赤ちゃんを安眠させる寝具と睡眠環境

睡眠中の赤ちゃん
Pocket

赤ちゃんの睡眠環境は大事

人生の3分の1を占める睡眠ですが、赤ちゃんは大人よりもたくさんの時間を寝て過ごします。

加えて赤ちゃんは大人よりも免疫機能が低く、お肌や骨格もデリケートなため、大人以上に赤ちゃんにとって睡眠環境を整えることは大事です。

睡眠環境を整えるとは温度や湿度、寝具、明るさや周囲の音など快適性だけでなく、落下物がないことやベッドからの転落など安全面も考慮しなくてはなりません。

快適な睡眠が得られる環境であれば夜泣きに悩まされる回数も減るでしょうし、親御さんにとってもメリットはあるはずです。

続きを読む

Pocket

むずむず脚症候群が快眠を妨げる

むずむず脚症候群の女の子
Pocket

むずむず脚症候群とは

寝ているときやリラックスしているときに足がむずむずするという経験はありませんか。

足がむずむずするのは列記とした病気で、「むずむず脚症候群」といいます。

症状や程度に個人差はありますが、主にふくらはぎや太もも、足の甲や裏がむずむずするというものです。

当然なかなか寝付けず、足を絶えず動かしたり、かきむしらずにはいられないため、睡眠を妨げます。

さらに軽度な場合は足の不快感を感じる程度ですが、ひどい場合は痛みを感じたり、足が火照ったりすることもあるようです。

意外と世の中には知られていないため、周りの人に相談してもなかなか共感してもらえないこともあるかもしれません。

続きを読む

Pocket

快適な睡眠のための環境づくり

快適な睡眠
Pocket

寝室の環境を変える

良い睡眠を得るために高い寝具を買う、睡眠サプリを飲むという人はいると思います。

しかし寝室の湿気が多かったり、雑音が聞こえる、明るすぎる、あるいは真っ暗すぎるなど、睡眠にとって良い環境ではないとしたら勿体ないものです。

最近不眠気味であるという人は、寝室を睡眠に適した環境にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

やり方によってはお金もかかりませんし、誰でも手軽に始められる快眠法だと思います。

続きを読む

Pocket

疲れているのに眠れない意外な理由

眠れない女性
Pocket

適度な疲労は睡眠の質を上げる

疲れているのに眠れない、そんな夜はありませんか。

一般的に適度な疲労は睡眠の質を上げるといわれています。

では何故疲れているのに熟睡できないのでしょうか。

ここでいう疲労とは、精神的な疲労ではなく、肉体的な疲労のことを言います。

オフィスワークをしている人などは、デスクに座りっぱなしでほとんど体を動かさないことも多いと思います。

厚生労働省の報告によると、定期的な運動習慣をもっている人は全体の3割程度しかいないらしく、ほとんどの人が慢性的な運動不足に陥っています。

頭をたくさん使っていても、身体は全然疲れていないので、いくら疲れていると感じていても眠れないのです。

続きを読む

Pocket

夏を快適に眠るための寝具選び

快適な睡眠
Pocket

夏は誰でも寝苦しい

夏は気温も高く、湿度も高くなるので、蒸し暑くて寝苦しいのは誰しも共通していることだと思います。

暑さのせいで中々寝付けなかったり、布団が蒸れて不快になり、夜中に何度も目が覚めてしまう、そんな経験もあるでしょう。

実際に春や秋、冬に比べて、夏場は睡眠時間が短くなるといわれており、快適な睡眠を得るのは難しいように思います。

とはいえ、今はエアコンやその他の冷房家電も普及していますし、寝具の性能も上がっています。

少し工夫すれば快適な睡眠を得ることはそんなに難しくありません。

続きを読む

Pocket

睡眠時無呼吸症候群の原因は肥満だけではない

太っている女性
Pocket

睡眠時無呼吸症候群とは

最近になって認知度が上がった睡眠時無呼吸症候群、読んで字の如く睡眠中に呼吸が止まってしまう病気を言います。

睡眠時無呼吸症候群の患者は日本でも300万人もいるといわれ、潜在的な患者数を含めると4人に1人の割合とも言われていますから、実に身近な病気です。

呼吸ができていないということは、脳や体に酸素を供給できないことになりますから、その影響は深刻です。

とはいえ寝ている間に呼吸できているかどうかは自分では中々気づきにくいため、知らずの内に症状が悪化しているとなると非常に恐ろしいものです。

続きを読む

Pocket

睡眠サイクルを知って質の高い睡眠を

快眠イメージ
Pocket

睡眠サイクルとは

睡眠サイクルという言葉を聞いたことがあると思います。

