マイクロファイバーの掛け布団がおすすめな理由

プリマロフト使用パワライズ
Pocket

そもそもマイクロファイバーとは

最近人気のマイクロファイバー、吸水性、速乾性があり、肌触りが良いことから、寝具、衣料品、掃除用品などいろんな製品に使われています。

そもそもマイクロファイバーとは何かご存じでしょうか。

マイクロファイバーとはポリエステルやナイロンといった合成繊維の一種で、繊維が非常に細いという特徴を持っています。

その直径はわずか8マイクロメートルといわれ、その単位をとってマイクロファイバーという名称がつけられています。

繊維が細いということは肌触りが柔らかく、なめらかであるということを意味します。

シルクが肌触りが良くてなめらかなのも繊維が極細であるためです。

人間の触覚は就寝時最後にスイッチがオフになりますから、快眠のために肌触りの良さは大切な要素です。

続きを読む

Pocket

加齢とともに睡眠時間が減るのはなぜ?

眠れない高齢者
Pocket

加齢とともに睡眠の質が低下する

あなたは最近快眠できていますか。

年を取ると睡眠時間が短くなり、中々寝付けなかったり、夜中に目を覚ます、朝早くに目が覚めるという人が増えてきます。

実際、高齢者の3人に1人は自分の睡眠に満足していない、不眠気味であると感じているようです。

そもそも高齢者は若い人ほど睡眠をたっぷりとる必要性が低下してきます。

ですから加齢によって睡眠の質が低下したり、睡眠時間が短くなるのはある程度仕方がないのですが、たまにはぐっすり寝たいものです。

続きを読む

Pocket

化粧のノリが悪いのは睡眠不足かも

化粧のノリ
Pocket

化粧ノリが悪い原因は

最近化粧のノリが悪いなあ、年かなあと思うことはありませんか。

年齢の問題もあるかもしれませんが、化粧ノリが悪いのは睡眠不足が原因かもしれません。

例えば睡眠が足りていないとターンオーバーが悪くなって古い角質が残りやすくなります。

古い角質が残ると肌に凸凹ができるので、化粧ノリが悪くなります。

決して体質や加齢が問題だとあきらめてはいけません。

しっかり睡眠をとってお肌をなめらかにし、化粧ノリを改善していきましょう。

続きを読む

Pocket

寝心地の悪いソファベッドのデメリット

ソファベッド
Pocket

ソファベッドで寝てはいけない

1人暮らしをしていて部屋が狭いという人はソファベッドを使っている人は多いのではないでしょうか。

ソファベッドはソファ、ベッド両方も機能を兼ね備えており、狭い部屋を有効活用するためには優れたアイテムです。

ソファもベッドも欲しいけど、スペース的にも料金的にも厳しいという人にはおすすめです。

自分用のベッドとして使うのはもちろん、急な来客で布団が用意できない場合にも活躍してくれます。

特に1人暮らしだと布団を収納するスペースがないことが多いので、ベッドに早変わりするソファベッドは有難いものです。

でも快眠のためにはソファベッドはおすすめできません。

というのもソファベッドにはデメリットがたくさん存在するからです。

やむを得ずソファベッドを使っている人は仕方ありませんが、快眠を得たいのであればソファベッドを使わない方が良いでしょう。

続きを読む

Pocket

抜け毛の季節を快眠で乗り切る

薄毛に悩む
Pocket

抜け毛が多い季節はいつ?

最近抜け毛が多くて、髪の毛が薄くならないか心配ということはありませんか。

ストレスが溜まっているのか、食生活が悪いのか、心当たりがないか考える人もいるでしょう。

もちろん原因はさまざまですが、実は季節によって抜け毛が多い、増えるのをご存じでしょうか。

抜け毛が多い季節はいつかというと、実は春と秋なんです。

動物の毛が夏と冬で生え変わるように、人間も春と秋に自然脱毛が増えるため、ある程度の抜け毛は必要ありません。

しかしそれでもちょっと抜け毛の量が多すぎる、という人は別の原因によって髪の毛が抜けているのかもしれません。

髪の毛が多く抜ける季節も、最小限の抜け毛で抑えられるよう、毎日快眠することが大切です。

続きを読む

Pocket

ベッドと布団はどっちを選ぶ?

