赤ちゃんのうつぶせ寝のメリット

睡眠中の赤ちゃん
Pocket

うつぶせ寝はデメリットだけではない

最近赤ちゃんのうつぶせ寝が話題になることが多いです。

うつぶせ寝で寝ると、まだ寝返りできない赤ちゃんは鼻や口を塞がれて呼吸ができなくなる危険性が叫ばれています。

そのため、赤ちゃんがうつぶせで寝ていると心配になる親御さんも多いのではないでしょうか。

乳幼児突然死症候群とうつぶせ寝の因果関係についてはまだ不明な点もありますが、うつぶせ寝が危険であることは間違いありません。

特に生後3か月から6か月頃までは注意が必要で、自分で寝返りを打てるようになるまでは、赤ちゃんがうつぶせ寝をしているときは目を離さない方が良いでしょう。

しかしうつぶせ寝にはこうしたデメリットだけでなく、メリットがあることも忘れてはいけません。

赤ちゃんがうつぶせ寝をしても大丈夫なように対処したいものです。

続きを読む

Pocket

実は快眠に良い北枕の効果とは

北枕
Pocket

枕の向きで運勢が変わる!?

昔から北枕で寝てはいけないといわれていませんでしたか。

しかし北枕で寝ることにどんな悪い効果、影響があるのでしょうか。

家の構造上の問題やインテリアの関係で、どうしても北枕で寝なければならないなんてこともあるでしょう。

北枕で寝ることは縁起が悪いといわれますから、特段嫌なことがなくても、なんとなく気になってしまいます。

北枕で寝てはいけないといわれるのはもちろん理由がありますが、むしろ風水的には北枕が推奨されています。

枕の向きで運勢が変わるといわれていますから、一応参考にしてみるのも良いでしょう。

続きを読む

Pocket

赤ちゃんが快眠できる冬布団の組合せ

赤ちゃん 眠る 睡眠
Pocket

赤ちゃんに必要な布団と枚数は?

赤ちゃんにかける布団は何をどのくらいの枚数使ったら良いか、判断に迷うことはありませんか。

特に生後数か月は体温調節がうまくできませんし、どんな布団を何枚使うか大人がしっかり考えてあげなければなりません。

また肌がデリケートだし、体も小さいから、肌に優しい布団や軽い布団を使ってあげたいですね。

大人同様、夏と冬ではかける布団や枚数が変わってきますし、時間によっても変わるでしょう。

暑ければ足で蹴って布団をはぐこともあるでしょうが、新生児はそれすら難しいかもしれません。

赤ちゃんが今暑いのか寒いのか、意思表示がうまくできないので、大人がうまく汲み取ってあげなければなりません。

室温にもよりますが、冬は夏場よりも布団の枚数を多めにする必要があるでしょう。

続きを読む

Pocket

夏の寝具タオルケットはオールシーズン使える

タオルケット
Pocket

タオルケットは日本生まれの寝具

日本は世界でも湿気が多い国の一つです。

汗をたくさん吸ってさわやかな触り心地のタオルケットは、日本の夏にぴったりの寝具でしょう。

タオルケットはtowel(タオル)とblanket(ブランケット)を合わせた和製英語って知っていましたか。

湿気の多い日本の夏を少しでも快適に、心地よく眠りたいという想いから日本で発祥した寝具なんです。

昔はパイル地の生地の中に綿を入れていたようですが、その後中の綿を抜き、両面パイル地のタオルケットが生まれたわけです。

生まれは昭和30年代だそうですが、現在ではほとんどの家庭で使われている代表的な夏用寝具です。

続きを読む

Pocket

昼食後の眠気を覚ます簡単な方法

昼寝
Pocket

昼食後に眠くなるのはなぜ?

お昼ご飯を食べた後眠気が襲ってくるという経験はありませんか。

毎日たっぷり寝ていても、昼食後に眠くなるという人はかなり多いはずです。

しかしなぜ眠くなるのかをご存じでしょうか。

昼食後は眠くなるものと暗黙の了解になっていますが、眠気の原因が分かれば対策も打てるというものです。

午後の30分から1時間の仕事の時間を無駄に過ごさないために、お勉強をしておきましょう。

続きを読む

Pocket

女性が不眠を乗り越える方法

更年期の女性
Pocket

女性は不眠になりやすい

女性は男性よりも不眠になりやすい傾向があります。

男性に話しても「気にしすぎだよ。」と理解されないのも、性別による違いからかもしれません。

巷では男性の方が繊細と思われがちですが、こと体に関しては女性の方がデリケートにできています。

不眠ではないにしても睡眠に関して何らかの不満を持っているのは女性の方が多いようです。

続きを読む

Pocket

眠りが浅いときに最初にするべきこと

寝苦しい女性
Pocket

眠りが浅いと睡眠の質が低い

最近夜中に良く目を覚ます、ぐっすり眠れていない、眠りが浅いと感じることはありませんか。

質の高い睡眠のためには、深い睡眠をしっかりとることが重要です。

 

寝付きは悪くないけど、夜中に何度も目を覚ますという人はもしかしたら眠りが浅いのかもしれません。

眠りが浅いとちょっとした刺激でも目を覚ましてしまうので、熟睡できないのです。

 

疲労困憊で眠りにつくと朝まで泥のように寝ることがありますが、これは深い睡眠がとれている証拠です。

では眠りが浅い場合はどうすればよいのでしょうか。

続きを読む

Pocket

シーツやカバーを洗濯する頻度少なくない?

シーツ
Pocket

シーツやカバーを使った方が良い

寝具に使っているシーツやカバー、どのくらいの頻度で洗濯しているでしょうか。

そもそもシーツやカバーって使っているでしょうか。

あなたが思っている以上に寝具は汚れています。

汗や皮脂、角質はどんなに気を付けていてもお布団に落ちたり付着します。

放っておくとダニやカビ、雑菌が繁殖するので定期的なお手入れが必須です。

どうしても布団は洗濯ができなかったり、洗濯しにくいものが多いので、シーツやカバーはつけた方がよいでしょう。

続きを読む

Pocket

ショートスリーパーになる方法とリスク

ショートスリーパー
Pocket

ショートスリーパーとは

ショートスリーパーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ショートスリーパーは別名短眠者ともいい、その名の通り短い時間しか寝ない人のことをいいます。

たまに1日2,3時間しか寝なくても大丈夫という人がいます。

人間に必要とされる睡眠時間は7時間から8時間といわれています。

人によって長短あるでしょうから短い人で6時間、長い人で9時間くらいでしょうか。

本当に2,3時間の睡眠で大丈夫なのか、いきなり倒れてしまうのではないかと心配になってしまいます。

しかし歴史上も短い睡眠しかとっていなかった偉人もたくさんいます。

実際にショートスリーパーは存在するのでしょう。

続きを読む

Pocket

二度寝の仕方で良い効果が生まれる

快眠の女性
Pocket

二度寝が気持ち良い理由

朝起きたとき、もう少し寝ていたいという衝動に駆られるのは誰しも経験したことがあるでしょう。

お休みの日なら好きなだけ二度寝できるのに、仕事や学校など用事があるときは起きなければなりません。

しかし二度寝はなぜあんなにも気持ちがいいのでしょうか。

二度寝を気持ち良いと感じるのには実は理由があります。

続きを読む

Pocket