夏の寝苦しいを軽減するパジャマの選び方

眠そうな女性
Pocket

夏のパジャマの選び方

ジメジメ蒸し暑い夏、暑苦しくて寝付きが悪いという人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、寝具を清涼感のあるものや通気性の良いものに変えることで、少しでも暑苦しさを軽減することが大切です。

 

しかしながら寝具だけでなく、パジャマも見直すことも、夏の快眠を手に入れる上では忘れてはなりません。

あなたはどんな基準で夏用パジャマを選んでいるでしょうか。

 

まさか冬と同じパジャマで寝ているという人はいないと思いますが、夏のパジャマの選び方について考えてみたいと思います。

パジャマは着た方が良い?

ジメジメ蒸し暑い夏の眠りを快適にするにはどうすればよいでしょうか。

いくら眠れないからといって、睡眠が足りない状態が続けば、疲れがたまって日中の活動にも影響が出てきます。

 

また、自律神経が乱れて精神状態が悪くなったり、代謝が低下して激太りなんてことにもなりかねません。

夏は半袖のシャツとジャージなどの半ズボンを着るという人って結構多いのではないでしょうか。

 

中にはパジャマを着ない、裸で寝るという人もいると思います。

そもそも暑いんだからパジャマを着ない方が良いのでは、と思う人もいるかもしれません。

 

暑くて肌の露出を増やしたくなる気持ちもわかりますが、肌の露出が多すぎると寝冷えする可能性があります。

また、かいた汗をパジャマが吸ってくれるわけではないので、体温調節がうまくいかずに睡眠の質が低下する恐れがあるのです。

ですから夏もパジャマを着る、できれば薄手の通気性の良い、長袖のパジャマを着ることをおすすめします。

 

エアコン(クーラー)はつけた方が良い?

クーラーを付ければ簡単に部屋も涼しくなるので、クーラーを付ければ良いという人もいるでしょう。

確かにクーラーをつけて寝るというのも一つの方法です。

 

脱水症状にならないためにも、クーラーをつけた方が良いと考える専門家もいるぐらいです。

ただクーラーをつけると心配なのが寝冷えです。

 

クーラーをつけるときは設定温度に注意しなければなりません。

寝るときは多少汗をかいて体温調節した方が良いので、ちょっと暑いかなと思うぐらいの室温にしておいた方が良いでしょう。

電気代は多少かかりますが、クーラーをつけて寝れば、暑くて眠れないという弊害はなくなります。

 

夏のパジャマは天然素材

しかし夏は気温だけでなく湿度も高いので、寝汗をかいてパジャマや布団がびっしょりということもあるでしょう。

汗をかくのは良いことですが、身体から放出された汗をパジャマや布団がちゃんと吸ってくれないと、寝ていても気持ちが悪いですね。

 

その不快さが快適な眠りを妨げてしまいますし、汗が冷えて寝冷えしてしまうということにもなりかねません。

ですから夏のパジャマはやはり水分をしっかり吸ってくれる素材でできていることが大事になってきます。

 

吸水性や吸湿性の高い素材は何かといえば、やはり天然素材ということになります。

昨今は化学繊維が主流になってきており、ポリエステル製のパジャマを多く見受けられます。

 

しかしながら、夏のパジャマの素材として最適なのは、やはり綿(コットン)や麻、シルクなどの天然素材ではないでしょうか。

また湿気をためないために、通気性の良さも夏のパジャマを選ぶ際の大事なポイントになります。

 

中でもガーゼ生地のパジャマなどは通気性が抜群ですので、夏用パジャマとしては最適です。

特に麻などは素材自体が通気性が高いですし、触れたときひんやりする涼感素材でもあります。

 

麻素材を使ったガーゼ生地のパジャマなどは、長袖、長丈のパジャマを着ても十分な清涼感を感じられます。

ただ麻やシルクは高価な素材ですし、やはり麻やシルクのパジャマは値段が高いので手が届きにくいです。

 

もちろん綿(コットン)であっても、生地や織り方にもよりますが、薄手のパジャマであれば、通気性は十分高いでしょう。

吸水性や吸湿性も高いので寝汗もしっかり吸ってくれますので、夏用パジャマとしても十分通用します。

 

夏用パジャマ

>>夏の快適スース―パジャマはこちら

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*