の眠りを手に入れましょう。

冷感敷きパッドの選び方

冷感敷きパッドを選ぶとき、冷たさを示すQ-maxを参考にしてはいませんか。

もちろんQ-maxが高いのは悪いことではありませんが、大事なことはひんやり感がどれだけ持続するかということです。

 

ではひんやり感を持続させるのに何が大事かといえば、通気性や吸湿性があることです。

素材そのものの特性であったり、構造によって通気性が吸湿性を持たせることができます。

 

通気性や吸湿性の良い素材といえばやはり天然繊維、綿やリネンがこれに該当します。

綿は触れた瞬間のひんやり感はそれほどありません。

 

しかしながら吸湿性に優れているため、熱がこもりにくく、汗や湿気を吸って、暑さをやわらげる効果が期待できます。

肌当たりもソフトで柔らかいので、寝具としては優れた素材といえるでしょう。

 

またリネンは接触冷感性があり、通気性が高く、吸湿性や放湿性が高いので、天然素材の中ではもっとも涼しさを感じやすい素材です。

触れた瞬間のひんやり感もありますし、通気性が高いため熱がこもりにくく、速乾性もあるので、蒸れ感がとにかくありません。

 

綿に比べると若干硬さを感じますが、さらっとしていてべたつきにくいため、夏の寝具の素材としてはこちらも優秀です。

安い冷感敷きパッドに多く使われているポリエステル、ひんやり感もあり、速乾性や耐久性が高いです。

 

洗濯耐性もあるので、そういった面では夏用寝具に向いている素材といえます。

しかし吸湿性はほとんどないため、肌にべたつきやすい、肌触りも硬くてざらざらしています。

 

おすすめ冷感敷きパッドランキング

冷感敷きパッドを選ぶ際、Q-maxに関していえば高いに越したことはありません。

しかしQ-maxが高いからといって快適に眠れるというわけではありませんので、注意しましょう。

 

Q-maxに関していえば、0.2以上あれば十分、通気性や構造に特徴を持たせ、ひんやり感が持続するような工夫がなされた敷きパッドを選ぶと良いでしょう。

接触冷感度だけでなく、快適さ、価格など総合的に判断した、おすすめの冷感敷きパッドをご紹介します。

 

第1位 アイスマックス®COOL 冷感敷きパッド

冷感敷きパッド

価格 9,990円~
サイズ シングル、セミダブル、ダブル、クイーン
Q-max 0.47
素材

(表地)ポリエチレン50%(東洋紡イザナス®)、レーヨン35%、ポリエステル15%

(裏地)ポリエステル100%

Q-maxも高く、ひんやり感も長く続いて、肌にべとつかない、蒸れ感が少ないなど、総合的に快適度の高い冷感敷きパッドです。

日本の特許技術で生まれた、熱伝導性の高いイザナスという超高分子量ポリエチレンを使っています。

 

麻や綿、ポリエステルと比較して約2倍の冷たさを実感できるでしょう。

裏地はメッシュ生地になっており、通気性も高く、熱を素早く放出して寝返りのたびにひんやり感を味わうことができます。

 

また吸湿性の高く、肌触りの柔らかいレーヨンはひんやり感もあり、寝心地も快適で朝までぐっすりです。

超軽量で嵩張らないので、収納や洗濯もしやすいです。

 

サイズ展開も拡大し、シングルからクイーンサイズまで展開されています。

ご使用の敷布団やベッドに合うサイズも見つかると思います。

 

第2位 アイスデラックス® 冷感敷きパッド

アイスデラックス

価格 19,980円~
サイズ シングル、セミダブル、ダブル
Q-max 0.23
素材 表地:(パイル)ポリエチレン50%、レーヨン50%(グランド)ポリエステル100%
裏地:ポリエステル65%、綿35%
詰めもの:ポリエステル100%

肌に触れる接触面積が多くすることでひんやり感を増した、パイル冷感敷きパッドです。

接触冷感性の高いポリエチレンと、吸湿性に優れたレーヨンを組み合わせています。

 

パイル状にすることで、冷感の持続性と吸湿力をアップしています。

一般的な冷感敷きパッドに比べて、冷たさが約3倍続きますし、接触面積が多いのに蒸れ感がありません。

 

パイル地にすることで肌触りもソフトになっているので、寝心地も良いですね。

Q-maxは0.23と低めですが、0.4以上ある冷感敷きパッドより冷たく感じるのが不思議です。

 

快適度は高いのですが、お値段が高めなので、第2位となっています。

 

第3位 アウトラスト100%冷感敷きパッド

価格 10,584円~
サイズ

シングル、セミダブル、ダブル

Q-max
素材 表生地:綿100%
裏生地:ポリエステル65%・綿35%
中わた:ポリエステル100%
中材:アウトラスト(R)不織布シート

NASAで開発された調温素材アウトラストを100%使った冷感敷きパッドです。

アウトラストをシート状にして中材に使用しており、体表温度を32℃前後で保つことができます。

 

ひんやり感があるというより、快適な温度をキープするという特性があります。

抗菌防臭加工、防ダニ加工がされていますし、洗濯機で丸洗いも可能なので、衛生的に保つことができます。

 

第4位 アイスストーム 冷感敷きパッド

アイスストーム

価格 4,320円~
サイズ シングル、セミダブル、ダブル
Q-max 0.356
素材

(表地)綿55%、ナイロン45%(裏地)ポリエステル100%

(詰め物)ポリエステル100%

高いひんやり感はありませんが、吸湿性の高い綿を使っており、肌当たりの気持ちいい冷感敷きパッドです。

触れた瞬間もひんやり感もありますが、さらさらふんわりしていて、爽やかな寝心地が続きます。

 

デニム風の生地もおしゃれで、お部屋のインテリアにも自然と馴染みます。

丈夫なので洗濯機で丸洗いもできますし、汗をたくさん吸う夏の寝具でも衛生的に保つことができます。

 

寝汗を吸うことでさらさら感が続くのは天然繊維ならではの特性です。

べたつき感や不快感を軽減することで夏の蒸し暑さを和らげてくれるでしょう。

 

価格も安くお求めやすいので、これまで冷感敷きパッドを買ったことがないという人にもおすすめです。

 

第5位 アイスワークス 冷感敷きパッド

アイスワークス

価格 7,992円~
サイズ シングル、セミダブル、ダブル
Q-max 0.401
素材 (表地)ポリエチレン53%、綿47%
(裏地)ポリエステル100%

冷感度の高いポリエチレンを使った、中空型エアー構造の冷感敷きパッドです。

Q-maxは0.4以上あるポリエチレンを使用し、通気性の良い構造にすることでひんやり感が持続するよう工夫しています。

 

通気性が良いことで熱をこもらせにくいため、接触冷感効果との相乗効果で夏の寝苦しさを軽減してくれます。

エアコンを高めの温度に設定しても、冷えすぎることなく、十分快適に眠ることができるでしょう。

 

夏だけでなく湿度の高い梅雨時期など、じめじめした夜も湿気を溜めこみにくいため、春先から秋まで快適な寝心地をサポートします。

裏地もメッシュ生地なので通気性が高く、四隅ゴムバンド付きで、ずれる心配もありません。

 

5色あるのでお好みのカラーをチョイスできます。

通気性が高く速乾性もあるので、汗をたくさんかいても、洗濯しても、その日のうちにすぐに乾いてくれます。

 

敷きパッドだけでなくひんやりする枕もあります。

合わせて使えば、頭寒足熱で快眠しやすくなるでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*