寝具の豆知識

Pocket

Pocket

暖かい敷きパッドの吸湿発熱機能とは

トリプルサーモ
Pocket

暖かい敷きパッドの種類

寒い冬を乗り切るには掛け毛布や羽毛布団にこだわるのも良いですが、敷き布団の上に敷く敷きパッドを変えることでも大分暖かさが変わってきます。

そこで保温効果のある暖かい敷きパッドの種類と特徴について解説していきたいと思います。

 

冬用の暖かい敷きパッドにはどんなものがあるかというと下記のような敷きパッドが挙げられます。

 

  • 水分を吸収して発熱する吸湿発熱型の敷きパッド
  • 遠赤外線性の素材を使った敷きパッド
  • ファータッチ、マイクロファイバー素材の敷きパッド

 

どれを使ってもOKですが、今年は敷きパッドを変えて寒い冬を乗り切ってみてはいかがでしょうか。

続きを読む

Pocket

電気毛布は電気代以上に影響が大きい

むずむず脚症候群の女の子
Pocket

電気毛布の電気代は安い

電気毛布を使ったことがあるでしょうか。

電気毛布は毛布の中に電熱線が通っており、電気の熱で毛布が暖かくなるという優れものです。

 

寒い真冬でも電気の力で布団の中が温まり、快適に眠れると評判です。

夜眠るときから朝方まで電気毛布を使っている人もいると思います。

 

気になる電気代ですが、半日使っても1円から2円程度、1か月使っても30円そこそこですから、電気代は格安です。

ですから電気代を気にする必要はそれほどないでしょう。

続きを読む

Pocket

自分に合う枕はオーダーメイドで見つける

枕を使っている女性
Pocket

オーダーメイド枕のメリット

ほとんどの方が寝ているときに枕を使っていると思いますが、高さが合っていない、柔らかすぎるあるいは硬すぎる、起床時に肩や首の痛みを感じるという方は少なくありません。

ある調査によれば、今使っている枕に満足していない、何らかの不満を抱えているという人は3割強もいるそうです。

 

では枕を変えようと思っても、どんな枕が自分に合っているのか、わからない方は多いでしょう。

そんな自分に合う枕がわからないという人に人気を集めているのが、オーダーメイドの枕です。

 

オーダーメイドですから自分の体型、首の長さや頭の大きさに合わせてぴったり合う枕を作ってくれます。

もちろん店頭まで出向かなければなりませんから多少面倒ですし値段も張りますが、理想的な枕に出会えるのであれば良いですね。

続きを読む

Pocket

マットレスの種類と寿命を延ばす方法

マットレス
Pocket

そもそもマットレスの寿命はどれくらい?

あなたは布団を敷いて寝ていますか、それともベッドで寝ていますか。

全員が全員ではないと思いますが、ベッドで寝る人も増え、マットレスを使っている人も昔に比べ多くなっていると思います。

マットレスを使っている人は何年くらい使っているでしょうか、2,3年?それとも10年以上使っているでしょうか。

私も以前ベッドを使っていましたが、マットレスは10年近く使っていたと記憶しています。

そもそもマットレスの寿命ってどれくらいあるのでしょうか。

マットレスのスペックや使用状況によって変わるとは思いますが、マットレスの寿命は10年ほどと一般的に言われています。

他の寝具に比べれば比較的寿命が長いといえますが、それでも替え時期はいつか訪れます。

快適な睡眠のためにもマットレスの寿命を見極め、適切な時期に買い替えることも大切です。

続きを読む

Pocket

すのこを敷いても布団にカビは生える

すのこ
Pocket

すのこで布団がカビにくくなる

布団のカビ対策として、我が家では布団の下にすのこを敷いています。

布団をフローリングなどに直に敷いていると隙間ができず、寝ているうちにかいた汗や湿気が布団から逃げることができません。

 

通常湿気は下へ下へ行く習性があるので、布団と床板の間に隙間がないと、布団の中に湿気がどんどんたまってしまいます。

そこで布団の下にすのこを敷くことで通気性が良くなって湿気が逃げ、布団がカビにくくなり、布団を清潔に保つことができます。

 

ある程度布団を敷きっぱなしにしていても、布団がカビにくいため、すのこはカビ対策にはもってこいというわけです。

続きを読む

Pocket

ダックよりグースが優れているとは限らない

ダック
Pocket

グースとダックは何が違う?

