朝すっきり目覚められない人のための朝シャワー

寝不足
Pocket

朝シャワーが睡眠に与える影響

あなたは朝起きてから、シャワーを浴びるという習慣はありますか。

朝シャワーなんてだらしないと思われるかもしれませんが、実は意外なメリットがあります。

特に朝すっきり目覚められない、そんな人におすすめなのが朝シャワーなのです。

今回は朝シャワーでなぜすっきり目覚められるのか、睡眠に与える影響を考えてみたいと思います。

朝起きられない理由は体温!?

朝起きるのが億劫という人は少なくないでしょう。

特に冬場など、室内の気温が低いと眠気がとれない、中々布団から出られないという人は多いと思います。

夏場は平気なのになぜ冬になるとやる気が出なかったり、起きたくても起きられないのでしょうか。

これは冬場は朝起きた時の体温が低いということが考えられます。

朝すっきりと目覚めるためには体温を上げることも大切なのです。

よく冷え性の人が朝弱いというのは、すっきり起きるために必要な体温が低いからかもしれません。

そんなときに朝シャワーを浴びると、体温が上昇して体が覚醒モードになり、眠気が吹き飛ぶというわけです。

体内時計の調整にもつながる

朝起きてシャワーを浴びたり、お風呂に入ったことがある人はわかると思いますが、意外に頭も目もすっきり目が覚めたという経験はありませんか。

朝シャワーのメリットは体温を上げることですが、同時に体内時計の調整にも一役買ってくれています。

体温が上がれば交感神経も活発になり、乱れた体内時計が調整され、心も身体も活動的な状態になることができるというわけです。

じゃあ夜お風呂に入るのはやめて、朝シャワーにしようと考える方もいるかもしれませんね。

しかし夜寝る前にお風呂に入ることも、質の高い睡眠をとる上では重要なことなので、夜お風呂に入ることも忘れないようにしてください。

朝シャワーを浴びるときのポイント

ちなみに朝シャワーを浴びるときに気を付けたいポイントというものもあります。

普段よりやや熱めの温度に設定したシャワーを浴びて、体温を上げることがポイントです。

どのくらいが熱めにすればよいかは個人差や季節、環境もあると思いますが、目安として42度~43度くらいにすると良いでしょう。

朝は浴室が寒くてシャワーを浴びたくないという人もいるかもしれませんが、だらだらと布団の中で過ごすよりよっぽどすっきり目覚められるのではないでしょうか。

朝シャワーを浴びたあとは体もぽかぽかしているので、ぶるぶる震えながら朝の身支度をするということもなくなると思います。

朝ご飯を食べたり、カーテンを開けて朝日を浴びる、窓を開けて部屋の換気をするという行為も、体内時計の調整には良い影響を与えるので、朝シャワーと合わせて行うと良いでしょう。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*