オールシーズン対応の2枚合わせ掛け布団の選び方

二枚合わせ掛け布団
Pocket

季節によって掛け布団を使い分ける

あなたは掛け布団って何枚くらいお持ちでしょうか。

1枚の掛け布団を1年中使うのは現実的ではありませんから、何枚か持っている人が多いでしょう。

もしかしたら一人暮らししている人は掛け布団1枚、毛布1枚しか持っていないという人もいるかもしれませんね。

ただ快適な睡眠環境にするには、季節によって使い分ける掛け布団を何枚か用意しておいた方が良いでしょう。

そんなときに役立つのが、2枚合わせの掛け布団です。

掛け布団を2つに分解して使うことができ、非常に便利な寝具です。

オールシーズン対応できる2枚合わせ掛け布団

ちなみに、2枚合わせの掛け布団を使ったことがありますか。

簡単に言えば、掛け布団が2枚くっついたもので、1枚で使ったり、2枚で使ったりして、保温力を調整できる利便性の高い布団です。

2枚の掛け布団は同じものではなく、通常肌掛け布団と合掛け布団といって、中綿量の異なる2枚の掛け布団が組み合わさっています。

夏は肌掛け布団を1枚で使い、春や秋の少し肌寒い日は合掛け布団を使い、冬は2枚合わせて使います。

夏場は何も掛けないという人もいるでしょうが、エアコンが効いた部屋では、寝冷え防止のために肌掛け布団を使うとちょうどよい暖かさだったりします。

もちろん暑がりな人は、春や秋も肌掛け布団を1枚で使うという人もいるでしょうし、使い方は自由です。

このように使い分けることで、オールシーズン対応できる掛け布団が、2枚合わせ掛け布団というわけです。

別々に買うより経済的で収納しやすい

それなら掛け布団を何枚か用意すればよいのでは?と考える人もいるでしょう。

しかしお部屋やクローゼットが狭かったり、押し入れがないという家に住んでいる人もいると思います。

掛け布団を何枚か持つとなると、使わないときの収納場所に困るのではありませんか。

そんなとき、2枚合わせの掛け布団であれば、収納する布団の量が減るので収納しやすくなります。

また掛け布団を2枚買うよりも、2枚合わせの掛け布団を1枚買った方が安いですし経済的でしょう。

重くて蒸れやすいのがデメリット

そんな優秀な2枚合わせ掛け布団ですが、もちろんデメリットもあります。

例えば中綿量が1枚ものの掛け布団と同じでも、使っている生地の量が多くなり、重くなるという欠点があります。

もちろん生地の量が少し違うだけですから、大した重さではありませんが、やはり1枚ものよりも重く感じることはあるでしょう。

また生地が増えるということは、汗や湿気といった水分を通しにくくなるということも意味します。

中綿が羽毛や羊毛など吸放湿、通気性に優れた素材であれば、それほど気にはなりません。

ただやはり、肌掛け布団と合掛け布団の間に湿気が溜まりやすくなるということはあるでしょう。

ですから使っている素材によっては、1枚ものに比べると、2枚合わせ掛け布団は蒸れやすいと感じる可能性はあります。

また、2枚の掛け布団を重ね合せているため、布団のズレが気になるということもあるかもしれません。

中綿は羽毛がおすすめ

快眠のために1番おすすめなのは、やはり季節に合わせた掛け布団を何枚か用意することです。

しかし収納スペースの問題や経済的事情、利便性の観点、その他好みもあるでしょうが、2枚合わせ掛け布団にたくさんのメリットがあるのは事実です。

優れた生地や中綿を使っていれば、寝心地が良い2枚合わせ掛け布団はあります。

中綿が羽毛であれば、2枚合わせにしても、他の素材を使った掛け寝具に比べても十分軽いです。

また側生地も肌触りが良い素材を使っていたり、吸湿性や通気性に優れていれば、蒸れを感じるということも少ないでしょう。

 

なおそれでも、羽毛はアレルギーや産地偽装、品質の問題であったり、価格が高い、洗えないといったデメリットもあります。

そのようなデメリットを感じているのなら、人工羽毛を使った2枚合わせ掛け布団を使ってみるのも良いでしょう。

人工羽毛であれば、羽毛に対するアレルギーの心配もありません。

羽毛の産地偽装や品質に惑わされる心配もありませんから、安い羽毛布団を買って損をしたくないという人にはおすすめです。

水洗いできる点も、水に強い人工羽毛の長所ではないでしょうか。

プリマロフトDUO

人工羽毛2枚合わせ掛け布団プリマロフトDUO 20,000円(税抜)~

Pocket

スポンサーリンク

快眠博士

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*