夏涼しいは嘘?正しい羽毛布団の使い方

羽毛布団
Pocket

羽毛布団は夏暑くて使えない

日本は羽毛大国といわれるほど、羽毛布団を使っている人が多いです。

羽毛布団は、夏使うと涼しいって聞いたけど本当でしょうか。

 

羽毛布団が夏涼しいといわれる理由はおそらく羽毛が温度や湿度を調節する機能に優れているからでしょう。

しかし正直に言えば、日本では羽毛布団は夏は暑くて使えません。

 

環境によっては春や秋も使うことができるかもしれませんが、夏は暑すぎるので、羽毛の吸湿性を超えるほどの汗をかいてしまいます。

羽毛布団は夏も使える、一年中使えるという触れ込みには騙されないようにしましょう。

品質の良いダウンを使った羽毛布団は、軽くて暖かい、ニオイも少なく、温度や湿度の調節機能に優れています。

冬に使うと雲のように軽いですし、冷気を遮断してじんわり暖かく、それでいてジメジメとした嫌な感覚がなく快適に眠ることができます。

 

しかしこれは冬や温度のそれほど高くない春や秋に限定してのことです。

夏場も猛暑の中では、羽毛の質に限らず、どんな羽毛布団でも使うことはできないでしょう。

 

また羽毛が吸湿性に優れているといっても、ダウンが吹き出さないように加工されたダウンプルーフ加工のため、通気性が悪くなっています。

ダウンプルーフ加工によって、生地に隙間をほとんどなくしてしまっているため、蒸れやすくなっているわけです。

 

これでは夏場に羽毛布団を掛けて寝ていると、暑くて大量に汗をかいてしまいます。

汗もしっかり発散されないので、布団内の湿度は急上昇してしまうでしょう。

 

夏に使える羽毛布団はダウンケット

夏も羽毛布団を使っているという人がいます。

正確には羽毛布団ではなく、羽毛の肌掛けまたはダウンケットではないでしょうか。

 

ダウンケットは羽毛布団のダウンの量を減らした肌掛け布団で、保温力がそこまでありません。

羽毛の吸湿性や通気性を活かし、夏でも涼しく使えるという優れた肌掛け布団なのです。

 

ダウンケットは単体でも販売されていますし、合掛けとダウンケットを合わせた2枚合わせの羽毛布団もあります。

夏場はエアコンを付けて、ダウンケットを掛けて寝ると、暖かすぎず寒すぎずちょうど良い暖かさで、それでいて蒸れ感も少なく快適な寝心地です。

 

ただ夏は他の季節より汗はかきやすいので、どうしてもダウンケットの襟元が汚れやすくなります。

クリーニングに出したり、洗濯をすれば汗や汚れは落とせますが、どうしてもダウンが劣化してしまうのは避けられないでしょう。

 

2枚合わせの羽毛布団のダウンケットを夏に使っている場合、洗濯を繰り返すことでダウンが劣化し、保温力が低下するため、2枚合わせて冬に使うときに寒いと感じてしまいます。

ですから2枚合わせのダウンケットを使うのではなく、夏専用のダウンケットを用意して使うほうが賢い使い方かもしれません。

 

いずれにせよ、羽毛布団は夏涼しいなんてことはありません。

夏はダウンケットを使い、春や秋は合掛け布団、そして冬は羽毛布団を使うのが、快眠の秘訣といえるでしょう。

 

ダウンケットについては、羽毛肌掛け布団ダウンケットは夏におすすめをご覧ください。

Pocket

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*