電気毛布は電磁波が心配で使えない!?

体が痛い
Pocket

電気毛布ならすぐにぽかぽか

凍えるような冬の夜、布団に入った瞬間ひやっとすることがありますね。

布団が温まるまで時間がかかるため、中々体が暖まらなくて寝付けないという人は多いと思います。

特に冷え性の人は自分の体温で布団が暖まるのに時間がかかります。

布団に入ってすぐに暖かくなってくれればありがたいですね。

そんなときに活躍するのが電気毛布、普通の布団では寒くて眠れないという人には重宝します。

電気毛布の人体への影響とは

電気毛布を使ったことがある人はお分かりでしょう。

布団に入ってひやっとすることもなく、すぐにぽかぽか体が暖まり、眠気が襲ってきます。

特に冷え性の人に人気の電気毛布ですが、人体への影響を気にする人もいるでしょう。

例えば電磁波、電磁波が体に与える影響については、ご存じの人も多いと思います。

電磁波をたくさん浴びると細胞が癌化したり、脳腫瘍ができる、頭痛が起きるなどと聞きますから、恐ろしいですね。

しかし実は電磁波は、家電や携帯電話、エアコン、パソコンなど、ありとあらゆる日用品から発せられています。

現代においては避けて通れないものですが、なるべく電磁波を浴びたくないと考えるのは当然ですね。

こういった電磁波を発生させるものからは、ある程度体を遠ざければ電磁波の影響を受けないといわれています。

しかしながら、電気毛布などは体に常に密着していますから、電磁波の影響をもろに受けるのではと心配になってしまいますね。

それに毎日何時間も睡眠は必要なわけですから、そんなに長い時間電磁波を浴びているとすれば、影響も深刻です。

おすすめ電気毛布

もし本当に電気毛布が電磁波を発生し続けているとあれば、確かに心配です。

しかしながら、最近はこういった電磁波をカットする機能を持った電気毛布も登場しているようです。

特に寝ている間は起きているときよりも、電磁波の影響を受けやすいといわれています。

ですから、このような電磁波の発生しない電気毛布であれば、安心して眠ることができます。

また電気毛布にとって、タイマー機能も付いておいてほしい機能の一つです。

最近の電気毛布は電気代もそれほどかからないといわれていますが、健康や快眠のためにも付けっ放しは良くありません。

電気毛布を一晩中つけていると体から水分が奪われすぎて危険ですし、低温やけどの心配もあります。

それに寝ている間の体温調節がうまくいかないので、質の高い睡眠がとれているかは疑問の残るところです。

ですから眠りに入ってある程度時間が経ったら、自然にスイッチが切れるようにしておき、体温調節が正常に働くようにします。

そうすれば質の高い睡眠を得られやすくなりますし、翌朝の目覚めもすっきり、身体の不調を訴えることもなくなるのではないでしょうか。

また最近は洗えるタイプの電気毛布も登場しており、衛生面にも配慮がなされているものが増えてきています。

天然素材が体に良いとはいっても、電気毛布がなければ寒くて眠れないという人も中にはいるでしょう。

電気毛布のデメリットを考慮に入れ、上手に電気毛布と付き合って、凍えるような真冬の夜を乗り越えていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*