夏も毛布を使いたいなら綿毛布がおすすめ

毛布
Pocket

夏も使える綿毛布

毛布といえば、冬に使うものというイメージが強いですよね。

でも毛布が好きで一年中使いたいと考えている人もいるでしょう。

 

他の寝具にはないふんわり感と暖かさが毛布にはあります。

夏も使える毛布があればいいのにと考えていませんか。

 

もし夏も毛布を使いたいのであれば、やはり綿毛布がおすすめです。

お肌にやさしい綿に包まれて、夏の睡眠を快適にしましょう。

毛布を使えるのは冬だけではない

毛布に包まれると、暖かいだけでなく、なんとなく安心しますよね。

あの安心感の秘密は、そのふわふわの肌触りにあるのではないでしょうか。

 

そんな毛布に包まれると、心も体もリラックスして癒される気持ちになります。

ストレス社会の現代にあって、身体だけでなく心も癒してくれる寝具って有難いですね。

 

ただどうしても保温力の高い毛布は冬に使うことが多く、それ以外の季節は押入れにしまいっぱなしだと思います。

でも冬だけでなく、夏も使える毛布というのもあります。

ちょっと肌寒い日やエアコンを付けた寝室ではタオルケットでは物足りないというときに活躍します。

 

綿毛布が夏も使える理由

では夏も使える毛布はどんな毛布かというと、毛足の短い綿毛布ということになります。

まず毛布がなぜ暖かいかというと、その秘密は毛足の長さにあります。

 

長い毛足の間に温かい空気を溜め込むため、毛布に包まれると暖かいと感じることができるのです。

ということは逆に、毛足が短いほど保温力も落ちていくということになります。

 

ですから毛足の短い毛布であれば、保温力がそれほど高くないので、夏でも使えるというわけです。

また綿毛布は、ウールやシルクといった、他の素材を使った毛布に比べ、保温力もそれほど高くありません。

 

ポリエステルやアクリルなどの合成繊維に比べ、通気性や吸湿性も高く、汗を吸ってくれるので、夏に使いやすい素材なのです。

綿毛布は肌触りも柔らかく、ご家庭でも洗濯できるなど、取扱いしやすいのもメリットでしょう。

 

ただ放湿性がウールやシルクに比べると低く、汗をたくさん吸ってしまうと湿気が増えて、保温性が落ちるというのはデメリットかもしれません。

それでも夏場に使うには十分な保温力ですし、冬場でも羽毛布団などと一緒に使えば、十分な暖かさです。

 

綿毛布

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*