敷布団を洗濯しない方が良い理由

布団洗濯
Pocket

敷布団はそもそも洗濯できる?

掛け布団は洗濯しているけど、敷布団は洗濯していないと思っていませんか。

敷布団は一年中同じものを使い、お手入れといえば布団を上げ下げしたり、天気の良い日にベランダに干す程度でしょう。

確かに敷布団は洗濯しても良いのか、という問題は悩ましいところです。

結論からいえば、洗濯できないわけではありませんが、洗濯しない方が良いといえそうです。

敷布団を洗濯するデメリット

いくら敷布団を日光に当てて湿気を飛ばし、殺菌しても、側地や中綿がきれいになっているかはわかりません。

側地を取り外せる敷布団もありますが、多くの敷布団は縫製されていて中を見ることができません。

ですから、もしかしたら中綿が汚れていたり、色が変わっていたり、カビが生えている可能性もあるでしょう。

一部では洗えるタイプの敷布団もあるようですが、基本的に敷布団は洗うことができません。

なぜか、そもそも大きすぎて敷布団が洗濯機に入りませんから、洗濯機で洗うことは不可能です。

ではお風呂場の風呂桶で洗うのはどうかといえば、理論的には可能です。

確かに、風呂桶にお水をためて、洗剤を入れて敷布団をジャブジャブ洗うことはできるでしょう。

しかしながら敷布団は洗濯できないというより、しない方が良いといった方が適切かもしれません。

なぜなら敷布団を水洗いしてしまうと、以下のようなデメリットが考えられるからです。

  • 中綿が偏る
  • 芯材がへたる

敷布団に使われている中綿は、ポリエステル、木綿、ウールなどがメインでしょう。

木綿は昔は良く使われていましたが、乾きにくいので、最近はあまり見かけられません。

昨今は、ポリエステルやウールを中綿に使った敷布団が多いのではないでしょうか。

特にポリエステルは水にも強く、シリコンコーティングされているポリエステルを中綿に使った敷布団などは、洗濯可能な敷布団も存在します。

しかしながらいくら中綿自体が水洗いに耐えうる素材だとしても、中綿の偏りを防ぐことは難しいでしょう。

中綿が偏ってしまうと、表面が凸凹になって寝心地が悪くなりますし、場所によって底付きしてしまうかもしれません。

また木綿を使った敷布団は乾きにくいので、水洗いしてしまうと雑菌が繁殖したり、ニオイが発生する原因にもなります。

ウールを中綿に使った敷布団などは、水に濡れると繊維同士が絡まったり、フェルト化して弾力性が無くなる恐れもあります。

それから敷布団の芯材によく使われている固綿は、水洗いしてしまうとへたりやすいという欠点があります。

固綿がへたってしまえば当然体をしっかり支えることができなくなりますので、いわゆる煎餅布団状態になってしまいます。

またウレタンを芯材に使っている敷布団もありますが、そもそもウレタンは水洗いすることができません。

このような理由から、敷布団は洗濯しない方が良いといえるわけです。

洗える敷布団ブレスエアー

なお洗える敷布団としてブレスエアーという素材を使った敷布団が注目されています。

側地と芯材を完全に切り離すことができ、側地は洗濯機で洗い、芯材に使われているブレスエアーはシャワーなどで水洗いすることができるという優れものです。

 

ブレスエアーは90%以上が空気でできている樹脂繊維で、水に非常に強いという特徴を持っています。

そのため水洗いしても芯材がへたるということはまず考えられませんし、敷布団も洗濯したいという人にはおすすめの敷布団です。

ただ側地を洗濯した際に、多少中綿が偏るということは十分考えられます。

その場合、なるべくキルトが細かいものを選べば中綿が偏りにくくなるかもしれません。

しかしながら絶対に偏らないということはないと思いますので、理解した上で購入するようにしましょう。

またブレスエアー敷布団は確かにへたりにくく、支持力がありますが、寝心地が悪い、音がうるさいと感じる人もいるようです。

正直、敷布団を洗いたいという気持ちもわかりますが、ポリエステルやウールを使った敷布団は定期的に日干しするだけで、十分衛生的に保つことは可能です。

というのも、昔の木綿わたに比べ、ウールやポリエステルは非常に乾きやすい繊維なので、ダニや細菌が繁殖しにくいからです。

洗える敷布団を買っても、洗うのは手間ですし、実際に洗っている人も少ないのではないでしょうか。

個人的には敷布団は洗うものではないと考えていますし、布団の上げ下げや天日干しなど、普段のお手入れで十分衛生的に保てる敷布団こそ、優秀な敷布団ではないかと思います。

そういうコンセプトで作られた敷布団がアモリールという羊毛敷布団です。

湿気が溜まりにくくさらさら、軽量で持ち運びがしやすいので、お手入れが楽という特徴を持っています。

おすすめ羊毛布団

さらさら羊毛敷布団アモリール 16,000円~

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*