人間は寝ている間に浅い眠りと深い眠りを繰り返すわけですが、これを睡眠サイクルといいます。

寝始めてから、だんだんと深い眠りに落ちていき、30分から45分後くらいに一番深い眠りにつきます。

この深い眠りをノンレム睡眠といいますが、深い眠りに落ちた後は次第に眠りが浅くなり、その後はだんだん浅い眠りへとシフトしていきます。

そして寝始めてから大体90分後に浅い眠り、いわゆるレム睡眠に到達するというわけです。

この深い眠り→浅い眠りを繰り返し、だんだんと眠りの深度が浅くなって、目覚めるという具合です。

続きを読む

Pocket

羊毛布団が快眠できるメリット

牧場にいる羊
Pocket

羊毛布団の特長

羊毛布団は冬でも夏でも快適

羊毛布団とはその名の通り、羊の毛を使ったお布団のことです。

英語ではウールともいいます。

羊毛布団は決して安い布団ではありませんが、それを補うメリットがあります。

羊毛というと温かい、ふわふわでもこもこしていて、保温性が高い素材だと思われていませんか。

確かに保温性は羊毛の長所の一つですが、それだけではありません。

羊毛は保温性だけではなく、ふわふわとして柔らかいのに適度な弾力性もあり、布団にとっても適した素材で昔からファンが多いのです。

また意外にも吸湿性、放湿性にも優れており、夏場でもジメジメとして湿った感じがありません。

その秘密は渦を巻いたような形状のクリンプと呼ばれるちぢれにあり、空気を含んでいるために保温性が高く、通気性も兼ね備えています。

それに加え、湿気や人の汗を吸って温かくなるので、冬場でも体を冷やすことなく、しっかり温めてくれますので、快眠できるのです。

こうした特性を生かし、羊毛は敷き布団にも掛け布団にもよく使われます。

続きを読む

Pocket

眠れない原因は身近なところにあった

sleepless
Pocket

不眠症の定義と種類

ちょっとぐらい寝付きが悪い、寝足りないと感じる人は多いと思いますが、そもそもどの程度で不眠症と診断されるのでしょうか。

睡眠障害国際分類第2版には以下のように記載されています。

睡眠の開始と持続、一定した睡眠時間帯、あるいは眠りの質に繰り返し障害が認められ、眠る時間や機会が適当であるにもかかわらずこうした障害が繰り返し発生して、その結果何らかの昼間の弊害がもたらされる状態。

わかりづらいかもしれませんが、寝付きが悪い、夜中に何度も目が覚める、朝早く目が覚めてしまうなど状態の差異はあれ、不眠の状態が続き、日中の生活に支障が出てくる状態と考えると良いかもしれません。

一口に不眠症といっても、その形態は以下のような4パターンに分けられます。

  • 入眠障害
  • 中途覚醒
  • 早朝覚醒
  • 熟眠障害

入眠障害は入眠に問題があり、布団に入っても中々寝付けない状態をいいます。

どのくらい寝付けないと入眠障害になるかというと個人差がありますが、一般的には2時間程度といわれています。

中途覚醒は夜中に何度も目が覚めてしまう状態で、眠りが浅いことが原因として考えられますが、2回以上夜中に目を覚ましたら中途覚醒の可能性があります。

また早朝覚醒はその名の通り、朝早く目が覚めてしまう状態で、こちらもいつもより2時間前後早く起きると早朝覚醒だと考えられます。

そして、熟眠障害は寝ているつもりなのに熟睡できていないと感じる状態を言います。

これらの症状が毎日起きる場合はもちろん、週2,3回でも起きるようであり、なおかつその状態が1か月程度続くようであれば不眠症と診断される可能性があります。

続きを読む

Pocket

快眠のためにセロトニンを増やす方法

快眠の女性
Pocket

セロトニンを増やす理由

睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンは催眠作用があり、このホルモンが分泌されると眠くなるという作用があります。

人間は体温が下がると眠くなるという性質があり、メラトニンの分泌によって深部体温が下がるため、眠くなるのです。

毎日同じ時間に眠くなるのはこのメラトニンの作用によるもので、体内時計を調整し、心身を健康な状態に保っているのです。

乳幼児が良く眠るのはこのメラトニンの分泌が盛んなためで、大人になると次第に分泌量が減ってくるという性質をもっています。

ちなみにセロトニンは寝ている間はほとんど分泌されません。

では何故セロトニンが快眠の鍵を握っているかというと、セロトニンはメラトニンが生成されるために必要だからです。

そのため良い眠りを手に入れるためにはセロトニンを増やす必要があるのです。

続きを読む

Pocket