価格を抑えるならエアウィーブの類似品もあり

3Dファイバーコア
Pocket

エアウィーブは高い?

最近人気のエアウィーブ、浅田真央さんや錦織圭さんを起用して、知名度はかなり高いです。

エアウィーブは決して寝心地は悪くありませんし、通気性も良く、お手入れがしやすいなど、メリットはたくさんあります。

しかし中にはエアウィーブは高いと思って、買い控えしている人もいるのではないでしょうか。

やはり、普通の敷布団やマットレスよりよっぽど高いです。

ですから、エアウィーブを高いと感じている人は、類似品を使ってみるのもありだと思います。

エアウィーブを買うメリット

もちろん、エアウィーブより寝心地の良い布団やマットレスは存在します。

寝心地だけを求めるなら、シモンズやシーリーといった、高級マットレスの方がよっぽど寝心地は良いでしょう。

これらのマットレスを使えば、わざわざエアウィーブを使う必要はないと思います。

とはいえ高級マットレスは20万も30万もしますから、そんなに簡単に変える金額ではありませんね。

それなら10万前後で買える、エアウィーブを買ってみるのもありだと思います。

それにエアウィーブは体圧分散性があり、寝心地がアップしますが、目的はそれだけではありません。

通気性が良く、簡単に水洗いできるというお手入れのしやすさも魅力の一つです。

ほとんどは空気でできているため、夏は涼しく、冬は暖かいという、マットレスにないメリットも忘れてはなりません。

エアウィーブの類似品とは

しかしエアウィーブではありませんが、似たような敷きパッドや布団もあります。

エアウィーブが高くて手が届かないという人は、類似品を使ってみてはいかがでしょうか。

類似品とはいえ、エアウィーブに近い機能を持った、優れた敷きパッドや布団もあるのです。

エアウィーブといえば、ポリエチレンの樹脂を3次元に絡めた素材で、弾力性に優れ、高反発です。

さらに、ほとんどが空気で構成されているため、通気性が良く、樹脂であるため水洗いも可能であるという特徴があります。

肩や腰など体の中でも重い部分が沈み込まず、体をしっかり支えてくれる寝心地といったところでしょうか。

これらの特徴を踏襲しているのが、エアウィーブの類似品です。

ブレスエアーの評判について

エアウィーブの類似品として、有名どころとしてはブレスエアーがあります。

かといって決してエアウィーブをパクッたわけではなく、昔からある東洋紡という大企業の素材です。

このブレスエアーを中芯に使って、敷布団やマットレス、敷きパッドを開発しているわけです。

樹脂のゴム弾性と3次元スプリング構造により、高弾発で体圧を分散してくれるため、寝心地は良いです。

さらに優れた通気性があり、水洗い可能など、エアウィーブと似た機能や特徴を持っているわけです。

しかしエアウィーブに劣る点もあり、ブレスエアーは寝たときに音が少しうるさいという欠点があります。

寝心地はエアウィーブと多少異なりますが、どちらが良いわけではなく好き好きだと思います。

総合的に考えても、値段を考えれば十分ありかなと思います。

西川リビングのAERO G+

エアロG敷きパッド

ブレスエアーではありませんが、西川リビングのAERO(エアロ)G+もエアウィーブに似た性能を持った敷きパッドです。

ポリエチレン系の特殊樹脂を絡めるように立体形成した、3Dファイバーコアという素材を使っています。

薄めなので、お使いの敷布団やマットレスの上に敷いて使うタイプです。

生地もハニカム素材を使っているため、通気性が抜群に良く、蒸れにくく爽やかに使えるでしょう。

エアウィーブの代わりになるとは思いませんが、コスパ重視なら十分な性能です。

どうしてもエアウィーブが良いという人は、もちろんエアウィーブを使っても良いと思います。

しかし類似品だからといって悪い商品ではない、ということを覚えておいてほしいのです。

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*