寝るときに使えるおすすめ腹巻きと効果

腹巻き
Pocket

腹巻きを巻いてぽかぽか快眠

女性は男性よりも筋肉量が少なく、身体のつくりからも体が冷えやすいといわれています。

寝るときも体が冷えてなかなか寝付けないという、冷えによって睡眠を阻害されている人も多いのではないでしょうか。

冷えを改善するには運動をして筋肉を付けたり、食事内容を見直して代謝を上げることが大切ですが、時間がかかりますね。

今すぐこの冷えをなんとかしたいというときは、身体の内側、つまり内蔵から温めることをおすすめします。

そんなときに活躍するのが腹巻き、腹巻きを巻くだけで、お腹からぽかぽか体が暖かくなるのを感じることができるでしょう。

身体がぽかぽか温まると布団に入ってすぐうとうとして、寝付きも良くなるかもしれません。

身体の冷えはこんなに危険

身体が冷えていると、免疫力が低下したり、代謝が落ちるという話を聞いたことはありませんか。

体温が1度低下すると、免疫力は30%も低下するといわれていますから、身体が疲れやすかったり、ウィルスに負けて病気にもかかりやすくなるでしょう。

また体温が1度低下すると代謝も約10%落ちるといわれ、ダイエットをしても痩せにくいというジレンマに落ちる可能性もあります。

実際日本人女性の半数以上が、冷え性に悩んでいるといわれています。

現代はスリムな体型を好む女性が多い一方で、低血圧に悩んでいたり、便秘に悩む人も少なくありません。

また疲れやすかったり、風邪を引きやすくなるのも、内臓の冷えがこれらの症状を引き起こしている可能性があるのです。

 腹巻きで免疫力と代謝が上がる

では腹巻きをするとどのような効果が期待できるのでしょうか。

簡単にいえば、お腹を暖めることで内臓の冷えが緩和することが期待されます。

内臓の働きが良くなると、血行が良くなりますね。

血行が良くなると血液が体全体に行き届きやすくなりますので、体温がアップし、免疫力や代謝が上がります。

結果、病気にかかりにくくなって、身体の調子が良くなりますし、腸の働きも改善して、便秘も解消しやすくなります。

また、代謝が上がりますので、お肌もきれいになりますし、太りにくく痩せやすい体質になるのです。

もちろん腹巻きをすることによって、劇的にこれらの効果が発揮されるわけではないでしょうが、あくまでその可能性は期待できます。

脂肪を燃焼するにも体を暖める必要がありますから、腹巻きをして体を暖めることは無駄ではありません。

実際腹巻きを巻くと、身体がぽかぽか温まっているのを実感できると思います。

腹巻きを付けるのは寝るときがおすすめ

しかしながら腹巻きは常に付けておけばよいというものでもありません。

というのも寒いからといって、一日中腹巻きをしていると、身体を暖める機能が低下してしまう恐れがあるのです。

つまり腹巻きに頼ってしまって、腹巻き無しでは体を暖めることができなくなってしまうというわけです。

では1日どのくらいなら腹巻きを付けて良いかといえば、1日4,5時間といわれています。

日中腹巻きを付けていると、洋服が着ぶくれしてしまいますし、外出先で腹巻きを付けたり外したりするのは現実的ではありません。

朝から晩まで腹巻きを付けていると余裕で10時間以上経過してしまいますから、おすすめは寝るときに腹巻きを付けることです。

腹巻きを付けて寝ることで体が暖かくなり、睡眠に良い影響を与えてくれることも期待できます。

4,5時間だと多少オーバーしてしまいますが、6,7時間の睡眠中に腹巻きを付ける分には問題ないのではないでしょうか。

寝ているときなら多少着ぶくれしても大丈夫ですし、腹巻きをしている姿を人に見られる心配もありません。

寝るとき腹巻きの選び方

ただ寝るときに腹巻きを巻くには、少し注意点があります。

人間は大切な臓器を守るため、お腹周りに脂肪がたくさんついています。

そのため腹巻きでお腹を暖め過ぎると、今度は寝汗をかきすぎて逆に冷えてしまう恐れがあるのです。

ですから寝るときに使う腹巻きは薄手で、なるべく通気性が良いものが良いでしょう。

薄手腹巻き

>>薄手で着ぶくれしにくいやわらか腹巻きはこちら

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*