羽毛布団の詰め物として使われる素材は水鳥の羽根ですが、具体的にはグースとダックがあります。

グースとはいわゆるガチョウのことで、ダックはアヒルのことを言います。

一般的にはダックよりもグースの方が体も羽根も大きく、かさ高がありふんわりしている、さらにダウン同士が絡みにくいため、空気を含んで保温力が高いといわれます。

またグースは羽枝の1本1本がしっかりしているためダウンが細くて柔らかくドレープ性に富んでいるのに丈夫で、臭いも少ないため、グースの方が高値で取引されます。

ただダックの中にも、グースよりもさらに高級な羽毛として、北極海周辺に生息する鴨の羽根を使ったアイダーダックダウンがあります。

アイダーダックは北半球で一番大きな水鳥で、羽毛の宝石とも言われていますが、保温力も高く、通常の羽毛よりも軽い素材であり、希少価値が高いため、グースの羽毛よりもさらに高値で取引されます。

続きを読む

Pocket

意外と古い枕の歴史と異なる性能

枕で寝る女性
Pocket

枕の歴史は400万年

毎日当たり前のように使っている枕ですが、枕がこの世に誕生したのはいつごろか知っているでしょうか。

その時代、時代によって枕の素材や特徴、用途も異なっていたようですが、現在知られている最古の枕はアウストラロピテクスが使っていたといわれています。

アウストラロピテクスといえば最古の人類といわれ、約400万年前から200万年前に地球上に存在していたようです。

アウストラロピテクスが使っていた枕は石を砕いたもので、実際に睡眠時に使っていたのかは不明ですが、枕のような化石が見つかっているのは事実です。

私たちも枕を使わずにそのまま寝るよりも、枕を使った方が頭にかかる負担が軽減され、寝やすいと感じます。

私たちの祖先も、頭の下に手や腕を敷いて寝た方が楽だと本能的に感じ取っていたのだと思いますが、その代用品で木や石を使っていたのでしょう。

続きを読む

Pocket

羊毛布団が快眠できるメリット

牧場にいる羊
Pocket

羊毛布団の特長

羊毛布団は冬でも夏でも快適

羊毛布団とはその名の通り、羊の毛を使ったお布団のことです。

英語ではウールともいいます。

羊毛布団は決して安い布団ではありませんが、それを補うメリットがあります。

羊毛というと温かい、ふわふわでもこもこしていて、保温性が高い素材だと思われていませんか。

確かに保温性は羊毛の長所の一つですが、それだけではありません。

羊毛は保温性だけではなく、ふわふわとして柔らかいのに適度な弾力性もあり、布団にとっても適した素材で昔からファンが多いのです。

また意外にも吸湿性、放湿性にも優れており、夏場でもジメジメとして湿った感じがありません。

その秘密は渦を巻いたような形状のクリンプと呼ばれるちぢれにあり、空気を含んでいるために保温性が高く、通気性も兼ね備えています。

それに加え、湿気や人の汗を吸って温かくなるので、冬場でも体を冷やすことなく、しっかり温めてくれますので、快眠できるのです。

こうした特性を生かし、羊毛は敷き布団にも掛け布団にもよく使われます。

続きを読む

Pocket

人工羽毛プリマロフトは暖かくて経済的

プリマロフト
Pocket

人工羽毛とは

近年ダウン素材として人工羽毛が注目を集めているのをご存じでしょうか。

人工羽毛とはその名の通り、ダックやグースといった天然素材ではなく、人工的に作られた合成繊維の羽毛です。

以前は人工的に作られた布団は蒸れやすく、重いという欠点がありましたが、近年では劇的に性能が改善されてきています。

特に米国アルバニー社の開発したプリマロフトは天然羽毛と変わらないダウンパワーを誇り、保温力、軽さ、柔らかさも引けを取りません。

続きを読む

Pocket

シルクが持つ驚きの美容効果

シルク
Pocket

シルク寝具は高いだけではない

シルクの寝具というと高級、高いというイメージがあります。

確かに上質な艶となめらかな肌触りで、触れているだけで気持ち良く、なんとなく熟睡できそうな感覚はするでしょう。

しかしシルクが持つ力は実はそれだけではなく、美容にも良い効果を与えてくれるといわれています。

現代は美容に関心を持っている方も多く、美容のために毎月何万もかけている人もいると思いますが、シルクの寝具を使って寝るだけで美しくなれるとしたら、高いお金を払ってもそれだけの価値があると思いませんか。

続きを読む

Pocket