睡眠の豆知識

Pocket

Pocket

眠りが浅いときに最初にするべきこと

寝苦しい女性
Pocket

眠りが浅いと睡眠の質が低い

最近夜中に良く目を覚ます、ぐっすり眠れていない、眠りが浅いと感じることはありませんか。

質の高い睡眠のためには、深い睡眠をしっかりとることが重要です。

 

寝付きは悪くないけど、夜中に何度も目を覚ますという人はもしかしたら眠りが浅いのかもしれません。

眠りが浅いとちょっとした刺激でも目を覚ましてしまうので、熟睡できないのです。

 

疲労困憊で眠りにつくと朝まで泥のように寝ることがありますが、これは深い睡眠がとれている証拠です。

では眠りが浅い場合はどうすればよいのでしょうか。

続きを読む

Pocket

ショートスリーパーになる方法とリスク

ショートスリーパー
Pocket

ショートスリーパーとは

ショートスリーパーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ショートスリーパーは別名短眠者ともいい、その名の通り短い時間しか寝ない人のことをいいます。

たまに1日2,3時間しか寝なくても大丈夫という人がいます。

人間に必要とされる睡眠時間は7時間から8時間といわれています。

人によって長短あるでしょうから短い人で6時間、長い人で9時間くらいでしょうか。

本当に2,3時間の睡眠で大丈夫なのか、いきなり倒れてしまうのではないかと心配になってしまいます。

しかし歴史上も短い睡眠しかとっていなかった偉人もたくさんいます。

実際にショートスリーパーは存在するのでしょう。

続きを読む

Pocket

二度寝の仕方で良い効果が生まれる

快眠の女性
Pocket

二度寝が気持ち良い理由

朝起きたとき、もう少し寝ていたいという衝動に駆られるのは誰しも経験したことがあるでしょう。

お休みの日なら好きなだけ二度寝できるのに、仕事や学校など用事があるときは起きなければなりません。

しかし二度寝はなぜあんなにも気持ちがいいのでしょうか。

二度寝を気持ち良いと感じるのには実は理由があります。

続きを読む

Pocket

目を閉じるだけで得られる睡眠効果

目を閉じる
Pocket

眠れないときは目を閉じるだけで良い

明日は大事な会議、楽しみにしていた遠足など、絶対に寝坊できないときってありますよね。

でもそんなときほど興奮してしまって、布団に入ったものの眠れない、気が付いたら何時間も経っている、そんな経験はありませんか。

寝よう寝ようと強く思っているほど、焦ってしまい、ストレスが溜まって交感神経が活発になるので、余計に眠れなくなってしまいます。

いつの間にか朝を迎えてしまった、あるいは明け方にやっと寝付いたものの、全然寝た気がしないなんてことあると思います。

特に神経質な人ほど同じような経験をする人は多いようです。

でも目を閉じるだけで睡眠と同じような効果があると考えたら、無理に寝なくても良いと思え、随分気が楽になりませんか。

実際に目を閉じるだけでも一定の睡眠効果があるといわれています。

続きを読む

Pocket

長時間睡眠が引き起こす睡眠障害とは

昼寝
Pocket

長時間睡眠で体内時計が乱れる

体内時計という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

私たちは特段意識しなくても朝起きて日中活動し、夜になると眠くなるという行動パターンが体に染みついています。

このように日中は活動して、日が沈んで夜になると体が休息を求め、眠りにつくことができるのは体内時計があるからです。

しかし元々ロングスリーパーである人を除き、あまりに長時間睡眠をとっていると体内時計が乱れる可能性があります。

慢性的に長時間睡眠をとるような状態が続くと、概日リズム睡眠障害という睡眠障害になる危険性も出てきます。

続きを読む

Pocket

効果がある寝だめの上手なとり方

眠い 眠気 あくび
Pocket

寝だめは効果なし?

平日忙しくて眠る暇もないという人は、土日や祝日にまとめて睡眠をとるという人も多いのではないでしょうか。

一部では寝だめは効果がない、逆に疲労やストレスをためるだけだという声があります。

しかし一方で寝だめをすることで睡眠不足を解消できるとの声もあり、どっちが正しいのか迷ってしまいます。

実は一口に寝だめといっても2種類あり、とり方によっては寝だめが効果がある場合もあるようです。

上手な寝だめの取り方を知って、睡眠不足を解消すると良いでしょう。

続きを読む

Pocket

睡眠の効率を上げる食事と栄養素とは

お米
Pocket

食事を見直すと快眠できる

質の高い睡眠をとるために、食事内容が重要な要素になることをご存じでしょうか。

一見関係がなさそうに見えますが、食事内容を見直してみると、睡眠の質が変わってくる可能性はあります。

最近寝付きが悪い、眠りが浅いと感じているのなら、ご自身の食事内容を振り返ってみてください。

快眠に導いてくれる食べ物をいくつかご紹介しますので、是非参考にしてください。

続きを読む

Pocket

寝汗が多い人におすすめの布団

寝苦しい女性
Pocket

寝汗が多いのはなぜ?

多かれ少なかれ、人は寝ている間に大量の汗をかきます。

寝汗をかくのは体温調節をしたり、新陳代謝のために欠かせない生理現象ですが、あまりに多いとちょっと問題です。

 

平均的にコップ1杯分以上の汗をかくといわれていますが、寝汗の多い人はどれくらいかくのでしょうか。

例えばパジャマや布団が汗でびしょびしょになる、寝具内が蒸れて夜中に何度も目を覚ますという人は寝汗が多いかもしれません。

 

いずれにせよ、寝汗によって睡眠の質が低下している、快眠できていないと感じるなら、寝汗が多いと考えても良いでしょう。

続きを読む

Pocket

裸で寝ることのメリットとデメリット

裸で寝る女性
Pocket

裸で寝ると良いの?悪いの?

巷では裸で寝た方が気持ち良い、健康にも良い、快眠できるという情報がありますが、実際はどうなんでしょうか。

実際夏場などは寝巻を着ると暑くてしょうがないので、裸で寝たことは何度かあります。

しかし普段裸で寝ることに慣れていないせいか、朝方体が冷えて目覚めが悪かった経験があります。

確かに布団が肌に触れた瞬間は気持ちよいですが、すぐに汗をかいてベトベトしてしまいます。

一方で裸で寝ると体の締め付けがなくなって血行が良くなる、代謝がよくなるという意見もあります。

美容にも良いといいますが、実際はどうでしょうか。

特に冷え性の女性などは体を冷やしてしまって風邪を引いたり、睡眠の質を下げてしまうかもしれません。

続きを読む

Pocket

仕事や勉強の効率を上げる睡眠の効果

アイデアが生まれた瞬間
Pocket

結果を出す人は睡眠の質が高い

あなたは普段何時頃に寝て、何時間ぐらい睡眠をとっているでしょうか。

仕事や勉強で結果を出す人は睡眠を重要視していることがわかってきました。

ビジネスで常に成果を出している堀江貴文さんも睡眠時間をたっぷりとっているといいます。

またスタンフォード大学の研究でも、長時間睡眠をとった方が仕事や運動のパフォーマンスが向上することが明らかになりました。

時間がないからと睡眠時間を削っているとしたら、非常に勿体ないことです。

毎日快眠していないと、かえって仕事や勉強の効率が低下して、結果につながらなくなる可能性があります。

続きを読む

Pocket