寝室
Pocket

ベッド派が増えている

ベッドは上げ下ろしも収納もいらない

あなたは寝るときベッドを使っていますか、それとも布団で寝ていますか。

昔は日本人はみんな布団を使って寝ていたものですが、今ではベッド人口が増えてきたように思います。

布団は敷きっぱなしだと邪魔だし、衛生面からも毎回畳んだり、押し入れにしまわなければなりません。

布団の上げ下ろしが面倒ですし、定期的に干さなければへたったり、湿ったりしてすぐにダメになってしまいます。

一方でベッドは基本置いたら置きっぱなし、スペースを確保さえできていれば出したりしまったりしないものでしょう。

そもそも重いので模様替えするのでなければ移動することもほとんどなく、ベッドを外に干す人もいないと思います。

ベッドはいつでも寝ころぶことができますし、布団の上げ下ろしがないので大きな収納も必要ありません。

ベッドを使い始めると、布団になかなか戻ることができない人も多いのではないでしょうか。

続きを読む

Pocket

マットレスの上に布団を敷くと快眠できない

フローリング ベッド
Pocket

マットレスの上に敷き布団を敷いてはいけない

人生の3分の1を占めるほど重要な睡眠、できることなら快適な時間にしたいですよね。

快適な時間にするには寝床の環境を整えることが非常に大切です。

おそらくほとんどの方がベッドにマットレスを敷いて寝るか、敷き布団をフローリングや畳に直置きして寝ることでしょう。

中にはマットレスの上に敷き布団を敷いて寝る人もいるのではないでしょうか。

しかしマットレスの上に布団を敷いて寝ることはあまりおすすめできません。

続きを読む

Pocket

疲労回復に最適なパワーナップの効果

うつぶせ寝
Pocket

そもそもパワーナップとは

最近よく聞くパワーナップをご存じでしょうか。

パワーナップとは短時間の睡眠をとることによって、心身の疲労を回復する睡眠法のことをいいます。

一般的に人間の1日の睡眠時間は7,8時間ですが、パワーナップは非常に短い睡眠によって行われます。

仮眠や昼寝と混同する方もいますが、厳密には異なります。

仮眠や昼寝は具体的に何分、何時間寝るかという基準はありませんが、パワーナップには厳密な決まりがあります。

続きを読む

Pocket

寝ても寝ても眠いのは睡眠の質が低いから

眠そうな女性
Pocket

睡眠の質が低いとは?

睡眠時間が足りないわけではないのに、朝方眠くて起きられない、日中に眠気に襲われることはありませんか。

寝ても寝ても眠い原因は睡眠の質が低いためかもしれません。

大切なのは時間ではなく質で、睡眠の質が低いといくら寝ても眠いということになってしまいます。

睡眠の質が低いとは眠りが浅い状態が長く、深い眠りが取れていないことを意味します。

また睡眠サイクルがうまく切り替わらず、睡眠リズムが乱れている場合も睡眠の質が低いことになります。

たくさん寝ればよいわけではありませんし、逆に長時間寝すぎることで眠りが浅い時間が長く続くことになります。

二度寝をしたり寝すぎると頭がかえってぼーっとするのはこのためで、寝ても寝ても眠気がとれないことになりかねません。

続きを読む

Pocket

眠くなる読書でまさかの不眠対策

読書
Pocket

本を読むと眠くなるのはなぜ?

昔から本は読んだ方がよいといわれます。

ある人は知識をつけるため、あるいは自己啓発のため、または単純に本が好きで本を読んでいる人もいるでしょう。

楽しんで読書できているならまだしも、本を読むことが苦痛であっては長続きしません。

また難しい本を読んでいると決まって眠くなるという人もいるのではないでしょうか。

読書をすると眠くなるからページが進まず、結局中身が頭に入ってこない、その結果本を読むことをやめてしまってはいませんか。

そもそも本を読むとなぜ眠くなってしまうのでしょうか。

続きを読む

Pocket